« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

尖閣諸島は中国の確信犯的利益

これは中国の変化のきっかけか。今まで見せなかった、ささやかな弱気です。急な変化は出来ない相談ですが、ここから次第に手を引いていくのか、注目です。

【北京=川越一】中国外務省は28日までに、同省の華春瑩報道官が尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国の領土主権に関わる問題だ。当然、中国の核心的利益に属する」と明言した26日の定例記者会見の内容を、あいまいな表現に改ざんして公式サイト上に掲載した。

タイトルの「確信犯」は、誤用です。元々は正しいと信じて行うと言う意味ですが、現代では悪いと分かって行う、という使われ方をします。自分の誤用も確信犯です。

さて、この中国の変化ですが、日本の外交の変化に呼応したものと思われます。

民主党政権では中国に配慮してなお対中関係は悪化したと言われます。

安倍政権に代わって、日米同盟を再確認し、アメリカから、尖閣諸島は日米安保の範囲内と言って貰えました。

中国も裏で工作しているようですが、その結果が今回の「あいまいな表現」だとしたら、うまく行っていないことになります。

一方で、国内世論への配慮もあるので、うまく行かないからと言って急に表現を弱めたら弱腰と責められ、現体制の指導力低下と軍部の台頭を許してしまいます。

中国も難しいところでしょう。

自分の持論ですが、日中間ではもう戦争は起こりません。

どちらも戦争が始まった途端に株価が下がり、サプライチェーンは途切れ、経済が破綻してしまうからです。

必然的に、紛争は尖閣諸島のような島嶼地域に限られます。どんなに激しくとも沖縄・台湾までです。

小競り合いにしかならないのなら、強く出た者の勝ちです。

日本はしっかりアメリカを味方に付け、インド・ロシア・オーストラリアなどの周辺国とも連携し、中国を封じ込めれば良いのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

共産主義国らしくなってきた

アベノミクスの対局に舵を切ろうとする中国経済は、何処へ向かうのか。日本と中国。二十一世紀初頭の極東における2つの壮大な経済実験のように思えます。どちらが生き残るのか。資本主義と共産主義の歴史を振り返ると面白そうです。

共産党の綱紀粛正とぜいたく禁止令により、中国の景気回復が遅れている。国家統計局が4月15日に発表した1~3月のGDP成長率は前年同期比7.7%となり、市場予想(8.0%)や昨年10~12月実績(7.9%)を大幅に下回った。2012年7~9月期に7.4%まで低下した後、いったん7.9%まで回復した後だけに、マーケットの失望は大きく、上海総合指数はその日年初来安値を更新した。

「綱紀粛正」

カッコイイ言葉ですが、お金持ちがお金を使わなくなるというのは経済の停滞に繋がります。

共産党幹部に対し、それくらい庶民の不満が高まっているからこのようなことが起こるのですが、庶民はそれで幸せになれるのだろうか、という疑問が大いにあります。

翻って日本です。

かつての蔵相・高橋是清は、芸者遊びが人々の生活を潤す、と言ったそうです。家計と経済は違う、と明確に言い切った人です。

政権交代後の日本ではアベノミクスが持て囃され、株が上がり、お金持ちにとっては好景気です。

これが庶民には物価高ばかりで恩恵がないと批判されているわけですが、果たしてこの先どうなるか。まだ答えは出ていません。

視野を広く持てば、資本主義と共産主義の対決です。

中国は資本主義から共産主義に舵を切り、日本は民主党時代の社会民主主義政策から新自由主義に近いくらいに方向転換しました。

どちらが成功するのか。

簡単に歴史を振り返れば、広い意味では資本主義も共産主義も昔から存在したようなものですが、18世紀の産業革命により、未開以外の世界は全て資本主義社会に組み込まれました。

その資本主義の大きな問題である格差拡大に対して、19世紀に現代の共産主義が誕生、20世紀初頭にロシア革命として結実しました。

しかし、理想を追ったはずの共産主義が、人民の怠惰と官僚の腐敗によって先に崩壊してしまいました。

自分はもちろん、共産主義が台頭したのと同じ理由で、資本主義が理想的な経済形態とは思っていません。

しかし現在のところ、それよりも良いシステムは実行できていません。

おそらく、理想に近い形は、資本主義と共産主義の間のどこかに存在するのだろうと思います。

しかしその実現のためには、お金持ちがお金を使って、(せめて)この国の隅々にまでお金が行き渡るようにする、ということが必要なのであり、庶民から先に豊かになるのは難しいと考えます。

元記事の後ろの方には、中国の対策として内需拡大の動きが採り上げられています。

これが成功するようなら面白いのですが、日本が既に通ってきた道のようにも見えます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

一歩進めるのに良いタイミングだった

副総理が靖国参拝とは、中々良い仕事をします。これで内外の反応を観測するわけですが、公明党にとっては難しい話になってきます。正しい話も一歩一歩進める必要があります。

麻生太郎副総理と古屋圭司拉致問題相は21日、東京・九段北の靖国神社に参拝した。新藤義孝総務相も20日に参拝しており、第2次安倍内閣の3閣僚の参拝が明らかになった。靖国神社は21日から春季例大祭で、安倍晋三首相は同日、神前に捧げる供え物「真榊(まさかき)」を奉納した。

(中略)

公明党の山口那津男代表は21日、さいたま市での記者会見で靖国参拝について「外交的な影響が出ることは避けられない。(中国、韓国両国との)関係改善を損なわないよう配慮が必要だ」と不快感を示した。

終戦記念日よりも、春と秋の例大祭こそが靖国神社の最重要な祭事です。

終戦記念日は随分と政治的問題になってしまいましたが、例大祭には日本国の閣僚には参拝して欲しいです。

去年の秋の例大祭では、安倍(当時)自民党総裁や、民主党の羽田(当時)国交相などが参拝しました。

今回は、安倍首相は内外を配慮して欠席、しかしその名代として麻生副総理です。

これで内外の反応を見るわけですが。

今のところ外国からの反応はありません。

中国は地震や鳥インフルエンザでそれどころではないでしょうか。

韓国も北朝鮮絡みで混乱していると思われます。

国内での注目は公明党です。

「外交的な影響が出ることは避けられない。(中国、韓国両国との)関係改善を損なわないよう配慮が必要だ」

というコメントです。

面と向かって非難は出来ていません。

置かれた立場を考えれば致し方ありません。

公明党は元々靖国参拝に否定的ですが、連立相手の自民党が力を持ち、さらに(自民より右の集団を抱える)維新の会とも接近している中で、あまり逆らうと連立解消の危険が生じます。

そんなわけで、今回の靖国参拝は、文句の出づらい状況での参拝だったわけで、偶然か狙い通りかは分かりませんが、ともかく「副総理の参拝」という実績を上げました。

秋の例大祭には安倍首相の姿が見られるでしょうか?

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

これで、遠慮は要らない

この前の総選挙では勇み足が所々で見受けられましたが、この法制化によってスッキリしました。自分も今度からは遠慮無く意見を述べることにします。

インターネットを活用した選挙運動を解禁する改正公職選挙法は19日午前の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。政党や候補者、有権者はホームページやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)を通じて、選挙期間中に投票を呼び掛けることが可能になる。与野党は夏の参院選での解禁に備え、準備を本格化させる方針だ。

自分のブログでは、2009年総選挙や2010年参院選では危機感を訴えてきました。

しかし2012年総選挙では、いわゆる「ネット選挙」が法に触れると言うことが話題になったので、投票日の2週前から差し控えていました。

一方で、Yahoo! JAPANを見れば、画面の右上の方に生活の党の嘉田代表が映っていて、「脱原発」のアンケートをしていました。

自民党が映っていた時もあったし、維新の橋下氏はTwitterで応援を呼びかけていました。

選挙後、彼等が罪に問われることはありませんでした。

アンフェアだな、と思ったものです。

今回の法制化によって、自分も選挙前に意見を述べることが出来ます。

問題点としては、電子メールが迷惑なほど出回らないか、ネット投票の是非、といったところでしょうか。

これくらいなら、「一度やらせてみて」でも良いと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

戒律と生命と、どちらが大事?

この問題は時々現れて、波紋を起こします。このような二律背反に対して医療は明確な答えを持ちません。早く司法に妥当な基準を作成してもらいたいものですが、なかなかチャレンジャーもおらず、店晒しになっています。

青森県立中央病院(青森市)で2011年4月、宗教団体「エホバの証人」の女性信者(当時65歳)の家族が、女性の信仰上の理由で手術中の輸血を拒否し、途中で打ち切られた手術後に、女性が死亡していたことが分かった。

「エホバの証人」の輸血拒否は、ここが詳しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%B8%E8%A1%80%E6%8B%92%E5%90%A6#.E9.96.A2.E9.80.A3.E5.88.A4.E4.BE.8B

新約聖書に、神聖なものだから「血を避けるように」と書いてあるから輸血を拒否するのだそうです。

宗教の埒外にある者にとっては理解出来ませんが、彼等にとっては正しいことなのです。

彼等の立場を思慮した時、天国に行くためには現世の行いが大事、なのだろうと思います。

そのためには、現世において、美しく死ぬことが求められます。

しかしそうは言っても、現世は複雑です。

業界外の人にとっては意外でしょうが、医療者の立場は弱いとも言えます。

救命のために輸血がどうしても必要となった時でも、輸血を行えば自己決定権を侵害したと、行わずに死亡すれば死なせたと訴えられてしまうのです。

最高裁の判例は、上記リンクにありますが、医療側は救命のために輸血を行い、訴えられて少額ながら敗訴しました。

最高裁の判例がこれで、それ以降の訴訟がないので、当面は「輸血したら負け」です。

それでも、それ以降に輸血を必要とする患者さんが居なかったとは思われないので、「エホバの証人」側が良識を持って対応してきた、と信じたいです。

さて今回はどうか。

医療側は針の筵です。

遺族が訴える意思は、今のところ示していないようですが、「人権派」弁護士に唆されて訴える可能性は残されています。

いつ訴状が来るか、最悪は担当医が診療中に逮捕されるなんて事態だって過去にありました。

どこの業界にも言えることですが、プロが安心して仕事出来るための明確な基準を、司法には示して欲しいところです。

実際にその事件が提訴されてみないと動かないものなのですが。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2013年4月13日 (土)

今年度はランドにテコ入れ

いよいよディズニーランド30周年です。最近はシーに人気が集まっていましたが、このイベントでランドも混雑するでしょう。ひねくれ者の自分としては、どうやって他人の裏をかいて楽しむか、悩むところです。

開業30周年イベント“ザ・ハピネス・イヤー”のスタートを4月15日に控えた東京ディズニーリゾート(TDR)。その運営会社であるオリエンタルランドが4月11日、30周年の目玉となる、新パレードや新アトラクションなどを、プレスプレビューの形で報道陣に初めて公開した。

 30周年とはいえ、TDRを構成する2パークのうち、東京ディズニーシー(TDS)は2001年9月4日のオープンのため、1年半ほど前に10周年を迎えたばかり。実際には、1983年4月15日にオープンした東京ディズニーランド(TDL)が今回の30周年の主役となる。

4月7日(日)にランドに行きました。

日柄では絶対に空くと確信していましたが、その上に「雨予報の晴れ」も手伝って、快適に楽しみました。

しかしイベントが始まるとそうはいきません。

ディズニーランド30周年、思い返すと感慨深いです。

開園当初に1度入り、スペースマウンテンで恐怖を味わいました。

次に行ったのは大人になってからですが、制限に引っ掛かって呆然としたことがあります。そんなもの知りませんでした。ディズニー恐るべし、と感じました。

その次は、シーのグランドオープンを尻目にランドへ。大正解でした。思えばこれがディズニーにのめり込む転機だったと思います。

リピーターになったのは子供が生まれてからです。アトラクションもショー・パレードもホスピタリティも優れたものと分かりました。毎年10日くらいはインパしているでしょうか。

ここ5年くらい、混雑状況を調べるようになりました。子供が学校に行くようになって空く日に行けなくなりましたが、その中でもまだマシな日を選ぶことが出来るようになったし、ファストパスも効率良く取る術を憶えました。

今後も頑張っていきたいですが、子供が中学に行くようになると厳しいのだと思います。

ここ1、2年は、ランドよりシーが混雑(アトラクションの待ち時間という意味で)するようになりました。

原因は、イベントがシーに偏っているのと、今も人気のトイストーリー・マニアです。

このおかげで去年の入場者数は最多記録を更新しました。

今年度はランドです。

新パレード、「ハピネス・イズ・ヒア」は華やかそうですが、個人的には、リニューアルした「スター・ツアーズ」に注目しています。

何で副題が「・アドベンチャーズ・コンティニュー」なのか分かりません。「ザ」ではなく「ジ」ではないかと思うのですが。ひねくれ者の自分としては、アトラクション前のキャストに向かってわざと「ジ」って言いそうですが。

それはともかく。

50通り以上の組み合わせでストーリーが展開する

というところに惹かれます。

50通り「以上」って具体的に幾つよ、と思いますが、いくつかの選択肢を選んだ組み合わせの数なんでしょうね。まさかDEAD ENDは無いでしょうから、素因数分解と読みます。

なんて思いついたのは、昨日偶々見た「ガリレオ」最終回(再放送)。反原発のステマかと思ったけど本放送は2007年。慧眼とも言える。爆弾解除の手順が7854通りと言われて素因数分解して2、3、7、11、17。最終段階に「3」の選択肢が残っていたので、見えている赤と青の他に隠れたピンクの配線を見つけて切断して解除成功。湯川は言わなかったけれどきっとそうだと思ってネットで検索したら解説ブログが見つかり、嬉しくもあり落胆もあり。

51だと3×17、52だと4×13。53は素数。54だと2×3×3×3。これが妥当と思います。

誰が選択肢を決めるのか、その時のゲスト達の多数決なのかな? 運営側が決めるのかな?

いずれにしろ、「前と違う」ことがリピーターを産む秘訣です。

トイストーリー・マニアが人気なのは得点制だから。バズライトイヤーもそう。タワー・オブ・テラーはA・B・Cのランダムだけれど、LEVEL13にしたらトイストーリーを超えました。

TDRが人気なのは、季節毎にイベントが行われるから。

そんなわけで、新しいディズニーランドに期待したいと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

消費税増税のことなら当分先

リーマンショック後の世界の常識の金融緩和を、日本だけが行ってきませんでしたが、黒田総裁が力強く宣言しました。これによって株高円安が進んで日本の近未来は明るそうです。ただ、それを良く思わない勢力も多いと思われます。

[ニューヨーク 10日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は10日、世界経済は今年も引き続き低成長となる公算が大きいとして、中銀は金融緩和の継続を通じて、景気を下支えるべきとの見解を示した。ニューヨークでの講演で述べた。

日本については、成長の勢いに弾みをつけるため、一段と金融緩和に頼る必要があるとした上で、日銀の大胆な緩和強化策は「前向きな一歩」と評価した。

(中略)

日本の財政については「ますます持続不可能となっているようだ」と指摘。「日本は明確で信頼の置ける中期的な財政再建策の策定が必要」とし、「景気活性化に向け、包括的な構造改革に着手すべき」と語った。

世界恐慌の対策は金融緩和、というのは世界の常識、というか日本のバブル崩壊の教訓です。

リーマンショック後の景気回復には、これが大きく役立ちました。

ただ日本だけは、民主党に邪魔されて立ち後れました。

理屈は分からないでもありません。

世界中が金融緩和したら原油穀物などがインフレを起こし、庶民の生活が苦しくなり、暴動が起こりやすくなるからです。

日本が割を食うことで世界が保たれるなら・・・・・・・・・だが断る!

日本国は日本国の国益を最優先すべきであり、何処かに与えるなら必ず対価を得なければ国家ではありません。

民主党政権は、周辺の国々にタダで与えていたのです。

自民党政権となり、ようやく当たり前のことが出来るようになったのです。

さて、そんな中でもIMFラガルド専務理事、日本に向けてこのように言いました。

「景気活性化に向け、包括的な構造改革に着手すべき」と語った。

ラガルド、ダメです。素人です。或いは、誰かに言わされています。

「景気活性化」と「構造改革」は、矛盾するものです。

おそらく、消費税増税を念頭に置いた発言と思われますが。

構造改革には痛みは付き物です。構造改革を行えば、コストカットや首切りが行われて必ず景気の足を引っ張ります。

構造改革は、景気が回復した後に行うべきです。

だから、「まず」金融緩和は、大切なのです。

そんな人物をトップに戴いた世界金融は、かなり心配です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

脱毛とホルモン

天下の東大なら、そのメカニズムについても考察して欲しいものですが。他人の褌を借りた論文なのでそこまでは書けないかも。そこで、自分なりに考えてみました。それなりに理屈は通りそうな内容にはなりました。

【川原千夏子】頭のはげた男性はふさふさ髪の男性に比べ、心筋梗塞(こうそく)や狭心症など重い心臓病のリスクが高い傾向があることが、東京大の原一雄特任准教授(糖尿病学)らのチームの研究でわかった。将来、自覚症状がない段階でも生活習慣を変え、予防につなげるきっかけにできるかもしれない。

3日付英医学誌BMJオープンに発表された論文によると、チームは過去の医学論文6本を調査。欧米の30~80代男性約3万7千人を11年以上経過観察したデータから、はげの進み具合とこれらの心臓病の発生率との関係を調べた。

 その結果、頭のてっぺんがはげている男性は、髪のある男性に比べてこれらの心臓病のリスクが32%高く、特に60歳以下ではリスク上昇は44%に達した。

男性にハゲが多い一方で、女性のハゲは殆どいません。

頭髪は女性ホルモンに保護されているいるようです。

逆に、男性ホルモンは毛根の細胞分裂を止めてしまいます。

ということは、ハゲる人は男性ホルモンが多いか女性ホルモンが少ない、となります。

男性ホルモンが多い人は、その作用により闘争心旺盛な傾向があります。

すると、他者との競争、苦難を乗り越えるために心臓に大きなストレスが掛かります。

結果、出世するかも知れませんが、心臓はボロボロになってしまい、心臓病を起こしやすくなります。

一方で女性ホルモン。

こちらには心臓保護作用や悪玉コレステロールを低下させる作用があります。

更年期以前の女性は心筋梗塞を殆ど起こさない、というデータがあります。

男性でも女性ホルモンは分泌されるのですが、これが少ないと言うことは、心臓を守って貰えない、ということになります。

結局、男性ホルモン↑、女性ホルモン↓が、頭髪にも心臓にも悪影響という話で、頭髪と心臓が直接繋がっているわけではなさそうです。

あるとすれば、ハゲを苦にしたストレス、くらいでしょうか。

ではどうしよう、となると、体質なので抜本的対策は難しそうです。

健康診断を年1回確実に受けて高血圧・糖尿病・高脂血症を早期発見して早期治療、というのが王道です。

そんな人に限って仕事が忙しくて健診を受けられない、なんてこともあるのですが・・・

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

2013年10月東京ディズニーランドの混雑予想

TDRは去年の入場者数が過去最高を記録したそうです。

トイストーリー・マニアが大受けしたためのようですが。

裏を返せばシーは大混雑ということです。

そんな時こそランドの方を思い出してやってください。

ハロウィーンも、シーほどは混まないでしょう。

201310tdlfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年4月 3日 (水)

2013年10月東京ディズニーシーの混雑予想

ハロウィーンで大混雑必至の10月ですが。

201310tdsfore


開園時間は注目に値します。

月曜日は8時開園、公式にも混雑日の予想です。

むしろ日曜日、さらに連休最終日の方が楽な傾向が強いので、可能ならそのように予定を組んでみましょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

NHKは放送法違反の常習犯

日本の国営放送は不偏不党でなくてはいけないのですが、NHKは大きく偏っています。NHKの言うことを信じてはいけない、というのは既に世の常識ですが、良心的な人達もいるようで、そちらは応援したいところです。

NHKのLNG(液化天然ガス)高騰問題に関する番組で、出演依頼を受けた研究者が取材過程で原発再稼働を容認する発言をしたため、出演取りやめになっていたことが31日、分かった。NHKは「原発ゼロを前提にしており趣旨にそぐわない」と説明したという。研究者は「ビジネス交渉のカードとして最初から原発ゼロを前提にするのはおかしい。公正・中立に疑問を感じる」としている。(原子力取材班)

(中略)

十市氏はNHKに説明を要求。チーフプロデューサーから連絡があり「原発ゼロを前提にしていない。総選挙前であり放送の公正・中立に配慮した」と釈明した。十市氏の発言のどの部分が、放送の中立に反するか説明はないまま、出演は取りやめになった。

NHKの設立の根拠となる放送法には、次の条文があります。

第1条  二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

しかし実際には、NHKは多くの偏向報道を生み出しています。

詳細は以下のサイトが詳しいです。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/623.html

最近では、維新の会・中山成彬氏の従軍慰安婦に関する国会質問の動画がNHKによって削除され、その中山氏が自分でネットにアップし直した、という事件があります。

昨年末のNHK紅白歌合戦では、斉藤和義が出演の際にギターのストラップに「NUKE IS OVER」(原発は終わりだ)というメッセージを掲げました。

NHKは、不偏不党を明らかに破っています。

NHKチーフプロデューサーの、

原発ゼロを前提にしていない。総選挙前であり放送の公正・中立に配慮した

という発言は、まさにそれを示しています。

注意ですが、ここで、「原発ゼロを前提にしていない」というのは、「(十市氏が)原発ゼロを前提にしていない」ということであり、NHKが~、ではありません。

NHKは、最初から原発ゼロを前提に放送を製作するつもりだったのです。

総選挙前にNHKが原発ゼロを前提の番組を放送すれば、有権者は脱原発や卒原発を掲げる政党に投票する、と考えるのが自然です。

放送の公正・中立などあったものではありません。

しかしその目論見は、民主党政権の悲劇を学習した日本国民によって打ち砕かれました。

とは言え、現実の世界では、日本の原発は四面楚歌です。

世界には色々な国々がありますが、燃料を輸出したい国々、製造業で日本と競争している国々、といった多くの国々にとって、日本の反原発が利益になるのです。

これを乗り越えて原発再稼働を果たすのは容易ではありません。

世界に大きな経済ショックが起こって多くの国々が日本に泣きつくくらいの状況にならないと達成できないのかもしれません。

さて、こんな話がニュースとして出てくるのだから、NHKも一枚岩ではないと言うことを示すのでしょう。

少なくとも、番組ディレクターは十市氏の原発再稼働論をその場で否定はしなかったのですから。

上(チーフプロデューサー?)から圧力を受けて、やむなく「意見を変えて」と連絡したことと推定されます。

自分は、そのような良心派もいると信じて、NHKに愛国のメッセージを送りたいと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »