« 小沢先生の時限爆弾が炸裂する | トップページ | 日経上げ、上海もダウも下げ。 »

2012年11月15日 (木)

もう後戻りは出来ない

昨日の野田の解散宣言で政界が一気に動き出しました。この動きは止まらず、与党は過半数割れ。「やっぱりやめた」と言っても不信任案の通る状況まで進んでしまいます。いよいよ日本の運命を決する分岐点が迫ってきました。

衆院の解散・総選挙日程が決まったことで、民主党から離党する議員が続出。衆院の単独過半数割れが確実になった。

 山田正彦元農林水産相は15日、憲政記念館で環太平洋経済連携協定(TPP)に慎重な議員の会合に出席後、記者団に「離党する。新党の可能性はある」と述べた。山崎誠衆院議員(比例南関東)、富岡芳忠衆院議員(比例北関東)も同日、幹事長室に離党届を提出。山崎氏は参院会派みどりの風の4人と国政新党を結成し、富岡氏はみんなの党に入党する意向。長尾敬衆院議員(大阪14区)も15日、離党の意向を固めた。

 民主党の現有勢力は244人。すでに小沢鋭仁元環境相、中川治衆院議員が離党意向を表明。離党届を提出し、預かりになっている水野智彦、熊田篤嗣の両衆院議員をあわせ計8人が離党を表明した。

昨日の円安には面食らいましたが、野田の解散宣言がきっかけでした。今日も為替は円安。日経平均は、世界が下げる中で上げています。これが市場の評価です。

昨日の党首討論の録画を観ました。野田・安倍対決が面白かったです。ジミンガー、ミンスガーの応酬は笑えましたが、両者とも持ち味を発揮しているように思えました。最後は野田の不意打ちと、安倍が言質を取った、という痛み分けのような結果でした。一方でネタの尽きた所で回ってきた小沢先生には覇気が全く感じられませんでした。同じ二番煎じでも公明党の山口代表の方がキャラが立っていました。

さて、民主党は解散が現実となって、泥舟から逃げ出すネズミが多数です。

代表格の山田正彦は、新党とか言っていますが、小沢先生の新党に入党、ないしはこれと連携する党でしょう。

誰に投票したら良いか分からない状況かも知れませんが、基本的には「元民主」というだけで落選に値すると考えていますが、過去の主張と実績をしっかり調べて、日本のためになる政治家を選びたいものです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 小沢先生の時限爆弾が炸裂する | トップページ | 日経上げ、上海もダウも下げ。 »

政治」カテゴリの記事

コメント

野田さんの最後の比例定数是正を叫んで終わらせたのは笑ってしまいました。

最後の最後まで自分たちのことを考えてのことんでんでしょう。

投稿: バズ | 2012年11月16日 (金) 23時35分

コメントありがとうございます。

安倍さんも乗っておけば有利だったのに、などと不謹慎にも思ってしまいました。

投稿: プー | 2012年11月17日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47856485

この記事へのトラックバック一覧です: もう後戻りは出来ない:

« 小沢先生の時限爆弾が炸裂する | トップページ | 日経上げ、上海もダウも下げ。 »