« 送り出す親の気持ちを思うと複雑 | トップページ | 2013年4月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2012年10月 1日 (月)

溺れる野田が機雷に抱きついた

田中真紀子入閣とは驚きです。いくつかの意味があるのでしょうが、失言ばかりで中身のない人物を抱え込むのは危険極まりないと思います。自爆的な解散が起こるのではないかと期待します。

野田佳彦首相は10月1日、3回目の内閣改造を行う。文部科学相に田中真紀子元外相を起用することが内定。田中氏は9月の民主党代表選で出馬を期待する声があったが、首相の再選支持に回った。民主党幹事長代行に就いた安住淳財務相の後任に城島光力前国対委員長、政調会長に就いた細野豪志環境相の後任には長浜博行官房副長官を起用。法相兼拉致問題担当相に田中慶秋党副代表、厚生労働相に三井辨雄(わきお)党政調会長代理、国家公安委員長に小平忠正衆院議院運営委員長の起用が内定した。

現政権の最重要課題は崩壊防止です。民主党の看板で選挙しても多くの議員は落選します。かといって民主党から数人離党されたら今すぐ崩壊です。

田中氏のように発言力があり、小沢氏と親和性が高くて離党の危険の大きい人物は、大臣席をあてがって引き留めたいのでしょう。

大臣の肩書きがつけば選挙で見栄えがするし、一生の記念になります。小沢氏に付いていっても実現しそうにない「大臣」。魅力的です。

次の重要課題は対中問題です。

外交は対話と圧力と言います。圧力は掛けてみて思いの外うまくいってそうな感じだけれど、落としどころがありません。

中国にパイプを持つ人物を特使として派遣したいのでしょう。

・・・が、彼女に実務能力があるとは思えません。

そんな人物に限って、相手国で歓迎されるなんてことは普通に有り得ます。

六韜に、相手国の有能な外交官は冷遇せよ。無能な人物がきたら歓待せよ。そうすれば相手は滅びる。という言葉があります。

あとは、文科省と言えば、朝鮮学校無料化でしょう。

彼女は北朝鮮への米支援積極的だったり、拉致被害者を批判してきた人物です。

担当大臣として積極的に推進するでしょう。

いずれにしても良い成果は想像できません。

せめて早期解散の起爆剤になって貰うことを願うばかりです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 送り出す親の気持ちを思うと複雑 | トップページ | 2013年4月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

まったく何がしたい内閣なのか?わかりません。最後の褒美に大臣の名前を上げましょうって感じですよね。一昨日の記者会見は記者の数が異常に少なかったように思いますし、質問した記者がどこぞのお姉ちゃん記者でバカにしているように思えました。笑えました。維新の会の人気が今ひとつのこの時期に選挙をやった方が民主党にとっても得策だと思うのですが?

投稿: バズ | 2012年10月 2日 (火) 14時03分

コメントありがとうございます。

解散を早めることと遅らせること。
野田にとっては一長一短ですが、遅らせるのだからそのメリットを重視したのでしょう。

人権擁護法案の成立を最も危惧します。

投稿: プー | 2012年10月 3日 (水) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47272597

この記事へのトラックバック一覧です: 溺れる野田が機雷に抱きついた:

« 送り出す親の気持ちを思うと複雑 | トップページ | 2013年4月東京ディズニーシーの混雑予想 »