« 最後は人間の資質 | トップページ | 今日もガソリンが高い »

2013年7月20日 (土)

病院勤務医師の実態、まず知ってほしいこと

最近マスコミに採り上げられることが少なくなりましたが、医療崩壊は確実に進行中です。その大きな要因の一つが当直業務です。いきなり是正することは不可能ですが、この事実を多くの人に知って欲しいです。

 

勤務医の8割が、当直明けの翌日も1日通常勤務をこなしていることが20日までに、労働組合「全国医師ユニオン」などの調査で分かった。半数が健康に不安を抱え、担当者は「医師不足による過重な負担が続いている」としている。

それによると、当直を行う勤務医の79.4%は、当直明けの翌日も1日勤務し、32時間以上連続で働いていた。全体の46.6%が健康状態に何らかの不安を感じると回答。最近辞めたいと思ったことがある人は61.7%に上った。 

病院勤務医は大抵、当直しても翌日の通常業務があります。

当直の仕事の度合いは病院によって大きな差がありますが、今問題になっている、救急医療の最前線の病院では、その日の通常業務をこなした後、夜も沢山患者さんが来て殆ど眠れずに一晩過ごして、翌日の通常業務に入ります。

そのような当直業務は本来違法です。

話が複雑なのは、「宿直」との違いです。

以前の自分の記事です。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-a7d7.html

簡単には、当直は夜間の通常業務、宿直は非常時のために寝泊まりする、という違いです。宿直に連続勤務は許されますが、当直では許されません。

宿直の場合は、仕事が殆ど無いので安い宿直手当になります。通常業務並みの仕事が入った場合には残業代が出るはずなのですが、医療業界では長らく放置されてきました。

そこで2010年に奈良県立奈良病院で訴訟が起こりました。宿直なのに忙しく働かされたので、法に則って残業代を払えと言う内容の訴訟で、原告勝訴、すなわち残業代が支払われるという判決が出ました。

自分はこの判決を「パンドラの箱が開いた」と評しました。同様の訴訟・判決が乱発したら、日本の医療は財政的に崩壊する、と危惧したのです。しかし、追随する訴訟は無いようです。

誰しも日本の医療の崩壊は望まないので、同様な訴訟が起こらないのは良いことですが、代わりに医療の最前線は、「そこに行かない」「立ち去る」形で緩徐な崩壊は進行中です。

さて、今回の調査で6割の医師が「辞めたいと思ったことがある」というのは由々しき問題です。

我々の仕事量は自分で調節することは困難です。その中で、誰かが本当に辞めてしまうと、残りの人達に負担が掛かり、それによって辞職の連鎖、最後には現場の崩壊まで逝ってしまうのです。

そうなってしまうと患者さん達含めてみんなが不幸なので、多くの医師は何とか踏み止まっています。

しかし、致命的に心を折られる場面があります。

頑張って仕事をしていても、結果の悪い場面は沢山あります。その中で、100人に1人でも罵声を浴びせられたり、1万人に一人でも訴訟になったりすると、今までの自分の努力と実績が空しくなる思いに駆られます。

そして訴訟が乱発した結果、医師は、前述の金銭面の問題と同様に、医療の最前線から立ち去って行くのです。

医療訴訟については、こんな調査結果があるので参考にしてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%A8%B4%E8%A8%9F#.E5.8C.BB.E7.99.82.E8.A8.B4.E8.A8.9F.E3.81.AF.E6.9C.AC.E5.BD.93.E3.81.AB.E7.9C.9F.E5.AE.9F.E3.81.A8.E6.95.91.E6.B8.88.E3.82.92.E3.82.82.E3.81.9F.E3.82.89.E3.81.99.E3.81.AE.E3.81.8B.3F

アメリカでの研究結果ですが、訴訟の勝ち負けは医療過誤の事実とは全く無関係で、患者さんの結果の重症度と相関した、というものです。

訴訟の場で「真実を知りたい」なんて、嘘八百なのです。

そんなわけで。日本の医療を崩壊させない、すなわち日本国民の健康を守るために必要なことは何か、です。

・医療費は、特に医療の最前線に手厚く盛ってほしいけれど、国家財政とリンクする問題なので容易ではありません。

・訴訟こそが待ったなしに改善すべき問題です。最前線の医師に訴訟が起これば、その医師は辞め、代わりなどいないことを理解してください。

Banner_13_4よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 最後は人間の資質 | トップページ | 今日もガソリンが高い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/52530594

この記事へのトラックバック一覧です: 病院勤務医師の実態、まず知ってほしいこと:

« 最後は人間の資質 | トップページ | 今日もガソリンが高い »