« 2013年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 松原仁も所詮は国士様 »

2012年10月 3日 (水)

そんなに盛らなくても

マスコミの世論調査が不正確なのは公然の秘密ですが、変な盛り方をしたら解散が却って遠のいてしまいます。マスコミは空気を読んで欲しいです。

 野田内閣の支持率は今年7月以来の30%台に回復し、自民党も「総裁選効果」で政党支持率が2009年の野党転落後で最高を記録した。一方、正式発足したばかりの新党「日本維新の会」は、勢いに陰りが見え始めている。ただ、新閣僚や自民党の安倍総裁に厳しい視線も向けられており、今回の調査結果は、各党の衆院解散戦略にも影響を与えそうだ。

 内閣支持率は34%で、前回調査(9月15~17日)の27%から7ポイント上昇し、一定の改造効果が表れた。不支持率は56%(前回63%)。

ただ、新閣僚や民主党役員について個別に聞くと、田中文部科学相の起用を「評価しない」が51%で、「評価する」は35%にとどまった。輿石幹事長の再任を「評価しない」は58%だった。細野政調会長の起用は「評価する」39%と「評価しない」40%が拮抗(きっこう)した。政権浮揚につながるとの期待もあった田中氏の起用に、批判が根強いことが浮き彫りになった。

自民党の新執行部の顔触れに関しては、安倍総裁の選出を「評価しない」53%が、「評価する」40%を上回った。対照的に、石破幹事長の起用を「評価する」は70%を占めた。

 「野田首相と安倍総裁のどちらが首相にふさわしいと思うか」という質問では、安倍総裁44%が、野田首相34%を上回っている。

 政党支持率は、自民が28%(前回21%)に上昇し、2009年9月の野党転落以降、最高となった。民主も18%(同15%)に上昇したが、維新は横ばいの2%(同2%)、無党派層は43%(同51%)だった。自民党は早期解散要求を一段と強める構えだ。

民主・自民ともにご祝儀相場なのでしょう。

民主党で言えば、改造の目玉である田中大臣起用に対する批判が強いのだから支持率が上がることは考えづらいです。

自民党では、安倍氏が国民一般の支持をそんなに得ているとは思えません。現総理の野田や前総裁の谷垣氏よりはマシ、という認識でしょう。前回の失敗に反省してマスコミ対策に力を入れていると考えます。

しかし、政党支持率が上がったからと言って、

自民党は早期解散要求を一段と強める構えだ。

というのは頂けません。

解散して不利なら解散しない、というのは解散権を持つ者の特権です。

マスコミ対策は解散決定後にすべきでした。野田は彼我の支持率差にビビって解散を先送りします。

こうなると野田の能動的解散は難しくなりました。

田中真紀子の爆弾発言による崩壊を待つしか無いのでしょうか。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2013年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 松原仁も所詮は国士様 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47297529

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに盛らなくても:

« 2013年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 松原仁も所詮は国士様 »