« 「通名」は奥が深い | トップページ | Sengoku現象再び »

2012年10月19日 (金)

解散前の毒まんじゅう

閣僚の辞任最速記録を更新ましたが、これは民主党の、肉を切らせて骨を断つ戦法です。政策は二の次で自民党に対するネガティブキャンペーンです。してみると解散は近いのではないかという読みも出来ます。

外国人献金問題や暴力団関係者との交際が判明した田中慶秋法相は19日、辞任する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。自民、公明両党は近く召集される臨時国会で参院への問責決議案提出を検討しており、可決は必至。平成24年度予算の裏付けとなる特例公債法案など懸案の処理に影響が出るとみて、野田佳彦首相は田中氏の事実上の更迭に踏み切る。

外国人献金や暴力団関係者との交際で大臣を辞任、というのはよくあることです。

ですがこのタイミングでのことですから、おそらく解散総選挙を睨んだ思惑があります。

丁度、幹事長輿石が自民公明両党に対して大事な話がある、と持ちかけたところでもあります。

ちょっと前のニュースを総合して考えると、

「民主党はスキャンダルに対して自浄能力がある」、「自民党は、外国人献金の石破も、暴力団と写真を撮った安倍も辞めないではないか」

というメッセージです。

騙されてはいけないのですが、政権交代からこの方、多くの閣僚でスキャンダルが発覚してきましたが、民主党閣僚は殆ど辞任しませんでした。

選挙前の最後だけクリーンなところを見せて日本国民を騙そうとしても、、、、、意外と通用しそうです。

民主党は、もはや政策で自民党に勝とうなどとは思っていません。

最近は近隣諸国との外交が上手く行っていません。日本国民は、「外国人から献金を貰っていない自民党なら毅然とした対応をしてくれる」と期待したでしょう。ところが自民党も外国勢力と繋がっていた、と分かって自民党にも失望します。

そんなネガティブキャンペーンです。

にわかに改善するなど、最初から期待してはいけません。逆に、鳩山政権の当初は日経平均も良かったのです。

 

自民党は難しい立場です。

解散権を持っているのはあくまで野田執行部です。

いくら失政を論(あげつら)っても彼等の支持率が下がれば余計解散しなくなります。

解散させるには、毒まんじゅうの3個や4個くらい呷る覚悟が必要です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「通名」は奥が深い | トップページ | Sengoku現象再び »

政治」カテゴリの記事

コメント

橋下さんが弱っている隙に早く解散した方が両党のためだと思うのですが。今日の朝のニュース 橋本さん動き出したって感じしないですか?一般人が見たら橋下さん可哀想!って見えますよね。
コメンテーターが面白いことを言ってました。“この記事を書いた人は(例の差別記事)いつもはこんな文章を書かないんですが?”と。

仕組まれていると思います!(>_<)

投稿: バズ | 2012年10月19日 (金) 14時09分

コメントありがとうございます。

民主党的にも解散の準備は整いつつあると思うのです。
今でなければ両院で壊滅ですから。

投稿: プー | 2012年10月19日 (金) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47507926

この記事へのトラックバック一覧です: 解散前の毒まんじゅう:

« 「通名」は奥が深い | トップページ | Sengoku現象再び »