« 選挙制度もジミンガー | トップページ | 2013年10月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年4月 1日 (月)

NHKは放送法違反の常習犯

日本の国営放送は不偏不党でなくてはいけないのですが、NHKは大きく偏っています。NHKの言うことを信じてはいけない、というのは既に世の常識ですが、良心的な人達もいるようで、そちらは応援したいところです。

NHKのLNG(液化天然ガス)高騰問題に関する番組で、出演依頼を受けた研究者が取材過程で原発再稼働を容認する発言をしたため、出演取りやめになっていたことが31日、分かった。NHKは「原発ゼロを前提にしており趣旨にそぐわない」と説明したという。研究者は「ビジネス交渉のカードとして最初から原発ゼロを前提にするのはおかしい。公正・中立に疑問を感じる」としている。(原子力取材班)

(中略)

十市氏はNHKに説明を要求。チーフプロデューサーから連絡があり「原発ゼロを前提にしていない。総選挙前であり放送の公正・中立に配慮した」と釈明した。十市氏の発言のどの部分が、放送の中立に反するか説明はないまま、出演は取りやめになった。

NHKの設立の根拠となる放送法には、次の条文があります。

第1条  二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

しかし実際には、NHKは多くの偏向報道を生み出しています。

詳細は以下のサイトが詳しいです。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/623.html

最近では、維新の会・中山成彬氏の従軍慰安婦に関する国会質問の動画がNHKによって削除され、その中山氏が自分でネットにアップし直した、という事件があります。

昨年末のNHK紅白歌合戦では、斉藤和義が出演の際にギターのストラップに「NUKE IS OVER」(原発は終わりだ)というメッセージを掲げました。

NHKは、不偏不党を明らかに破っています。

NHKチーフプロデューサーの、

原発ゼロを前提にしていない。総選挙前であり放送の公正・中立に配慮した

という発言は、まさにそれを示しています。

注意ですが、ここで、「原発ゼロを前提にしていない」というのは、「(十市氏が)原発ゼロを前提にしていない」ということであり、NHKが~、ではありません。

NHKは、最初から原発ゼロを前提に放送を製作するつもりだったのです。

総選挙前にNHKが原発ゼロを前提の番組を放送すれば、有権者は脱原発や卒原発を掲げる政党に投票する、と考えるのが自然です。

放送の公正・中立などあったものではありません。

しかしその目論見は、民主党政権の悲劇を学習した日本国民によって打ち砕かれました。

とは言え、現実の世界では、日本の原発は四面楚歌です。

世界には色々な国々がありますが、燃料を輸出したい国々、製造業で日本と競争している国々、といった多くの国々にとって、日本の反原発が利益になるのです。

これを乗り越えて原発再稼働を果たすのは容易ではありません。

世界に大きな経済ショックが起こって多くの国々が日本に泣きつくくらいの状況にならないと達成できないのかもしれません。

さて、こんな話がニュースとして出てくるのだから、NHKも一枚岩ではないと言うことを示すのでしょう。

少なくとも、番組ディレクターは十市氏の原発再稼働論をその場で否定はしなかったのですから。

上(チーフプロデューサー?)から圧力を受けて、やむなく「意見を変えて」と連絡したことと推定されます。

自分は、そのような良心派もいると信じて、NHKに愛国のメッセージを送りたいと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 選挙制度もジミンガー | トップページ | 2013年10月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

いつも大変楽しく読ませて頂いております。

今回の件はブログにて初めて知りましたが、ひどい話ですがマスコミなんて所詮そんなものだろうという率直な感想です。
上記ソースを見る限りNHKまでも毒されており、もはや信じるべきは己のみであり、自分の意思を持つことが大事ということでしょうか。

そもそもTVや新聞など媒体にはそれぞれの意思があり、それに同意するエンドユーザーと持ちつ持たれつの関係が長年続いてきたのでしょう。

話はそれてしまうかもしれませんが、私個人として見ない、読まない、購入しない。しない三原則をつくりフジテレビ関係を絶対に見ないように心がけております。

某TV局の「いやなら見るな」
某ファストフード店「いやなら食わなければ良い」

上記のような発言をする以上、もはや信用できません。某ファストフード店も利用しないように心がけ、ライバル店へ行くようにしております。

この情報化社会、エンドユーザーを馬鹿にしたような発言はすぐ広まり、それに反発する勢力がねずみ講のように増えて痛いしっぺ返しがくるとおもいます。

哲学的に考えると、真の公平性が保たれる事は、人間が二人以上、地球上に存在するため不可能。だと思います。

投稿: ピーターパン | 2013年4月 4日 (木) 18時20分

コメントありがとうございます。

フジテレビは酷いですね。
我々の、弱いながら確かな権利を行使していきましょう。

投稿: プー | 2013年4月 5日 (金) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/51049086

この記事へのトラックバック一覧です: NHKは放送法違反の常習犯:

« 選挙制度もジミンガー | トップページ | 2013年10月東京ディズニーシーの混雑予想 »