« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」

STAP細胞は、将来の再生医療につながる偉大な発見です。それでいて発想は極めてシンプル、そのギャップに驚きます。ノーベル賞になるかも知れません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000002-wordleaf-sctch

1月29日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の研究チーム(研究ユニットリーダー・小保方晴子さん)が「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見」したと発表しました。これは2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥(京大教授)が作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)とは異なるアプローチで体細胞の万能細胞化を実現させた画期的な手法です。それはどのようなものでしょうか。

通常、体のあらゆる細胞は一個の受精卵が細胞分裂し、血球や心臓・皮膚等それぞれの役割の細胞に分化して行きます。

分化した細胞が未分化の状態に戻ることはないのが鉄則で、ES細胞、iPS細胞、そして今回のSTAP細胞は、これに逆らうものです。

この研究が臨床応用に至れば、病気や怪我で失われた人体の組織を、取ってきた別の細胞から作って補完することが出来るようになります。

マウスの血球細胞を酸性条件に置くと多能性細胞に変換できるというのがこの研究の要点です。

その手法が余りに画期的というか単純すぎて、最初は科学誌Natureのレフェリーから「細胞生物学の歴史を愚弄している」と愚弄されました。

出来ると分かれば簡単なことでも、最初に実行するのは至難であり、現代の「コロンブスの卵」と言えます。

時代を先取りしすぎた感がありますが、ようやくNatureの理解を得ました。

とは言え、臨床応用には長い年月を要します。

STAP細胞を改めて分化誘導し、目的の臓器を作り、それをマウス→サル→人体に応用して医療現場で提供されるまでは数十年の仕事です。

2006年に作られたiPS細胞も、現状ではマウスでの人工臓器の段階に留まっています。

このSTAP細胞の臨床応用が実現した時、小保方さんはノーベル医学生理学賞を受賞するでしょう。

しかしそれはずっと先の話です。或いは、新たな技術が発見されるなどでSTAP細胞の研究が進まなくなったら、その話もなくなってしまいます。

誠に釈迦に説法だけれど、小保方さんには更に研究を進めて欲しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

慰安婦、竹島。撤回だけはしないように

NHKの新会長、籾井勝人氏、いきなり飛ばしています。正しいことを言っているのですが、朝日新聞や野党の反発は必至です。勝算のある戦いと思いたいですが。

http://www.asahi.com/articles/ASG1T5J3XG1TUCVL005.html

NHK新会長の籾井(もみい)勝人(かつと)氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求める韓国を疑問視した。従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。尖閣諸島・竹島など領土問題については、国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。

今まで散々反日番組を放送してきたNHKですが、会長が保守派に替わりました。

政権寄りとか安倍政権のお友達人事との批判もありますが、反日マスコミの多い中ではバランスを取る方向、と自分は評価します。

しかし、いきなり飛ばしすぎであり、危険です。

いくら正しいことと言っても、日本国政府は河野談話を「踏襲」しています。

これを盾に朝日新聞や野党から攻撃されたら、政府は彼を擁護できないのです。

その結果、早期に退任となれば、次の会長は左翼系の人物が就任することとなり、彼の主張と真逆の結果をもたらすことになります。

ここは冷静に、NHKも政府も一緒に、

「あくまで歴史的事実に基づいた発言」

とだけ答弁し、余計なことを言わないことです。

公正中立が放送事業者の義務ですが、その基準なんて曖昧なものです。

朝日新聞にかかれば、従軍慰安婦も竹島も韓国の主張通りが公正中立だ。ということになるのですから。

ここは、「歴史的事実」を公正中立の基準として主張し通すことです。

ここで折れてしまったら、「左の鳩山、右の籾井」と、将来にわたって馬鹿にされることになります。

籾井会長には踏み止まって欲しいです。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

芦田愛菜がいなくなる?

救いのないドラマだとは思いましたが、最後まで観ないと評価は出来ないものです。批判も尤もですが、あれで終わらせて良いのか、という悩みもあります。

 

児童養護施設を舞台にした日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」が波紋を広げている。施設職員が児童に暴言を吐くなどの内容に関係団体が相次いで抗議。22日に放送された第2話では一部スポンサーがCM放送を見合わせた。一方で「最後まで放送すべきだ」という声もあり、フィクションの“自由”をめぐる賛否は分かれている。

今のところは吐き気を催すような内容ですが。

ドラマであるからには、最後には何らかの納得出来るエンディングが待っていると信じたいです。

何事も中途半端はいけません。

折角、虐待に対する問題提起を行ったのに、こんなところで打ち切りにしては、悪い印象だけが残ってしまい、放送しなかった方が良かった、ということになります。

「連続ドラマ」というものの性質というか制約というのもあるでしょう。

結論が出るのが2ヶ月後、では、視聴者は耐えられません。

1~2話ごとにカタルシスを用意してくれないと、例え抗議が来ていなくても視聴率が下がって打ち切りになってしまいます。

「家政婦のミタ」が上手かったのは、家族とミタさんの再生という全体の流れがありながら、毎回何かの事件と解決が示されて視聴者を引き込んでいったことです。

『明日~』は、2時間ドラマだったら良作として評価されたかもしれません。

今回テレビドラマの表現が大きく議論されることとなりましたが、それは健全な方です。

不健全なのは、むしろ議論にならなかった方です。

興味のある方は調べてみて下さい。

フジテレビのドラマで、tsunami-lucky 、LITTLE BOY 、●田真央の藁人形、JAP18、といった侮日メッセージが登場しました。

ネットでは炎上しているのですが、テレビなどでは全く採り上げられていません。

良心的な文化人を自称する人々は、日本人のヘイトスピーチを批判しますが、こちらには何故か無頓着です。

我々は常に、テレビを批判的に視聴する習慣を身に付けたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

誰得だった新ポスティング制度

田中投手のヤンキース移籍決定を祝福し、彼の活躍を祈ります。それにしても大きなお金が動いたものです。一体誰が喜ぶのでしょうか。

 

新ポスティング・システムで大リーグ移籍を目指していた楽天・田中将大投手(25)がヤンキースと合意したことが22日、分かった。米メディアは7年契約で、総額は1億5500万ドル(約161億2000万円)と報道。ヤ軍は、楽天に支払う譲渡金の2000万ドル(約20億8000万円)と合わせて約182億円を投資したことになる。

ヤンキースと田中投手の間の契約は7年160億円という途方もない額になりました。田中投手がそれほどのものを持っていると期待されているのは喜ばしいです。

しかしそうなると、「譲渡金」の上限20億円というのは、なんともちっぽけに思えます。

新制度が決まる前は、田中投手の譲渡金は100億円とも言われていました。

確かにそれは1球団が受け取る金額としては破格だったでしょう。

しかし、譲渡金が浮いた分が田中投手の給料に回ったはずです。

1選手が160億円も貰って、それこそ使い道がありません。球団に入っていれば選手育成や施設改修に使えたのに。

また、この制度下では、選手が球団に寄付することも禁じています。

楽天球団が貧乏な一方で、田中投手に使い切れないお金が留まることになります。

しかもMLBでは、譲渡金の上限が多球団の参入を促すと言われていたのに、実際には他球団は早々に脱落し、ヤンキースが高額で獲得しました。

市場原理に則って当然のことではありますが、譲渡金の上限設定なんて無意味だったのです。

球団に100億円は高すぎるにしても、入札金額の半分を元の所属球団(残りはMLBやNPBなどで分配)が受け取るなど、もっと柔軟なやり方があったはずです。

一体誰が得したのか。言い換えれば、誰が仕組んだのか。です。

自分は読売巨人軍のナベツネだと考えます。

彼は戦後の日本球界の大功労者ではありますが、それは巨人軍主導の繁栄であり、功罪共に著しいです。

彼にしてみれば去年日本シリーズで巨人が楽天に敗れたのは非常に悔しいはずです。

去年の選手年俸総額は、巨人が43億円、楽天は23億円でした。

貧乏な球団が大金を掴んだら、さらなる脅威として巨人優勝の障害になります。来年こそは巨人が日本一、を目論むナベツネには、ポスティング制度を元所属球団不利にする明確な動機があったのです。

因みに、元巨人の選手のメジャー移籍は3人居ますが、全員ポスティングではなく、補償の無い海外FAでした。金持ち巨人軍には譲渡金など要らないのです。選手には働けるだけ働いて貰おうという考えです。

手口も巧妙です。

MLBには入札金額の値切り、NPB選手会には球団選択の権利を餌に、NPBに対する共闘を働きかけたのです。

実際には、大物選手が金満球団に移籍する、という事実は変わらないのに。

NPB選手会には、所属球団に世話になっているのだから、もう少しNPBに配慮すべきだったと思います。

過ぎてしまったことは仕方ありません。

広島の前田投手の移籍には間に合わないでしょうが、次の制度改革の時には、もう少しNPB側に利益の出る制度になって欲しいものです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

ラスト・サムライに敬礼

小野田寛郎氏のことは、日本国内より海外から評価されています。彼の思いに報いることが我々日本人の責務と思います。

 

東京(CNN) 第2次世界大戦が続いていると信じ、終戦後フィリピンのジャングルに30年間近く潜んで任務を続けた元陸軍少尉、小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。

(中略)

小野田さんは当時のインタビューの中で、日本兵は誰もが死ぬ覚悟を持っているが、自分は諜報員として死なずにゲリラ戦を続けるよう命じられたと述べ、さらに、兵士である以上命令に従う必要があったと付け加えた。

これはCNNの記事です。

日本ではこんなポジティブな報道はされていません。

彼の終戦後の行動はこちらに詳しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%AF%9B%E9%83%8E#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E6.95.97.E6.88.A6.E5.BE.8C

終戦後、30年近くもフィリピンのルバング島で帝国軍人として戦い抜き降伏勧告を拒否し続け、最後は元上官に説得されて投降しました。

自分は諜報員として死なずにゲリラ戦を続けるよう命じられた

死ぬことも投降することも許されなかった彼の孤独は想像に絶します。

上官からは、日本は近い将来に戦争に負けて諜報機関も解散させられることを聞いていたのでしょう。

だから、お前はフィリピンで生き残れと。

酷な命令です。

彼は、彼の得た情報から以下のように分析していたそうです。

・今の日本はアメリカの傀儡政権である。

・日本の亡命政府が満州に存在する。

前者は結構当たっています。それどころか、日本はアメリカだけでなくソ連・中国・南北朝鮮からも操られていると知った時には絶望したでしょう。

帰国後に政府から受け取った見舞金を靖国神社に寄付した際にマスコミから「軍国主義の亡霊」と批判されました。

彼はその後ブラジルに移住しています。

後者は、もしかしたら北朝鮮のことを指すのかもしれません。とてもそうは思えないでしょうけれども。今回詳しくは述べませんが、北朝鮮の上層部に日本に対する憧憬が垣間見えるからです。まあ、それが日本を奪還なんて、今となっては悪夢でしかありませんが。

彼の精神や闘志は、現代の日本人には無用のように思えます。

しかし、現代日本の平和の根拠や前提が何であるかを考えた時、戦いに備えない平和など砂上の楼閣であると分かります。

軍隊も戦争も無ければ良いものだけれど、隣国が持ったり殺ったりしているのに自国が丸腰でいるわけにはいきません。

日本国は自主独立を達成しなければならないが、そのために必要なステップは多段階に存在します。

一足飛びでは不可能なことです。

敗戦国の平和的独立には50年かかるでしょうか。

「あと」50年かもしれません。

自分の生きている間には不可能かもしれません。

しかし、子孫のために頑張りたいです。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

自衛隊に対するネガキャン、そして某国の影

こういう時には小さい方が避けるしかないというのに、マスコミは最初から自衛艦が悪いと決めつけています。我々はそんな誘導に騙されてはいけません。

 

 広島県大竹市の阿多田島(あたたじま)沖の海上で15日朝に発生した、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故。

自分の過去のエントリーです。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-40ef.html

海自「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故の裁判の結果です。

今回の現場の周辺海域は、多くの船が通るとのことで、「あたご」の事故と状況が似ています。

そんなところで大型船が進路を変えたら、釣り船を避けても他の船に衝突してしまいます。

小さい方が避けるしかないのです。

とりあえずテレビ朝日の報道が酷いです。

Photo

「おおすみ」は全長178m、釣り船は7.6mです。いい加減な縮尺です。「おおすみ」は1km以上あるのかよ

そして、178mもある船はこんな曲がり方は絶対出来ません。競艇なら出来るけど

イメージとは言え、現実離れしています。

「イメージ」は釣り船の「寺岡さん」目線の図なので、実際のところは釣り船が蛇行していたと考えるのが妥当です。

そしてもう一つ、「寺岡さん」は、「おおすみ」は衝突直前に貨物船を回避していた、と証言しています。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140116-OHT1T00054.htm

それを無視するテレビ局。

直近の前歴を振り返れば、

・2013年12月10日、和歌山県沖で韓国籍船が座礁し、重油が大量に流出。

・2014年1月11日、対馬沖で韓国船籍タンカーが貨物船と衝突して重油が流出。

聞いたことのある方はいるでしょうか。

日本のテレビは、韓国に都合の悪いニュースは報道しません。

今回もそんな事故だったのではないかと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

前門に徳洲会を追い後門に佐川急便を進む

都知事選が茶番と化しています。徳洲会マネーで猪瀬知事を下ろしておいて、佐川急便マネーで首相を辞任した細川氏を担ぐとは笑止千万です。現実には舛添氏しか選択肢がありません。

 

生活の党の小沢一郎代表が東京都知事選への出馬を決断した細川護(もり)煕(ひろ)元首相を支持することが10日、複数の関係者への取材で分かった。政党色を薄めたいという細川氏の意向に配慮し、党として推薦など表立った手続きは行わず「勝手連」として応援する方針だ。

新都知事は橋本聖子氏、と自分は予測しましたが、ソチ五輪選手団長で不可能、でした。

また脱原発のワン・イシューです。有権者を馬鹿にしています。

東京都で脱原発なんて、何のメリットもありません。原発は国政の問題です。国政選挙なら補助金も事故対策もコストが掛かるので分かりますが。

よしんば株主として東京電力の柏崎刈羽原発の再稼働を妨害したとして。

当選したら電気代が上がるだけの人物に投票する有権者などいるのでしょうか。

なんで「陶芸家」なんぞを知事に担ぐのか。彼は政界を引退して15年も経っています。政治家だったら小泉元首相の方が若いし余程有能です。本気で勝ちたかったら小泉氏です。

小泉氏ではなく細川氏である理由は、何なのか。

一つには、彼を担ぎたい勢力でしょう。

御輿は軽い方が担ぐ方には楽です。

そういうやりかたをしてきた人物は小沢一郎先生であり、彼の意向なのでしょう。

次に、負ける前提では、小泉氏は立ちません。

まだ政界に影響力があり、息子のこともあり、自分の経歴に傷を付けるわけにはいかないのです。

逆に細川氏は、既に忘れられた存在です。負けてもまた一陶芸家に戻れば問題ありません。

三つ目。これが本命ですが。

自民党への牽制です。

今度の都知事選では、基本的には自民党の推す候補が勝ちます。現在では舛添要一氏です。

しかし彼は、外国人参政権賛成だったり、安倍首相をかつて裏切ったことがありと、自民党にとってベストの人物ではありません。

しかし知名度やマスコミ受け・閣僚経験から、当選の最有力候補です。

自民党は、本当は小池百合子氏や下村博文氏を擁立したかったのでしょうが、細川氏を相手に勝てるかというと微妙です。極端なことを言えば、有力なライバルが居なければ田母神氏推しというギャンブルだって出来たのです。

絶対に負けたくない自民党にとって、マスコミがネガティブキャンペーンを張らずに確実に当選できる人物が舛添氏なのです。彼が何故マスコミ受けが良いのか興味のある人は、彼の正体について調べてみて下さい。簡単に分かります。

気の毒なのはもう一人の候補、宇都宮氏です。

彼には菅直人が応援していたのですが、細川氏擁立と共に裏切られてしまいました。

脱原発の票が割れるため、勝ち目はありません。それが真の狙いなの??

いや、かえって厄払いできたと胸をなで下ろしているかもしれません。

最後に。

今度の都知事選は舛添氏が勝つと考えていますが、日本国にとっては不都合です。

個人的には、女性問題をすっぱ抜かれて辞職、その後の都知事選で橋本聖子氏、と予想します。夢想に過ぎるかな。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

関西発「愛国」の星を悼む

多くの人に愛された家鋪隆仁(やしじたかじん)さんですが、安倍首相とは個人的な付き合いだけではなく、保守派の心の拠り所とも言える人物でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

安倍晋三首相が8日、自身の交流サイト「フェイスブック」で3日に死去した歌手でタレント・やしきたかじんさんへの思いをつづり、「本当に悲しい思いです」と心境を吐露した。

 「人には出会いと別れが有ります」とフェイスブックで切りだした首相は、「初めてやしきたかじんさんとお目にかかったのは私が幹事長の時でした。その際『いつか一緒に温泉に入ろう』と約束し、それが実現したのは総理の職を辞した後でした」と振り返り、「政治的に尾羽打ち枯らした状況の私を誘って頂いたのはたかじんさんの気遣いだったと思います」と奔放な言動の裏に優しさと気遣いにあふれたたかじんさんをしのんだ。

 首相はたかじんさんの冠番組である読売テレビ系「たかじんのそこまで言って委員会」にも出演するなど、交流があった。「三宅久之さんに続き、たかじんさんの訃報に接し本当に悲しい思いです」と、「‐委員会」のレギュラーで2012年11月に亡くなった政治評論家の三宅さんに続く悲報に、悲しみを深くしていた。

彼の冠番組、「たかじんのそこまで言って委員会」は、保守系の討論番組で、韓国、在日、慰安婦、靖国などの問題でタブーを排した議論が行われました。

「読売テレビ」ですが、色々あって関東では放送されませんでした。本人の意志なのかマスコミの妨害なのか、自分はその両方だと思っています。

自分の周りは安倍首相を批判する人が多いのに、全国的には選挙で勝ち、支持率も意外と高いのは、こんな事情によるのでしょう。

政治的に尾羽打ち枯らした状況の私を誘って頂いた

世の中、威勢の良い人の周りには人が勝手に集まるものですが、ひとたび凋落すれば嘘のように人がいなくなります。そんな絶望的な状況の中で、たかじんさんは安倍首相を励ましてくれたのです。

第一次安倍政権での実績、国民投票法、防衛省昇格、教育基本法などは、1つだけでも政権が飛ぶくらいの大仕事でした。日本国のために安倍首相の捲土重来を応援したたかじんさんに感謝です。

彼の遺志はわれわれ日本人が継いでいかねばなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

2014年7月東京ディズニーランドの混雑予想

去年はランドが予想以上に混雑しました。30周年というのもあるけれど、個人的には食材偽装事件の影響もあると思っています。

過去の自分のエントリーはこちら。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-feba.html

TDRでは、5月には食材偽装が発覚してホームページにはお詫びが載っていたのですが、1ヶ月で削除されました。マスコミの報道は短期間で終わりました。

一方で阪急阪神ホテルズは10月に発覚して大規模な謝罪騒動になりました。

マスコミによるこの扱いの違いは何故なのだろう、と考えたですが、ネットの掲示板では、放送局に対する広告費の多寡による、という書き込みがありました。

最近、TDRのテレビCMや、バラエティー番組でのタイアップが多いのが目に付きました。

なるほど、と思いました。

TDRはテレビ局に多くの広告費を出すことでバッシングを免れたと推測します。

それが「裏金」と言われないように、テレビCMや番組スポンサーとして形式上も文句を言われない形を取ったのです。

テレビ局は経営難に陥っていたところですから渡りに船です。

結果、一般大衆への露出が増えて観客動員も増えました。

狡賢いですが、法律違反でしょうか? いいえ。あくまで「広告費」です。

誰か損したでしょうか? 一般客は予想外の混雑で少し苦労したかもしれません。

社会というものはそういうものなのです。

自分もこの件でTDRを批判しようとは思いません。

食材偽装事件は全国的な問題で、すなわち構造的な問題だと考えるからです。

ただ、バッシングを受けた阪急阪神ホテルズが気の毒で、叩いたマスコミに対する不信感は以前に比べて増しました。

テレビはスポンサーに都合の良いことばかり放送します。

報道番組では大体、日本国を貶して外国を持ち上げます。それが利益になるスポンサーが付いているのです。

そういう意味ではNHKが最近大人しいです。NHK人事に安倍内閣の意向が強く反映されていると言われています。これを独裁政権への布石だと批判する人も居ますが、民放が軒並み外国寄りの報道を行う中で、国営放送はある程度政権寄りにならないとバランスが取れないと考えます。

201407tdlfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

2014年7月東京ディズニーシーの混雑予想

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

今年何が起こるか分かりませんが、我々の経済活動は日本や世界の維持発展の原動力なので、引き続きディズニーを盛り上げていきましょう。

7月は比較的空く時期です。七夕イベントがシーでも行われ、楽しみもあります。

201407tdsfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »