« 叱らないのは愛ではない | トップページ | 国連の存在意義なんて »

2013年8月22日 (木)

暑い中でよく戦い抜いた

夏の甲子園が終わりました。皆さんお疲れ様です。序でに「砂の栄冠」を読みました。大人として高校野球を3倍楽しめました。印象に残ったのは前橋育英の高橋投手と花巻東の千葉外野手でした。

 

「苦しい時こそ冷静に。焦りはなかった」。1、2回戦とも1-0の完封。甲子園で厳しい試合を重ね一皮むけた。本調子でない中、5度目の完投を果たした決勝で、その真価を見せた。

まず、前橋育英の高橋投手ですが、おめでとうと言いたいですが、それ以上に無理が祟って体が壊れていないか心配です。

事実上交代要員のいないチームでのエースだから、とても大変です。暑い中で連投し、自分の打席で凡退してすぐに次の投球、というのは見ていて気の毒になりました。その前の打者と勝負せず、打者・高橋で攻撃を終える、という敵の作戦かとも思いました。

最後は目が虚ろに見えましたが、それでも冷静だったというのだから本当に大したものです。

しっかり体をケアして秋に向けて頑張って欲しいです。

もう一人、花巻東の千葉外野手は、「カット打法」で一躍有名になりました。

ファウルで粘りまくり、安打や四球で出塁という、相手投手に最も嫌がられた打者でした。しかし準決勝では、カット打法はバントと同じと見なされるかも、という通達を受け、活躍できずに敗退しました。

あれほどの上手いカットは余程の練習の成果だろうし、小兵でも活躍できるところを示したヒーローに対する狙い撃ちの措置なので、高野連に対して憤慨しました。

しかし思うに、本塁に覆い被さるような低い構えや、出塁後のガッツポーズ、さらにはサインを盗んだとも言われ、「砂の栄冠」で言うところの、審判に嫌われたから負けた、ということなのでしょう。

実情はどうあれ、高校野球は正々堂々・清々しいものでなければいけないのです。

彼には、そんな点を直した上で、上の世界で活躍して欲しいです。

ともあれ、皆さんお疲れ様でした。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 叱らないのは愛ではない | トップページ | 国連の存在意義なんて »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/52988591

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い中でよく戦い抜いた:

« 叱らないのは愛ではない | トップページ | 国連の存在意義なんて »