« セイフティーネットが破れそうだ | トップページ | 英霊に敬礼 »

2013年1月18日 (金)

鳩の糞を踏んでしまった

鳩山は「国賊」、個人的には全面賛成なのですが、立場というものがあり、閣僚の発言としては不適切です。少なくとも朝日新聞は叩くでしょう。小野寺氏は罠に嵌まりました。安倍首相はこれを擁護するのか切るのか、難しい選択を迫られます。

小野寺五典防衛相は17日夜、BSフジの番組に出演し、「尖閣諸島を係争地と認めることが大事だ」との鳩山由紀夫元首相の中国での発言について「日本にとって大きなマイナスだ。言ってはいけないが『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」と述べ、強く非難した。
 防衛相は「係争などなく(尖閣は)固有の領土なのに、中国側は、日本の元首相はこう思っていると世界に宣伝し、いかにも係争があるかのように国際世論がつくられてしまう」と懸念を示した。 

世の中、「言ってはいけないが」と言っても、オフレコと前置きしても、言ったことは言ったこととして広まってしまいます。特に大臣という要職にあれば尚更です。

今回の件は、中国が罠を張っていたと考えています。

アルジェリアの拘束事件だって、国際情勢や被害者の国籍を考えれば中国の差し金であることは容易に想像が付きます。

安倍政権は中国包囲網を画策しています。中国はかつて、天安門事件後の国際的孤立を脱するために「包囲の鎖は最も弱いところを突け」と日本との関係改善を図り、成功した実績があります。また、アフリカは中国の重要な開発地域であり、日米欧を閉め出すのは中国の利益です。

そんなストレスのある中で鳩山の尖閣係争地発言には、大臣も怒り心頭だったのでしょう。

しかしそれでも、「国賊」は揚げ足を取られる発言です。

中国と連動する朝日新聞は、間違いなく小野寺大臣の首と安倍首相の任命責任を追及するでしょう。

これに対して安倍首相はどう対応するか。

「思いは同じだが、閣僚としては不適切なので厳重注意」

くらいで収めたら大したものですが。

鍵を握るのは朝日新聞以外の大手マスコミです。朝日新聞が安倍首相に敵対的なのは今に始まったことではありません。

しかしマスコミ各社の集中攻撃を受けたら、安倍首相も小野寺氏を切らざるを得ません。

その瞬間から安倍政権のレームダック化が始まります。

心ある日本人はこの際、小野寺氏に賛意を示して安倍政権を守るべきです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« セイフティーネットが破れそうだ | トップページ | 英霊に敬礼 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/48810791

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の糞を踏んでしまった:

« セイフティーネットが破れそうだ | トップページ | 英霊に敬礼 »