« 鳩の糞害の掃除はやっぱり大変 | トップページ | 「自由と繁栄の弧」を今度こそ »

2012年12月29日 (土)

誰しもココイチのようにありたいが

ビーフカレーは結構美味い、というココイチには、自分も月に2度くらいは家族で利用しています。そう言えばこのデフレの世の中で決して値下げしないでも潰れないココイチが不思議でした。その秘訣は何か、という記事です。

今に始まったことではないが、牛丼チェーンは価格の上げ下げなど価格政策のダッチロール現象を繰り返している。吉野家が火をつけた「250円戦争」は、高単価メニューへの誘い水になるのか、それとも250円メニューに売り上げが集中して、客単価を下げてしまうのか。

 こうした懸念をよそに、カレーチェーンでは「カレーハウスCoco壱番屋」(ココイチ)が、ライバル不在の一人勝ち状態を続けている。

(中略)

マクドナルドや牛丼チェーンを見れば明らかだが、値下げは禁断の実を食べるような措置だ。劇薬効果はあるものの、値下げ価格がスタンダードになってしまうと値上げが難しくなり、セットメニューを増やして客単価を上げるという苦肉の策に出ざるを得ない。さらに原価コントロールも難しくなる。

決して値下げしないココイチが栄えているのは確固たる経営方針もありながら、ライバル不在という幸運にも恵まれたのでは、と思います。

値下げは一時的に利益を上げるものの利益率を下げ、競合他社の追随によって客の数も時期に減ってしまい、際限ない値下げ競争で疲弊してしまいます。

牛丼チェーンはまさにその泥沼に嵌まっているのですが、難しいのは、業界内のいずれか一社が値下げを始めれば、競合他社は生き残りのために追随しなくてはならない、という点です。

ココイチには、そういうライバルが居なかった、という幸運は間違いなくあるのだと思います。

個人的な考えとしては、カレーライスは世の中に数ある料理の中でたかだかワンオブゼムです。

それの専門店を出そうという発想が世の中に無かったのだと思います。

普通は家族で外食なら、ファミレスに行き、食べたいものを各々で注文します。その方が自由です。

ところがココイチでは、トッピングを多種用意することで、パパはビーフ野菜、ママはカレーうどん、お姉ちゃんは納豆カレー、僕はウィンナーカレーとナン、という自由を実現しました。

そしてそのトッピングがココイチの利益の源泉でもあったのです。

「ココイチのカレーソースにはこれといった特徴がなく、平凡な味だ。だからトッピングとケンカせず、複数のトッピングを付けても、味全体が重すぎない。あえて平凡な味にして、トッピングを生かせるソースを開発したのではないだろうか」

この「外食関係者」のコメントは、褒めているのか貶しているのか分かりませんが、トッピングが商売の胆であるということを表しているのでしょう。

多くの客が、好みや懐具合に応じて自分の好きなカレーを食べることが出来る。

斯くして、庶民からアッパーミドルまで幅広く取り込んだココイチの経営は一人勝ちを続けるのでした。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 鳩の糞害の掃除はやっぱり大変 | トップページ | 「自由と繁栄の弧」を今度こそ »

経済」カテゴリの記事

コメント

記事を読ませて頂き、カレー店ココイチのライバル店が無いということでしたが、一方イタリアンでは大手チェーン店のカプリチョーザが群馬県に出店しないという話を思い出しました。理由が地場のイタリアンが強いのとリーサチの結果でしょうか。

また、値下げのリスクがご指摘の通り、牛丼チェーン店が共倒れの状況で、大手ファストフード店のマクドナルドも無能な経営陣のおかげで経営が悪化してますね。
100円マックを促進した結果顧客単価が上がらず、さらに最近では60秒で提供できなければハンバーガー無料券。とのキャンペーンで実質的な値下げと回転率向上を目論んでの事でしょうが、現場が大混乱です。結果ハンバーガーの盛り付けが乱雑になりクレーム乱発。スタッフの心的負担も増加しました。まさに愚の骨頂と感じております。株主もあきれているのでは?感じました。

現場を知らず、会議室でのトップダウンは私を含めどこの会社も同じだとおもいますが・・・・。

投稿: ピーターパン | 2013年1月 7日 (月) 14時38分

ココイチ好きです。良く利用いたします。毎日食べても飽きないカレーの秘密はトッピングに有りですか。

値下げ合戦は最終的にスケールメリットが大きい方が勝つと思いますが、今やアジアの先進国より安い牛丼ですからね。

そのうち、タイで吉野家が出す肉より日本の吉野家の肉の方がイイ肉じゃ無くなるかも知れませんね。

投稿: ティガ | 2013年1月 7日 (月) 16時53分

コメントありがとうございます。

マクドナルドの惨状はネットで目にしました。誰が決めたのでしょうね?

コストダウンでは、確実に質も下がるので、どの会社も悩んでいますね。

みんなが質で競うようになると良いのですが。

投稿: プー | 2013年1月 7日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/48515208

この記事へのトラックバック一覧です: 誰しもココイチのようにありたいが:

« 鳩の糞害の掃除はやっぱり大変 | トップページ | 「自由と繁栄の弧」を今度こそ »