« 輿石、もはや政局一辺倒 | トップページ | 日本もちょっと前までは支援国 »

2013年2月 9日 (土)

能ある鷹は爪を隠すなんて言ってられない

謙虚なんて国際社会では美徳になりません。日本は中国を真似して大きく出るくらいが良いのです。日中関係は、そういう時の方が上手くいっていたのです。中国にとっては、対人関係も国際関係も対等はなく、上下なのですから。

中国海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦への火器管制レーダーの照射に関し、日本政府は護衛艦が捕捉した電波データや撮影した画像などの一部開示に向け、検討に入った。中国政府が日本側の発表を「完全な捏造(ねつぞう)」と全面否定したことを受け、レーダー照射の事実を裏付ける証拠を国際社会に示す必要があると判断した。
 小野寺五典防衛相は9日午前、都内で記者団に「証拠はしっかり持っている。政府内で今(どこまで開示できるか)検討している」と表明。「防衛上の秘密にも当たる内容なので慎重に考えていきたい」とも語った。
 防衛省内には「自衛隊の解析能力を相手に教えることになる」として、開示に否定的な意見が強い。このため日本政府は、中国側の今後の出方も見極めながら、外務・防衛両省を中心に、公開できる情報の範囲を慎重に検討する方針だ。

(中略)

一方、防衛相は9日午前の読売テレビ番組で、東シナ海での中国の動向に関し、「(レーダー照射を)公表した5日以降、尖閣(諸島)周辺の中国公船の動きは収まっている」と述べ、中国軍などの日本に対する挑発行為が沈静化していることを明らかにした。 

中国が日本に対して火器管制レーダーを照射していたというのは、民主党政権の時には随分やられていたようです。

思うに、2010年の尖閣諸島衝突事件以降にはあり、当時の政権が中国に配慮して事実を隠蔽し、中国に厳しめの野田政権の時点でも隠蔽されたまま。同党の前任者の批判は出来ないでしょう政権交代後に安倍内閣で発覚し、関係各所と協議の上で発表、という流れだったのでしょう。中国にしてみれば、急に掌を返して何だよ、という思いがあるはずです。

基本的には政権が交代しても政策は急には変えてはいけないし、相手国のある問題なので、現実的に無難に対応するのに手間取ったために公表が遅くなったと考えるべきです。

それにしても、

「自衛隊の解析能力を相手に教えることになる」

は戴けません。

相手にもよることですが、中国なら、日本を侮る結果に繋がります。

中国はそういう国です。

軍備増強に余念の無い国ですが、最近では空母の配備が話題になりました。

ウクライナで廃艦となった空母を買い、10年かけて艦載機の発着に成功しました。

素人にとっては脅威です。東南アジアの国々にとっても脅威でしょう。しかし、この程度で実戦投入は到底不可能です。

大事なのは、中国はハッタリを大事にすると言うことです。

そんな国に向かって遠慮していても舐められるだけです。

掴んだ情報を小出しにして、日本の優秀さを知らしめ、「まだ何か隠している」と恐れさせるのが日本の戦略と考えます。

そして実際、

中国軍などの日本に対する挑発行為が沈静化している

わけです。

中国政府が中国軍に対して自制を指示したわけですが、絶対にそんなことは発表しません。

これは中国の特性として仕方ないことなのですが、現時点においても、日本が強く出れば中国は引き下がると言うことを確認できました。日本政府が協議した関係各所にアメリカを含んでいるというのもあるのでしょうが。

日本政府がこの調子で中国に圧力を掛けていけば、中国は日本に対して挑発行為を行えなくなるでしょう。

ただし対日マスコミ工作は激しくなると思われるので、我々はテレビなどの中国擁護に騙されないように気を付ける必要があります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 輿石、もはや政局一辺倒 | トップページ | 日本もちょっと前までは支援国 »

政治」カテゴリの記事

コメント

恐らくどんなに科学的な証拠を出してもやっていないと子供のように言うんでしょうね。ロックオンした事が国民はもちろん中国外務省も知らないのではこの人たちのメンツをどう守っていいかもわかりません。北朝鮮の核実験実質で中国のメンツは潰され、末端の人民解放軍が勝手に他国の船をロックオンしていては、中国共産党としては世界に顔見せ出来ないでしょう。
ここでベトナム、フィリピン当たりにアクションを起こして欲しいんですがね。いかがでしょうか?

投稿: バズ | 2013年2月12日 (火) 23時59分

コメントありがとうございます。

軍部を統制できない国なんて恐ろしいですね。
中国包囲網をしっかり作っていきたいです。

投稿: プー | 2013年2月13日 (水) 13時43分

仮に今回の件で国民が決起して軍事演習が活発化したり軍事予算の見直しなどが行われればさらに周辺国は大人しくなるのでしょうか?

国防軍は実現するのか非常に楽しみであります。

投稿: ピーターパン | 2013年2月13日 (水) 21時46分

コメントありがとうございます。

ちょっと前にも日本国民が起こったのを中国が恐れたことがあったはずです。
我々の行動も馬鹿にならないと思います。

投稿: プー | 2013年2月15日 (金) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/49290657

この記事へのトラックバック一覧です: 能ある鷹は爪を隠すなんて言ってられない:

« 輿石、もはや政局一辺倒 | トップページ | 日本もちょっと前までは支援国 »