« 自己紹介乙、な韓国 | トップページ | 2014年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年8月 1日 (木)

いつから騒ぎにした。マスコミですよ。

「神の国」発言が再びか、と思う記事ですが、実際はマスコミによる悪意の切り貼りです。麻生副総理が本当に言いたいことは何か、しっかり考えなくてはなりません。

麻生氏の発言全文はこちらです。

 

当該の段落とその前後はこれです。

僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

 昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。

靖国参拝も憲法改正も落ち着いてやっていこう、という内容です。至極真っ当です。

あの手口学んだらどうかね。

は、蛇足には違いないですが、ただの「傍論」です。しかも、真似しようとは言っていません。文脈としては、マスコミに対する皮肉です。

また、彼が本当に言いたいことは、もっと前の部分で、

そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

というところです。

憲法の運営には日本国民が最終的な責任を負うのだから、しっかりしなくてはならない。そうでないと、民主主義が独裁者や憲法改悪を選択してしまう。

自身は改憲主義者なのにこんなことを言うのだから、良心的だと思います。

そんなわけで、麻生氏のナチス憲法発言に対する批判には、自分は反対します。

本件で麻生氏に言いたいのは、

マスコミを敵に回してはいけない

ということです。

彼のマスコミ嫌いは有名です。

特に2009年の解散総選挙とその前の政局混乱では、マスコミの偏向報道に対する怨みは深いでしょう。

それでも、マスコミは最強の権力ですから、これに逆らっては生きていけません。

それと、世の中のタブーに触れてしまった、というのもあります。

世界は、第二次世界大戦の欧州方面はヒトラーだけが悪いということにしています。その方が多くの人に都合が良いのです。この「事実」への挑戦は100年早いのです。

ナポレオンだって、200年もの間、欧州の侵略者という極悪人の評価でしたから。

そういう意味で、言葉を慎まなければなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 自己紹介乙、な韓国 | トップページ | 2014年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/52693959

この記事へのトラックバック一覧です: いつから騒ぎにした。マスコミですよ。:

» 【政治】麻生副総理「ナチスに学べ」発言を撤回 「誤解招いた」 [【2chまとめ】ニュース速報+]
 麻生太郎副総理兼財務相は1日午前、憲法改正に関して戦前ドイツのナチス政権を引き合いに「あの手口を学んだらどうかね」などと発言したことについて「例示が誤解を招く結果となったので撤回する」とのコ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 1日 (木) 14時01分

« 自己紹介乙、な韓国 | トップページ | 2014年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »