« 参院選で野党に問責を | トップページ | 2014年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年6月29日 (土)

中国との決別

また鳩が何か叫んでいますが、無視することです。尖閣諸島は寸土も譲ってはいけませんし、それを条件に日中首脳会談など、絶対に飲んではいけません。

 

安倍晋三首相は28日、日中関係について「中国側は、尖閣諸島(沖縄県)の問題について、ある一定の条件を日本がのまなければ首脳会談をしないと言ってきている」と述べた。中国側が日中首脳会談実現に、尖閣諸島問題での条件を日本側に提示していることを明らかにしたが、その中身には言及しなかった。

一昨日、鳩山由紀夫は中国での講演で、日本は尖閣諸島を盗んでおり、帰さなければならない、と言いました。

中国の肩を持つ日本人。「国賊」とまで罵った防衛大臣に賛成です。

さて、昨日のニコニコ動画での党首会談が、テキストになっています。興味のある方は読んでください。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw671221/6

長いですが、ここの3/4の部分が、今回の記事です。

安倍首相の、

ところが中国側はですね、尖閣諸島の問題について、ある一定の条件を日本が飲まなければ首脳会談をしないと言っている。これは間違ってますよ、ということを我々は言い続けています。何が何でも首脳会談をやろうとして、こちらが国益を削っていく、これは間違ってますから。

という部分です。

文脈としては、首相が多くの国々を列挙して外交関係を進めていくつもりだ、と話し、それに対すして共産党の志位委員長が、

今、たくさんの国の名前が挙がったんですけれども、韓国と中国がないんですね。やはりこれは一つの大きな問題だと思います。その理由は何か。私はやはり歴史問題に対する態度があると思うんです。

と指摘、それへの返答が、上の文章です。

自分としては、これは志位委員長の藪蛇だったと思います。

中国側はですね、尖閣諸島の問題について、ある一定の条件を日本が飲まなければ首脳会談をしないと言っている。

首相は煽り耐性がまだ足りないようで、外交上の機密を漏らしてしまいました。

もしかしたら、重大な決意の表れかもしれませんが。

これはもう、首脳会談しない宣言です。

「ある条件」とは、おそらく尖閣諸島「問題」の棚上げでしょう。

日本としては呑めるものではないし、呑んでまで首脳会談をするような状況は、少なくとも日本側にはありません。

これ以降、中国側が明確に否定しない限りは、日中首脳会談は日本国民からは売国行為と見なされます。一方、中国が明確に否定することは、そのプライドに懸けてあり得ません。

志位委員長の意図は裏目に出たわけです。狙ってやっていたとしたら、それは大変なことです。

他、党首討論の感想です。

安倍首相は政権交代後の実績をアピールしました。それはそれで素晴らしいですが、突っ込みに対処し切れておらず、弁論には向いていないという印象です。

それに対して山口代表の賢いこと。政権交代前の党首討論でも思ったのですが。

安倍首相の発言を的確に補足し、その上で連立与党内の国民目線としてオンリーワンをアピールしました。

公明党でなければ惚れてしまいそうです。

みんなの党は、与党に賛同する局面もあり、政権への色気が感じられました。

他の反対野党は、またしても聞こえの良いことを言っていますが、殆どの人はもう聞かないでしょう。

政権を取って3年以上、何の実績も上げられなかったのですから。

共産党だけは、政権に参加したことが無いのでメッキが剥がれていません。都議会選挙の議席数の伸びがそれを表しているのでしょう。委員長は頭の良い人のようですが、固定観念に凝り固まって進歩出来ていないように思えます。

個人的には、大企業を差し置いて庶民から先に豊かになることなど有り得ないと確信しています。

だから反対野党に対して頭から否定しているのかもしれません。

自分は正しいでしょうか? 間違っているでしょうか?

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 参院選で野党に問責を | トップページ | 2014年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

“公明党でなければ惚れてしまいそうです”

同感です。支持母体には疑念を抱かざるを得ないのですが、いつも正論ですよね。それがまたこの政党の弱点なのではと思います。

チャイナは困ったものです。経済成長も言われていた10%を切って、実質3%強ではとの見解もあり、確実に経済は弱体化していますね。今に尖閣諸島どころではなくなると思います。

投稿: パズ | 2013年7月 3日 (水) 23時26分

コメントありがとうございます。

中国、その上韓国まで抱え込んで、自国の所為でなくても破綻しそうです。

日本は、落ち着いて待つことでしょうね。

投稿: プー | 2013年7月 4日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/52229399

この記事へのトラックバック一覧です: 中国との決別:

« 参院選で野党に問責を | トップページ | 2014年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »