« 定数削減と一票の格差解消は両立しない | トップページ | 2014年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年11月28日 (木)

中国の外交的失敗

中国の防空識別圏設定のニュースには緊張が走りましたが、こうなると笑いでしかありません。中国はアメリカの出方を読み違えたのでしょうか。中国内部で燻る不満には注意が必要です。

 

中国が尖閣諸島(沖縄県)を含む空域に防空識別圏を設定し、飛行の事前通告を求めた問題で、自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。

23日に、中国は唐突に尖閣諸島を含む空域に防空識別圏を設定しました。

明らかに日本への挑戦であり、差し当たって日本の民間航空に対する揺さぶりでもありました。

当該空域を通過する民間航空機に「飛行計画書」を提出させることで、民間レベルから中国領であることを追認させるのです。次は日本政府に、というはずでした。

これに対して日本政府は、飛行計画書の提出を始めた全日空と日本航空に対して中止を要求しました。

やるべき事はやったが、ちょっと遅いのではと心配したものでした。

ところが昨日のニュースで状況は一変しました。

26日に、アメリカが中国の防空識別圏の上空にB52を飛ばしたのです。

中国は警告もせず、見ているだけでした。

その後日本の自衛隊機、さらに韓国の哨戒機までが飛行しました。

中国は面目丸つぶれです。また、アメリカの強い意志を感じさせられた事件です。

アメリカは核兵器搭載可能な戦略爆撃機を飛ばしたのです。民間機・哨戒機・戦闘機とは全然違う、中国本土に対する脅威なのですから、防空識別圏を設定した以上は絶対に警告しなくてはいけない対象なのです。

しかし中国は、それが出来ませんでした。

こうなるともう、他国が同空域にどんな飛行機を飛ばそうと、文句は言えません。

そんなわけで、今回の事件は中国の敗北に終わりました。

しかしそれだけに、今後の中国には軍部の暴走に警戒する必要があります。

政府の弱腰を間近に見てしまったわけですから。

日本は、ますますアメリカとの緊密な連携で対中問題に対処しなくてはなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 定数削減と一票の格差解消は両立しない | トップページ | 2014年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

早まりましたね中国。

B52が無断で通ったのを中国国民は知っているんですかね?
革命の日も近いですね。

人民解放軍の発言が強くなっているのか?

暴走だけは困りますね。

投稿: パズ | 2013年11月29日 (金) 20時41分

コメントありがとうございます。

日米は、中国の暴走にはしっかり備えないといけませんね。

投稿: プー | 2013年11月29日 (金) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54082496

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の外交的失敗:

« 定数削減と一票の格差解消は両立しない | トップページ | 2014年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »