« みんなで協力して内需拡大 | トップページ | 民主党は嘘つきだから »

2012年10月31日 (水)

政権交代こそ最大の景気対策

かつて民主党代表の発したキャッチフレーズが自らにも降りかかってこようとは、彼等は想像したでしょうか。それでも彼等は居座るつもりです。こうなったら、衆参ダブル選挙できっちり決着を付ける腹を括るべきでしょう。

野田佳彦首相は31日午後、衆院本会議での各党代表質問で、8月の自民、公明両党との党首会談で「近いうち」とした衆院解散時期について「経済状況への対応を含め、やるべきことをやり抜き、環境整備を行った上で判断したい」と述べ、解散より経済対策を優先する考えを表明した。首相がこれまで解散の条件としていたのは、赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立など三つ。これに経済対策を追加した形で、野党側が反発しそうだ。

政府は先に総事業費7500億円超の経済対策を発表し、その第2弾を11月末にまとめる方針。第2弾の策定を優先しても11月30日の会期末までの解散は可能だが、年末の予算編成作業を考慮すれば年内の解散・総選挙は困難となる。
 代表質問のトップを切った自民党の安倍晋三総裁は「一刻も早く信を問うことこそ最大の経済対策だ。年内に解散する約束を果たす気持ちがあるか」として臨時国会での解散を要求した。これに対し、首相は解散時期の明示を拒否。公債法案の成立のほか、衆院選の「1票の格差」是正、社会保障制度改革国民会議の設置に触れ、「(これらの)条件が整えばきちっと自分の判断をしていきたい」と述べるにとどめた。 

安倍総裁の代表質問は、自らの所信表明演説のようにも聞こえました。

民主党政権に震災復興を任せたら、無関係の所に多くの予算が振り分けられていました。

素人政権は3年たっても素人のままでした。

そして今、特例公債法案が通らないと地方交付税が届かないぞと地方を人質に取り、ジミンガーを叫んでいます。

昔から予算が通らなければ政権与党の責任と決まっています。

民主党政権の時だけは野党が悪いのでしょうか。

その辺の匙加減はマスコミ次第、なので本当にこの国病んでいます。

民主党としては、選挙に勝つ切り札が無い以上、任期一杯まで居座って歳費などをせしめる腹のようです。

我々日本人も、衆参ダブル選挙で民主党を壊滅させるよう腹を括り、それまで耐えましょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« みんなで協力して内需拡大 | トップページ | 民主党は嘘つきだから »

政治」カテゴリの記事

コメント

寄付のお金で違う所に使われても大問題になるのに、

国のお金でって事で、政治家が震災に無関心なのが見透かされます。

政治家全員、ローテーションで被災地ボランティア3日ずつくらい強制するべきとも思っています。

投稿: ティガ | 2012年11月 8日 (木) 16時08分

コメントありがとうございます。

政治家は政治の仕事を、というのが自分の持論です。
しかし多く届いているであろう陳情に耳を貸さないのは、政治家としての想像力や政策実行力の欠如なので、やはり不適格と考えます。

投稿: プー | 2012年11月 8日 (木) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47666025

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代こそ最大の景気対策:

« みんなで協力して内需拡大 | トップページ | 民主党は嘘つきだから »