« これは早計 | トップページ | 合従策で分かりやすい選挙になる »

2012年11月21日 (水)

自民党に対する援護射撃に見える

日本の核武装は、日本の真の独立のために避けては通れない議論と考えますが、多くの段階を踏まなければならないため、当分の間は現実的ではありません。そんなことを「今」ぶち上げる石原代表の意図はどこにあるのでしょうか。

日本維新の会の石原慎太郎代表は20日、都内の日本外国特派員協会で講演し、尖閣諸島をめぐり対立する中国への対応に関し「日本は核兵器(保有)に関するシミュレーションぐらいやったらよい。これが一つの抑止力になる」と表明した。外国人記者との質疑応答の中で発言した。
 核保有の検討は石原氏の持論だが、先に非核三原則見直しの必要性に言及した維新の橋下徹代表代行(大阪市長)の発言と併せ、事実上の選挙戦が始まった衆院選で論議を呼びそうだ。中国などは「日本右傾化」の主張を強めるとみられる。
 石原氏は「軍事的な抑止力を強く持たない限り外交の発言力はない。今の世界で核を保有しない国の発言力、外交力は圧倒的に弱い。北朝鮮は核を開発しているから存在感がある」と指摘。ただ「個人の考えだ」とも語り、維新の安全保障政策とは無関係であることを強調した。 
 また、石原氏は「シナ(中国)の覇権主義に侵されて日本が第二のチベットになることは絶対に好まない。ノーと言うときはノーと言う」と、日本政府の抗議を無視して尖閣周辺の日本領海侵犯を繰り返す中国を強くけん制した。

2つあると考えます。

一つは、中国の覇権主義がチベットに何をもたらしたか、みんな考えてみようよ、というものです。

この手のことは新聞やテレビは語ってくれません。一人一人で勉強してみよう。

こういうことを考えることによって、マスコミの情報を鵜呑みにしない「賢い日本国民」に成長していこう、という意図があると考えます。

もう一つは、極論を言う政党であることをアピールして日本国民に呆れさせ、「言っていることは分かるけど極端だよね。保守なら自民党まで」という投票行動を取らせたいのだと思います。

今まで日本の政党には中道から左しかありませんでした。

右から叩く政党があるべきだと思いますが、第極にまで成長してしまうのはどうか。

石原代表にしっかりした意図があるのだとすれば、強くなりすぎないように調節しているのだと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« これは早計 | トップページ | 合従策で分かりやすい選挙になる »

政治」カテゴリの記事

コメント

チベットに核廃棄物を捨てたり、パンダを奪ったり、大量虐殺したり無茶苦茶ですよね。

中国は、民族自決を拒否しているアジア板人種の坩堝ですが、支配という言葉が似合う国ですね。

もっと尊重し合わないと中にも外にも敵を作るだけですが、核を持っているので強気で困りますね。

投稿: ティガ | 2012年11月29日 (木) 19時07分

コメントありがとうございます。

そんな国には自壊して貰うしかないと考えています。

投稿: プー | 2012年11月29日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47921326

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党に対する援護射撃に見える:

» 【速報】 石原慎太郎・維新の会代表 「日本は核武装することにした!今後、日本の安全のために必要」 [【2ch】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 12:34:11.51 ID:SOJ56OKE0● ?PLT(12051) ポイント特典維新の会、石原慎太郎代表 「核保有研究すべき」「維新」の石原慎太郎代表は20日...... [続きを読む]

受信: 2012年11月21日 (水) 15時01分

« これは早計 | トップページ | 合従策で分かりやすい選挙になる »