« 地味に貢献した | トップページ | ロシア様の許可は・・・得てないんでしょ »

2013年3月23日 (土)

ボールが沖縄に投げられた

政府は沖縄県に辺野古の埋め立てを申請、ということは、沖縄県は返答しなくてはなりません。いずれの回答にしろ知事の決定には責任が伴います。鳩の糞害は彼の味方にも迷惑を掛けています。

政府が沖縄県に対し、普天間基地の移設先となる名護市辺野古の埋め立てを申請したことについて、仲井真知事と名護市の稲嶺市長は次のように述べました。

 沖縄県・仲井真弘多知事:「普天間の固定化はあってはならない。5年も10年もかかるなら固定化そのものですよね。むしろ県外を選んで、早く普天間を落ち着ける。それが一番良い方法じゃないですかと(申し上げてきた)」
 沖縄県名護市・稲嶺進市長:「ほとんど県民の目を欺くような形というか、不意打ち、抜き打ち的にそういうことがなされることに憤りしかないですね」

普天間基地は、数々の事故の起こっている危険な基地です。

周辺住民のためにも、普天間固定化はまず第一に避けなくてはなりません。

その考えで1996年に橋本首相の時から移設の準備が始まりました。

移設先などについて様々な案が検討されましたが最終的に、名護市辺野古沖を埋め立てて基地を設置することになりました。

しかし2009年の総選挙では普天間基地を「最低でも県外」と唱える民主党が勝利しました。

当時の首相鳩山は県外移設を模索するも果たせず、移設反対派の稲嶺が名護市長に当選し、どうにもならなくなり、首相を辞任しました。

それ以降は辺野古案を掲げながら目立った進捗のないまま再び政権交代となりました。

そして今回の辺野古埋め立て申請です。

国が申請したからには、知事は答えなくてはいけません。

そして、その回答には責任が伴うのです。

YESなら、地元の反対派を説得しなくてはなりません。お金を積むなら政府に頼む必要があります。

NOなら、普天間基地で事故が起こった時に責められるのは必定です。

どちらかは選ばなくてはなりません。

今回の「申請」のポイントは、左翼勢力を内部抗争へ追い込むことだと思います。

一般に彼等は無責任な存在で、目的さえ果たせれば手段も周囲への影響も考慮しません。

普天間問題で言えば、普天間基地が固定化してその結果、ヘリなどが墜落して死者を出しても、彼等は何の痛痒も感じないのです。

ところが同じ左翼でも、自治体首長などの責任ある立場にある者はそうはいきません。

何か事故があれば、心情はともかく社会的には制裁を受けます。

そうなれば左翼の中で抗争が起こります。

今回政府が沖縄に投げたボールは爆弾かもしれません。

仲井真知事は苦しい立場ですが、何らか返答しなくてはなりません。

願わくば、進展の方向で決めて欲しいものです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 地味に貢献した | トップページ | ロシア様の許可は・・・得てないんでしょ »

政治」カテゴリの記事

コメント

何年もかけてやっと元の計画通り辺野古移設なんでしょうね。民主党政権がいかに何もやらなかったか、何もできなかったかが分かりますね。

尖閣問題もあるので、沖縄の米軍規模縮小・県外移設は日本自体が望まないんじゃないでしょうかね?

オスプレイに日本は守られていることを忘れちゃいけないでしょうね。

投稿: パズ | 2013年3月24日 (日) 23時21分

コメントありがとうございます。

民主党政権は辺野古移設を致命的に後退させた重罪人でした。
文句を言っているのは現地の沖縄県民ではない、らしいですね。

投稿: プー | 2013年3月25日 (月) 14時48分

今回の事案を一般企業に落として見ると、思想が異なったトップがコロコロ変わる中間管理職が1番損する状況ですね。

すべての利害関係者にメリットがある落とし所は絶望的ですし、現職知事が尻拭いするのかまた、先送りにするのか今後楽しみです。私はやるなら早期にやって頂きたいとおもいます

投稿: ピーターパン | 2013年3月25日 (月) 17時27分

コメントありがとうございます。

政権交代の大きなデメリットでしたね。
こうなっては、従来の合意で押し通すのがベストかもしれません。

投稿: プー | 2013年3月26日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/50905192

この記事へのトラックバック一覧です: ボールが沖縄に投げられた:

« 地味に貢献した | トップページ | ロシア様の許可は・・・得てないんでしょ »