« 北朝鮮が脱中国か | トップページ | 羽生、町田、そして高橋か »

2013年12月19日 (木)

利権は何処にもあるけれど

猪瀬都知事辞任の、表は徳洲会との東京電力病院買収問題、裏は五輪利権でしょう。新都知事は五輪に精通した人物が就任すると予想します。

 

猪瀬直樹東京都知事が19日に辞意表明することで、与野党各党は都知事選に向けて後任選びを本格化させる。「ポスト猪瀬」候補にはすでに数人が取り沙汰されているが、今のところは「本命不在」の状況にある。与党は2020年東京五輪開催に支障が出ないよう後任候補を慎重に選ぶ方針だ。一方、6月の都議選と7月の参院選で惨敗した民主党は独自候補を見送る公算が大きい。

猪瀬氏が都議会で追及されたのは徳洲会の5000万円献金問題です。

東京電力病院は原発事故後の東京電力のリストラの一環で、当初は東電関係者以外の患者さんも受け入れて財務の改善を図っていましたが、猪瀬知事が反対し、徳洲会による買収を提案しました。時系列と動機は十分です。

しかしこれを「賄賂」と認定するのは難しいです。なので政治資金規正法での立件で脅しをかけて、自発的な辞任に追い込んだのです。

では誰が? という話になります。

どうも、五輪利権絡みだったようです。

今度の東京五輪の利権の元締めは、政治家では森元首相です。森氏の政財界や外国にまで及ぶ幅広い人脈が五輪招致に不可欠でした。大会の成功のためにも、大会組織委員長に推されて当然ではあります。

一方で猪瀬氏は、自分が東京五輪を招致した、という自負があります。それはそれで間違ってはいないとは思いますが、所詮は看板でしかなかったのです。

その看板が大会組織委員の人事に口を出しそうだ、となれば切られるのは仕方の無いことでした。

そして、その口実が、前述の徳洲会献金問題だったわけです。

それを踏まえて、次の都知事は誰になるか。

森氏の影響下にあり、逆らわない。実務経験あり、クリーンなイメージ。出来ればスポーツの経験者。

今のところ名前の挙がった人物の中では、橋本聖子ではないかと思います。

現役時代はスケートと自転車で7度も五輪に出場。日本オリンピック委員会理事で、バンクーバー五輪選手団長でもあります。参議院議員は4期目に入りました。適任でしょう。

世の中、利権は付き物です。これを否定しては庶民も暮らせないので、上手く付き合ってお零れに与るしかありません。

その中で、我々は出来るだけ、日本の中でお金の回る利権を選ぶようにしたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 北朝鮮が脱中国か | トップページ | 羽生、町田、そして高橋か »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54312859

この記事へのトラックバック一覧です: 利権は何処にもあるけれど:

« 北朝鮮が脱中国か | トップページ | 羽生、町田、そして高橋か »