« 誰か一人だけの所為には出来ないので | トップページ | 左から見れば退歩だが »

2013年8月12日 (月)

これは信じてもらえないだろう

アシアナ航空の提案は被害者達に対して、火に油を注ぐことになりそうです。ではどうなるか。泥沼の訴訟合戦に陥り、いつの間にか倒産している、という結末を予想します。

 

【ソウル時事】11日の聯合ニュースによると、韓国のアシアナ航空は、7月に米サンフランシスコで着陸失敗事故が起きた同社航空機の乗客に対し、1万ドル(約96万円)の「前払い金」を渡すことを提案した。
 アシアナ関係者は「治療費などのために取りあえず支払う最低限の金額」と説明。乗客291人中、負傷の有無にかかわらず、生存者全員に支払う方針という。
 ただ、受け取りの条件として「航空会社を相手に訴訟を起こさない」との内容が含まれているといい、支払いがスムーズに進むかは不透明だ。 

韓国は不思議な国です。

日韓基本条約で日韓間の賠償問題は完全に決着済みと約束したのに後から賠償請求訴訟を起こし、先頃、韓国の高裁が日本企業の賠償責任を認定しました。

同じ事が自分に起こった時、自分は訴えられないと思っているのでしょうか。

十分考えられる悪いシナリオは、

乗客と合意、しかし分割払いの1・2回くらいしか支払われず。乗客が提訴したら契約違反を理由に支払いを拒否する。

というものです。

そういう韓国の手のひら返しは、アメリカ人にはリーマンショックの件で印象深いです。

2008年のリーマンショックでは、経営の悪化していたリーマンブラザーズを韓国産業銀行が救済することになっていました。しかし9月に急にその交渉を打ち切ったため、リーマンブラザーズは破綻しました。

韓国が救済を言い出さなければ、米政府や或いは日本が渋々救済したでしょう。その芽を摘んで破綻に追い込んだことは実に罪深いです。

アメリカを舐めていると痛い目に遭います。

今回の提案自体も、今後予想される訴訟では、「反省していない」と懲罰的賠償の材料となり得ます。

アシアナ航空には同情しませんが。

亡くなった中国の方に渡るお金が無くなりそうで気の毒です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 誰か一人だけの所為には出来ないので | トップページ | 左から見れば退歩だが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リーマンショックのことは勉強になりました。

あれだけのことをしちゃったんだから訴えるでしょ、みんな。

韓国の航空会社のパイロットはみんな軍上がりだから操縦は上手いと思っていましたが、ぜんぜんダメダメなんでしょうね。

経済的に追い詰められた韓国が何をするか心配です。日本の政治家は発言だけは気を付けてほしいです。

投稿: パズ | 2013年8月13日 (火) 00時50分

コメントありがとうございます。

韓国軍がどういうレベルか、或いは退役後の仕事を舐めていたか、いずれにしてもそういうメンタリティなのですね。

投稿: プー | 2013年8月13日 (火) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/52850408

この記事へのトラックバック一覧です: これは信じてもらえないだろう:

« 誰か一人だけの所為には出来ないので | トップページ | 左から見れば退歩だが »