« 成長のために避けて通れない壁 | トップページ | 解散前の毒まんじゅう »

2012年10月18日 (木)

「通名」は奥が深い

外国人からの献金は当然法律違反ですが、「通名」という事情で完全に回避するのは難しいです。知らなかったで済まさずに再発防止のための法整備が必要ですが、実際は難しそうです。

自民党の石破茂幹事長が代表を務める政治団体が2006~11年、在日韓国人が代表取締役などに就く鳥取市内の企業3社から計75万円の献金を受けていたことがわかった。

 政治資金規正法は外国人や外国人が主な構成員になっている団体からの献金を禁じており、石破氏側は同法に抵触するとして全額を返金。石破氏の事務所は「代表者は通称に日本人名を使っており、外国人とわからなかった」と釈明している。

振り返れば自民党総裁選で、党員支持の圧倒的だった石破氏は議員票が届かずに敗れました。

もしかしたら、議員達はこの事実を知っていたのかも知れません。

今回の石破氏の話は自民党に打撃です。ただ、その程度問題としては、「在日の方から頂いた」と白状してしまった前原には及ばず、「知らなかった」野田と同程度であり、致命傷ではないでしょう。

さて、在日韓国人からの献金問題では、「通名」という大問題があります。

在日韓国人が日本で生活するのに不都合が生じないように日本風の名前も名乗って良い、ということなのですが、今回の件も含めて不正の温床になっているという指摘があります。

その在日の方が応援したい政治家に通名で献金することは勿論、陥れたい政治家に通名で献金しておいて裏で暴露する、という手も使えてしまいます。また、献金しておいて、バラすぞと強請って自分達に有利な政策を実行させることだって出来ます。

今回のような外国人献金を防ぐには、国籍・本名の確認と違反時の献金側の罰則規定を設けることが必要ですが、既に国政に深く関わってしまっている問題なので強い反発が予想され、改正は難しいでしょう。

我々一般の日本人は何で政治家を判断したら良いか、となりますが、一に実績、二に主張、となるのでしょう。

野田は外国人参政権に反対だったはずなので難しいです。

石破氏は比較的容認的でした。

安倍氏は断固反対ですが、全くクリーンとまでは思っていません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 成長のために避けて通れない壁 | トップページ | 解散前の毒まんじゅう »

政治」カテゴリの記事

コメント

スポンサーあってのものですからね。

しかし、点差以上の活躍はあったと思います。

フランスの福島発言には心を痛めますが、それだけ強豪を追い詰めたのでしょう。

男子サッカーも目が離せないです。

投稿: ティガ | 2012年10月19日 (金) 17時08分

前の記事のコメントが重複してしまいました。

通り名、金さんが金本さんのようなものですね。

そんなに、韓国の名前で不都合が起きる事もないはずなので、

通り名自体をなくしてしまえば、

こういう問題も起きないと思いますが。

日本人が韓国に住む際に通り名を使う話を聞いたことがないですから。

投稿: ティガ | 2012年10月19日 (金) 17時18分

コメントありがとうございます。

>サッカー
日本は色々な分野でコストパフォーマンスが良いですが、やはりお金は必要です。

>通名
昔は必要な制度だったのでしょうが現代では逆差別になっています。
彼等が力を持ってしまったので撤廃も困難です。
どうしたら解決出来るか明確な答えを持ちません・・・

投稿: プー | 2012年10月19日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47494337

この記事へのトラックバック一覧です: 「通名」は奥が深い:

« 成長のために避けて通れない壁 | トップページ | 解散前の毒まんじゅう »