« これまた軽い御輿だことで | トップページ | 2つの党首討論の多少の違い »

2012年11月29日 (木)

また「子ども手当」か

マニフェストで「子ども手当」をぶち上げるとは、まさに「第二民主党」。財源のことは二の次です。これはどう考えても小沢大先生の頭から出たことなのですが、一兵卒などと言っても、裏で差配しているのは明らかです。

日本(にっぽん)未来の党(代表・嘉田由紀子滋賀県知事)は28日、総務相宛てに政党設立届を提出、受理された。未来は「卒原発プログラム」策定のほか、中学卒業までの子どもに子育て応援券を含む年間31万2千円の手当を支給するなどの政策要綱原案をまとめた。嘉田氏は、同党に合流する国民の生活が第一の小沢一郎代表の執行部入りを見送る意向。生活の森ゆうこ参院幹事長を要職で起用する考えだ。

 原案では、「卒」原発として東京電力を破綻(はたん)処理し、国直轄で福島第一原発の放射能汚染拡大を防ぎ、損害賠償に対応。もんじゅと六ケ所再処理工場の廃止、世界最高水準の安全規制、大間原発など新増設の禁止、使用済み核燃料の総量規制からなる「卒原発プログラム」を定める。

早くも矛盾する政策なのですが。

年間31万2千円の子ども手当というのは、民主党が政権を奪取する前のマニフェストにおける子ども手当月額2万6千円と一致します。小沢幹事長(当時)が、年額4.5兆円に上る財源を心配する声を無視して盛り込んだと記憶しています。そして政権交代後には、やはり財源が足らず、満額支給はついに行われませんでした。

一方、東京電力を破綻処理して損害賠償を国が責任を持つ、というのは、口で言うには簡単ですが、その額は試算では4.5兆円以上と言われています。今後増えることはあっても減ることはありません。

それを払ってもなお、子ども手当を満額支給できるなんて、有り得ません。

結局、選挙で勝つために根拠の無いマニフェストを掲げる点は、2009年の民主党と全く同じです。むしろ、「今の」民主党の方が現実的です。

2009年の民主党と「未来」の共通点。それは、小沢大先生がいるということです。

夢を語って日本国民を騙そうとしているのは誰なのか。

よく考えてください。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« これまた軽い御輿だことで | トップページ | 2つの党首討論の多少の違い »

政治」カテゴリの記事

コメント

スラムダンクのメガネくんが、三井に言った「夢みさせるような事言うなよ」という名言を思い出しました。

公約違反は詐欺罪とまでは言いませんが、

実社会では、有言実行が当たり前の中、公約達成率が何%とかを自慢するのはどうかと思います。

子供手当も大事ですが、そもそもの経済問題(特に雇用問題)を本質的に改善しないと、

出生率も低下してしまうと思います。

ニートでは結婚すら難しいのですから。

消費の仕組みを上手に作ることが、少子化問題の解決策だと思いますので。

(その上手にが難しいのでしょうが)

投稿: ティガ | 2012年11月29日 (木) 18時40分

コメントありがとうございます。

実際に政治を任せられるのは政治のプロ、そして官僚を使いこなせる人間集団しかない、と考えています。
その上で成長戦略を打ち出すしか無いでしょう。

投稿: プー | 2012年11月29日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/48021751

この記事へのトラックバック一覧です: また「子ども手当」か:

« これまた軽い御輿だことで | トップページ | 2つの党首討論の多少の違い »