« 共産主義国らしくなってきた | トップページ | 2013年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年4月28日 (日)

尖閣諸島は中国の確信犯的利益

これは中国の変化のきっかけか。今まで見せなかった、ささやかな弱気です。急な変化は出来ない相談ですが、ここから次第に手を引いていくのか、注目です。

【北京=川越一】中国外務省は28日までに、同省の華春瑩報道官が尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国の領土主権に関わる問題だ。当然、中国の核心的利益に属する」と明言した26日の定例記者会見の内容を、あいまいな表現に改ざんして公式サイト上に掲載した。

タイトルの「確信犯」は、誤用です。元々は正しいと信じて行うと言う意味ですが、現代では悪いと分かって行う、という使われ方をします。自分の誤用も確信犯です。

さて、この中国の変化ですが、日本の外交の変化に呼応したものと思われます。

民主党政権では中国に配慮してなお対中関係は悪化したと言われます。

安倍政権に代わって、日米同盟を再確認し、アメリカから、尖閣諸島は日米安保の範囲内と言って貰えました。

中国も裏で工作しているようですが、その結果が今回の「あいまいな表現」だとしたら、うまく行っていないことになります。

一方で、国内世論への配慮もあるので、うまく行かないからと言って急に表現を弱めたら弱腰と責められ、現体制の指導力低下と軍部の台頭を許してしまいます。

中国も難しいところでしょう。

自分の持論ですが、日中間ではもう戦争は起こりません。

どちらも戦争が始まった途端に株価が下がり、サプライチェーンは途切れ、経済が破綻してしまうからです。

必然的に、紛争は尖閣諸島のような島嶼地域に限られます。どんなに激しくとも沖縄・台湾までです。

小競り合いにしかならないのなら、強く出た者の勝ちです。

日本はしっかりアメリカを味方に付け、インド・ロシア・オーストラリアなどの周辺国とも連携し、中国を封じ込めれば良いのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 共産主義国らしくなってきた | トップページ | 2013年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/51415636

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島は中国の確信犯的利益:

« 共産主義国らしくなってきた | トップページ | 2013年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »