« 韓国大統領は日本に経済効果をもたらした | トップページ | 解散延期は人権擁護法案成立のため!! »

2012年9月19日 (水)

当然のことは主張しないと

中国による日本の被害は中国の責任、とは至極当然のことです。相手が従うかは別として、これは言っておかないといけません。その点では、野田の今回の発言は正しいですが、行動でも示していく必要があります。

野田首相は18日夜のTBSの番組で、反日デモによって北京の日本大使館などの窓ガラスが割られた問題について、「日本の企業とか政府の建物とか、在留邦人で被害が出たら、当然、中国が責任を持つのがルールだ」と述べ、日本側の被害に対して中国政府に損害賠償を請求する考えを示した。

 外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長は同日、反日デモによる大使館などの被害と、中国国家海洋局所属の監視船が尖閣諸島周辺の領海内に侵入したことについて、中国大使館の韓志強公使に電話で抗議した。

 首相は同日午後、首相官邸に河相周夫外務次官を呼び、中国の反日デモについて、今週末に再びピークが来るとの報告を受けた。外務省幹部は同日、民主党の会合で、反日デモについて、「ヤマ場を越えたことにはならない。おそらく長引く」との見通しを示した。

どうせ中国は、日本の行動が原因とか、石原都知事が悪いとか、自分勝手なことを言うでしょうが、そもそもは中国が尖閣諸島の領有権を不当に主張したのが始まりです。

今回の暴動の原因には無数の要素があり、何が最も悪いなどと決めることは困難です。

しかし最も大事な事実は、

「中国人が日本人の生命財産に危害を加えた」

ことです。

この点は強く主張しておかなければなりません。

中国の反日デモについて、今週末に再びピークが来る

この暴動が今週末も起こりそうということですから、大変です。

既に何軒ものデパートが破壊されたそうです。

今も残っている現地の企業はどうしましょう?

迅速に撤退するか?

大人しく破壊されるか?

尖閣諸島は中国のものと張り紙して破壊を免れる代わりに日本人から総スカンを食らうか?

悩ましいところですが、経済情勢・反日教育といった要因が収まる気配を見せない以上、損切りが最も賢明な選択と思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 韓国大統領は日本に経済効果をもたらした | トップページ | 解散延期は人権擁護法案成立のため!! »

政治」カテゴリの記事

コメント

デモを整理していた中国警官が暴動者に指をさされなが追い詰められているのをみると文化大革命のワンシーンを思い出させます。

親日とわかればこの人たちは殺しかねませんね。

投稿: バズ | 2012年9月19日 (水) 11時20分

コメントありがとうございます。

自分は天安門事件の一歩手前なのではないか、と思います。
歴史に学ばない国は恐ろしいです。

投稿: プー | 2012年9月19日 (水) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/47129440

この記事へのトラックバック一覧です: 当然のことは主張しないと:

« 韓国大統領は日本に経済効果をもたらした | トップページ | 解散延期は人権擁護法案成立のため!! »