« 今年度はランドにテコ入れ | トップページ | これで、遠慮は要らない »

2013年4月16日 (火)

戒律と生命と、どちらが大事?

この問題は時々現れて、波紋を起こします。このような二律背反に対して医療は明確な答えを持ちません。早く司法に妥当な基準を作成してもらいたいものですが、なかなかチャレンジャーもおらず、店晒しになっています。

青森県立中央病院(青森市)で2011年4月、宗教団体「エホバの証人」の女性信者(当時65歳)の家族が、女性の信仰上の理由で手術中の輸血を拒否し、途中で打ち切られた手術後に、女性が死亡していたことが分かった。

「エホバの証人」の輸血拒否は、ここが詳しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%B8%E8%A1%80%E6%8B%92%E5%90%A6#.E9.96.A2.E9.80.A3.E5.88.A4.E4.BE.8B

新約聖書に、神聖なものだから「血を避けるように」と書いてあるから輸血を拒否するのだそうです。

宗教の埒外にある者にとっては理解出来ませんが、彼等にとっては正しいことなのです。

彼等の立場を思慮した時、天国に行くためには現世の行いが大事、なのだろうと思います。

そのためには、現世において、美しく死ぬことが求められます。

しかしそうは言っても、現世は複雑です。

業界外の人にとっては意外でしょうが、医療者の立場は弱いとも言えます。

救命のために輸血がどうしても必要となった時でも、輸血を行えば自己決定権を侵害したと、行わずに死亡すれば死なせたと訴えられてしまうのです。

最高裁の判例は、上記リンクにありますが、医療側は救命のために輸血を行い、訴えられて少額ながら敗訴しました。

最高裁の判例がこれで、それ以降の訴訟がないので、当面は「輸血したら負け」です。

それでも、それ以降に輸血を必要とする患者さんが居なかったとは思われないので、「エホバの証人」側が良識を持って対応してきた、と信じたいです。

さて今回はどうか。

医療側は針の筵です。

遺族が訴える意思は、今のところ示していないようですが、「人権派」弁護士に唆されて訴える可能性は残されています。

いつ訴状が来るか、最悪は担当医が診療中に逮捕されるなんて事態だって過去にありました。

どこの業界にも言えることですが、プロが安心して仕事出来るための明確な基準を、司法には示して欲しいところです。

実際にその事件が提訴されてみないと動かないものなのですが。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 今年度はランドにテコ入れ | トップページ | これで、遠慮は要らない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

命より大切名ものは人であるならいろいろあるのでは。
映画とかではそれが美談でみな感動するのに個人の信仰という最も尊いものでそれを持ち出すのはおかしいのでは。
本人は最高に幸せな死に方だったはずですよ。
本人も家族もよしとしているのですから。

投稿: | 2013年4月17日 (水) 01時33分

コメントありがとうございます。

仰る通りですね。
あとは、遺族が変に騒がないことが、ご本人の冥福(?)にも繋がることと思います。

投稿: プー | 2013年4月17日 (水) 08時45分

なぜ、エホバの証人の輸血拒否だけが取り上げられるのが不思議です。
ガンなどの延命処置を拒否される方たちと何が異なるのかが、私には理解できません。
輸血すれば助かっていたというのは、もしかしたら医師のエゴではないか。助けられるものは、全て助けるのが医師なのか?例え、救ったことが本人、家族を苦しめることになったも助けることが必要なのか?大きな課題ではないでしょうか。

投稿: | 2013年4月17日 (水) 13時01分

コメントありがとうございます。

医師は、助けられるものを助けなかったら、人殺しと訴えられた場合に確実に負ける以上、救命を優先しなくてはならないのです。

この件では、それをしなかったので訴訟になるかも、と心配しており、医師の「エゴ」というほど偉そうな気持ちは持っていません。

投稿: プー | 2013年4月17日 (水) 15時34分

昔同じ事が同団体で起きましたよね。その時、亡くなられたのはお子さんで、両親が輸血拒否をしたのですが・・・。

投稿: 五井 | 2013年4月17日 (水) 21時22分

コメントありがとうございます。

そのような事例では、親権を停止させた上で輸血を強行する、方針のようです。

その子の将来を思うと暗澹たる気持ちになりますが。

投稿: プー | 2013年4月17日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/51261498

この記事へのトラックバック一覧です: 戒律と生命と、どちらが大事?:

» エホバの証人の信者が輸血拒否で死んじゃった [【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/04/16(火) 22:47:13.13 ID:ag/RICOB0 ?2BP(4546)「エホバの証人」信者の家族が輸血拒否…死亡青森県立中央病院(青森市)で2011年4月、宗教団...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 09時02分

« 今年度はランドにテコ入れ | トップページ | これで、遠慮は要らない »