« マスコミのフィルターは恐ろしい | トップページ | 2013年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年5月29日 (水)

20年前の話を持ちだして反原発

こんな話は全然新しい話ではありません。それなのに何故今更ニュースになったかと言えば、原発再稼働反対ということでしょう。こんな話で再稼働が延期されて、誰が喜ぶのかを考えることです。

 

北朝鮮の朝鮮人民軍が対韓国開戦直前に日本全国にある原子力発電所施設に特殊工作員計約600人を送り込み、米軍施設と同時に自爆テロを起こす計画を策定していたことが28日、軍元幹部ら脱北した複数の関係者の証言で分かった。計画実施に向け工作員を日本に侵入させ、施設の情報収集を重ね、日本近海でひそかに訓練も行っていたという。北朝鮮による原発テロが現実的脅威に浮上した。

 元幹部らによると、計画は、金日成(キム・イルソン)主席の後継者だった金正日(ジョンイル)総書記が「唯一指導体系」として朝鮮労働党と軍双方の工作機関に対する指示系統を掌握した1970年代半ば以降、具体化に動き出し、90年代に入って本格化したという。

90年代の話だそうです。

北朝鮮の脅威は朝鮮戦争からずっと続いており、日本人拉致事件が頻発しました。しかし70年代には日本の原発が動き出しました。87年には大韓航空機爆破事件が起こりました。

危険と言えば、その頃の方がずっと危険でした。それでも原発が攻撃を受けることはありませんでした。

結局、原発爆破テロは抜けない刀なのです。

実際に起これば日本の被害は甚大です。

しかし、北朝鮮経済、特に幹部連中の生活は日本の物資に支えられています。これを失うのは北朝鮮にとっても被害甚大です。

幸か不幸か、これが北朝鮮の暴発に対する抑止力の一端でした。

今年に入って中朝関係は悪化し、北朝鮮は益々日本に頼らざるを得ない状況になってきました。

当分、北朝鮮による原発テロは起こりません。

日本は、いくつかの原発を再稼働すべきです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« マスコミのフィルターは恐ろしい | トップページ | 2013年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »

経済」カテゴリの記事

コメント

何だかおかしな状況になっていると思います。

海外への原発輸出が活発で、国内は活断層問題ともんじゅ再開中止が決定しどちらかと言ったら下火。

ロシアのガスだぶつきと、アメリカのシェールガス輸出にめどがついたこと。

整理がつかないんですが、もんじゅの再開ができなくなったことは、日本としてはマイナスなのでは?外圧ですかね?

投稿: | 2013年5月31日 (金) 10時31分

コメントありがとうございます。

日本が原発を止めることは、少なくとも産油国や競合国にとって有利な話です。
外圧、というのはあるのだと思います。

投稿: プー | 2013年6月 2日 (日) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/51821301

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の話を持ちだして反原発:

« マスコミのフィルターは恐ろしい | トップページ | 2013年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »