« 安定の谷垣 | トップページ | 「熱心な」運動って厳しすぎる »

2013年2月23日 (土)

外交も安定

安倍外交は民主党と違ってタフ ネゴシエイターです。対米追従に見えても国益のために釘を刺します。自国益も主張しておいて結果的にはWIN-WINの関係となるように、政策の実現も期待します。

アメリカを訪問している安倍首相は、日本時間の23日未明、オバマ大統領と首脳会談を行い、TPP(環太平洋経済連携協定)について、「全ての関税撤廃をあらかじめ約束するものではない」とする共同声明を発表した。
安倍首相は、訪米の最大の目的である強固な日米同盟を確認するとともに、TPPについても、「聖域なき関税撤廃」に例外があることを示唆する声明により、交渉参加に向け、大きく前進した形となる。

TPPにおける日本側の懸念の大きな一つに、「全ての分野で関税撤廃」させられるのではないか、というものがありました。

安倍首相は、そんなことはない、とオバマ大統領にも言わせることが出来ました。

これは民主党政権の時とは雲泥の差です。

民主党政権では、議事録は作らない、通訳を立てずに外国首脳と話す、などという、文明国家としてあるまじき政治を行っていました。後で話が食い違った時に「そっちには証拠があるのか」と言われた時に反論できない、なんてことになっていたのです。

あとは実績です。

日本が国益を主張した以上、それでもアメリカが日本を最重要なパートナーだと思ってくれるように、日本を強くしてアメリカにも利益をもたらさなくてはなりません。

安倍首相は「日本の輸出が強くなることで輸入も増えてアメリカの利益に繋がる」と説きました。

まさにこれを実現できるかどうかに、日米関係の将来は懸かっています。

きっと世界には大きな波乱が待ち受けています。

日米で共同して乗り切ることを期待します。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 安定の谷垣 | トップページ | 「熱心な」運動って厳しすぎる »

政治」カテゴリの記事

コメント

阿部首相 大成功のようですね。

どうもアメリカは日本の市場で何でもかんでも売って儲けようというわけじゃなさそうですね。日本の市場は世界でも難しい部類にはいるんじゃないかと思います。良いもの、美味しいものは高くても売れるし、悪いもの、まずいものは安くても売れないのが日本お市場だとおもいます。
一番危険だと思うのが医療保険だと思うんですが、民主党政権時国民皆保険が崩壊するなんてあったと思うんですが、大丈夫なんですかね?
明日の為替と株価注目ですね。

投稿: バズ | 2013年2月24日 (日) 22時58分

コメントありがとうございます。

後出しながら、円安株高ですね。
極東の各メディアは成果無しを強調していますが、市場は評価しています。

TPPは、民主党政権よりは国益を追求できるでしょう。医療保険は現行制度で永続できるとも思えませんが、アメリカ主導で変わると大変なことになりそうです。

投稿: プー | 2013年2月25日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/49599103

この記事へのトラックバック一覧です: 外交も安定:

« 安定の谷垣 | トップページ | 「熱心な」運動って厳しすぎる »