« イタリア版 自民・民主に維新の会 | トップページ | 2013年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2013年3月 1日 (金)

福澤諭吉の精神を胸に

「自立」は大切なことです。しかし、すぐに出来ることではありません。原発再稼働も日米安保もTPPも対中政策も農政も震災復興も教育も、一つ一つ積み重ねた先に日本の真の自立があるのです。

安倍晋三首相は28日午後の衆院本会議で、第2次安倍内閣発足後初めての施政方針演説を行った。首相は「原子力規制委員会の下で、新たな安全文化を創り上げ、安全が確認された原発は再稼働する」と明言。「原発の再稼働は、原子力規制委の専門的知見の判断による」との自公連立政権合意から一歩踏み込んだ。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)については、日米共同声明を踏まえ「政府の責任で交渉参加について判断する」と交渉参加への意欲を強くにじませた。

 首相は冒頭で、福沢諭吉の「一身独立して一国独立する」という言葉を引用し、演説全体を通じて「自立」を強く訴えた。

自分の考えは基本的に変わっていません。

原発は当面再稼働。エネルギー需給のためです。

TPPは条件闘争。対中政策を考えたら不参加は論外です。

安倍首相の演説は、自分の考えとほぼ一致するものです。従って、自分は依然、安倍首相を支持します。

さて、冒頭で

福沢諭吉の「一身独立して一国独立する」

という言葉が出ました。福澤諭吉の「学問のすゝめ」からの引用です。

同書の中では、みんなしっかり実学を勉強して独立の気力を持ち、最後には外国に対して独立しよう、と説いています。

当時の日本は明治維新から間もなく、欧米列強とは不平等条約を結ばされて独立国としては不安定な状況でした。

これを脱するためには日本国民が勉強して強くなり、欧米列強に負けない力を身に付ける必要がありました。

また、その中で、数十年後には日本が欧米列強に負けないくらいに強くなって、惨めな時代もあったと笑えるようになりたい、というくだりがありました。

彼の著書の後、日本は富国強兵に努め、日清日露戦争を経て一時欧米列強に肩を並べました。明治維新の頃を笑える時代は確かにあったわけです。

翻って現代です。

大戦で敗れて以来、日本は実質的にアメリカの支配下にあります。

日本の歴代の気骨ある政治家はアメリカ支配を脱するための礎石を積み上げてきました。

前の安倍政権でも、防衛省昇格、教育基本法、国民投票法といった名の石を積みました。

ところが鳩山政権で独立を急いだために、却って足下を崩す結果となりました。

福澤諭吉は悲しんでいるでしょう。

日本の真の独立は、明治維新後と同様の努力を積み上げても、今から数十年後でしょう。

自分が生きている間に実現できないかも知れません。

それでも我々の子孫のために一歩一歩前進していきたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« イタリア版 自民・民主に維新の会 | トップページ | 2013年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

アメリカの支配から抜けるのは軍事的独立と資源確保が前提でいるんでしょうね。

最近読んだ本で明治維新をケチョンケチョンにけなしまくっている本を読み、もう明治維新で日本は終わっているとの話で、がっくりきています。

悔しいですがしばらくはアメリカにくっついているしかなさそうですね。

投稿: パズ | 2013年3月 1日 (金) 23時28分

コメントありがとうございます。

必要なのは後、諜報。
さらに、(仮想)敵国・・・

明治維新自体はともかく、その後の日本の発展は、
奇跡と言って良い話だと思いますがね。

投稿: プー | 2013年3月 2日 (土) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/49739218

この記事へのトラックバック一覧です: 福澤諭吉の精神を胸に:

« イタリア版 自民・民主に維新の会 | トップページ | 2013年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »