« おそらく民主党の尻を叩く目的 | トップページ | もう後戻りは出来ない »

2012年11月14日 (水)

小沢先生の時限爆弾が炸裂する

急に円安になった理由はこれでした。太陽の党結成が決定打だったのでしょうが、小沢裁判の件も大きかったと考えます。これに関連して、今後民主党から大量の離党者が出て維新や生活に流れると読みます。

野田佳彦首相が16日に衆院を解散すると表明したのを受け、政府・民主党は14日夜、首相官邸で三役会議を開き、次期衆院選を12月4日公示・16日投開票の日程で行うことを決めた。

やはり、太陽の党による第三極の糾合が野田の解散を大きく押したのは間違いありません。

ただそれだけでは、あれほど解散に反対した輿石が急に折れたことの説明が付きません。

ここは小沢裁判の幕引き、すなわち上告断念で取引したと考えます。

執行部と輿石の間には色々な利害が絡んでいました。

小沢裁判では小沢無罪が確定の勢いだが、執行部は上告という無理筋ながらも宝刀を持っていること。

総選挙が遅れれば来年の参院選までに建て直しが出来ないこと。

第三極が小沢抜きで形成されそうなこと。

結局、太陽の党が決め手になって、小沢裁判で休戦し、早期解散して生存を図ることにしたのでしょう。

今後の興味は、民主党からどれだけの離党者が出るかです。

既に小沢鋭仁が維新に合流との報道がありました。

小沢新党にも多数が流れると予想します。

小沢新党が旗揚げの際に、人数の都合で民主党に置いて行かれた議員達です。

民主党には山田正彦を筆頭に、「TPPに反対」を掲げている議員が何人も居ます。

まさにこれを大義名分に、小沢新党に雪崩を打つと予想します。

民主党に残れば討ち死に必至の議員達ですから、躊躇わないでしょう。

我々は、この標語を忘れてはいけません。

気を付けろ その候補者は 元民主

あとは、解散宣言までに野田が死なないことを祈っています。

Banner_13_3よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« おそらく民主党の尻を叩く目的 | トップページ | もう後戻りは出来ない »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47844861

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢先生の時限爆弾が炸裂する:

« おそらく民主党の尻を叩く目的 | トップページ | もう後戻りは出来ない »