« 2014年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 国籍条項をどう考えるか »

2013年12月 6日 (金)

それでも田中はメジャーに行く

ポスティング問題では見事に足元を見られてしまいました。すなわち、楽天は20億円でも田中を手放すしかない、ということです。もっと早く決めていれば、と悔やまれます。

 

【ロサンゼルス時事】米大リーグと日本野球機構(NPB)による新ポスティングシステム(入札制度)交渉は5日、入札額の上限を2000万ドル(約20億円)などとする内容で大筋合意に至ったが、米国内では田中将大投手(楽天)の今オフの大リーグ挑戦がかえって難しくなる、との見方も出ている。

今年日本一になった楽天は、どうしても田中投手を手放さざるを得ません。田中投手を含めて、選手達の年俸が高騰するからです。

田中投手の今年の年俸は4億円だったようですが、残留なら8億円が必要そうです。他の選手まで含めたら今年の合計は23億円ですが、来年には30億円には上がりそうです。

巨人のようなごく一部の金満の球団を除いて、優勝は選手の年俸の増大を招き、経営を圧迫します。連覇したら支出が更に膨れ上がる一方で収入は頭打ちです。楽天も当然、そんな銭勘定から逃れられません。

来年の総年俸を今年並みに抑えること、そして連覇しないこと。

そのためには、楽天は田中投手を絶対にメジャーに送らないといけないのです。

それこそ、タダでも。

結論が決まっている場合の条件闘争は、辛いです。田中投手の入札額20億円というのは、過去のポスティングの実績からは考えられない安さですが、それでも楽天は呑むしかないのです。

楽天の立花陽三球団社長の「次のステップに進めない可能性もある」との発言

なんて言っていますが、みんな「ないない」と考えているわけです。

ダルビッシュはツイッターで、楽天側の立場に一定の理解を示し「ポスティング20億で合意なら楽天は田中を出せないですよね」と記した。 

ダルビッシュの援護射撃も屁の突っ張りでしかありません。

もっと良い結論は無かったのでしょうか?

そもそも、従来のポスティング制度が日本の「チーム」にとって有利すぎた制度でした。

入札額の全額が元の所属チームに入るので、松坂を送り出した西武やダルビッシュを育てた日ハムは5千万ドル超を得て大儲けでした。

但し、この金額には選手の年俸は含まれていません。

高額な費用を負担していたメジャー側が、選手の年俸上昇と「自由」を餌に日本の選手会を味方に引き込んで値切りに掛かったのが最近の動きです。

日本からメジャーに移籍するに当たって球団選択の自由を持てるほど引く手あまたの選手なんて、年に1人もいないのですがね。

そんなごく一部の選手の権利のために日本の野球全体の利益を損なった選手会のことは残念に思います。

今の選手会会長は楽天の嶋捕手です。

日本の機構と選手会がしっかり団結していれば、100億円は無理にしてもその半分くらいは自分のチームに入ったのに。

自分自身がメジャー挑戦なんてあり得ないのだから、権利を主張するメリットなんて無かったのに。

何より、自分達を育ててくれたチームに対する恩義を忘れるようではいけないと思います。

落としどころとしては、入札額のうち2千万ドルまでは元所属チームに入り、それ以上はMLBの「ぜいたく税」と元所属チームと選手の生活・年俸などで分配する、という妥協案くらいには出来たのではないか、と悔やまれます。

裏ではヤンキースのようなMLBの金満球団に工作を仕掛けてMLB内の足並みを乱すことは出来なかったか。

情報戦で敗れたら、大損するのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2014年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 国籍条項をどう考えるか »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54166247

この記事へのトラックバック一覧です: それでも田中はメジャーに行く:

« 2014年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 国籍条項をどう考えるか »