« 民主党が約束を守るなんて思っては | トップページ | 厳しいときこそ纏まらないと »

2012年8月 8日 (水)

小沢先生の高笑いが聞こえる

どうやら、消費税増税阻止・解散総選挙は難しいようです。菅直人だって「近い将来」の退陣を言っていましたが、何だかんだで粘りました。今回もそうなのでしょう。

民主党は8日午前、自民、公明両党と国会内で国対委員長会談を開き、自民党が消費増税法案の参院採決に協力する条件として求めている衆院解散・総選挙の確約について「法案が成立した暁には、近い将来、信を問う」と野田佳彦首相が3党党首会談で言及する案を示した。「必要であれば3党党首会談も考えたい」と同日中の党首会談の開催も申し入れた。自公両党は提案を持ち帰って対応を協議。自民党は提案に難色を示し、再回答するよう求めた。法案の成否を巡り緊迫した状況が続いている。

(中略)

首相にとって「近い将来」の表現は若干踏み込んだ形だ。城島氏は記者団に「ギリギリのところだ」と語った。民主党幹部は「いつ解散するということじゃない」と指摘。藤村修官房長官も8日午前の記者会見で「(具体的な時期や幅を)念頭に置いているわけではなく、これから詰めていく話だ」と語った。連立を組む国民新党の下地幹郎幹事長も記者団に「衆院の任期満了まで約1年という状況からすると、満了も近い将来に入る。解散確約ではない」と話した。

自民党は、解散を目指していますが、どうしたら解散を勝ち取れるか悩んでいるのでしょう。

野田から「確約」を取ったとしてもそれは絶対ではないし。

不信任案に賛成しても、民主党からの造反がなければ成立しない。

消費税増税に加担してしかも不信任案賛成失敗という最悪の結果も予想できる。

悩んでいるうちに消費税増税は成立してしまいそうです。

民主党も、今解散した方が良いと思うのですが。

任期満了でダブル選挙となったら、衆参両院で壊滅することになります。

そうならないためには、今のうちに自民党に政権を取らせて、政権交代後の失政を論(あげつら)って参院選で勝つ、しかないと思うのですが。

自民党を悪に仕立て上げることで自民党を負けさせることは出来ても、それでは民主党に票は戻ってきません。みんなの党他に票が逃げて彼等が勝つだけのことです。

あと1年政権にしがみつくことで、その後全てを失っても良いというのでしょうか?

この件で得をするのは小沢先生でしょう。

消費税増税反対は主張できた。

内閣不信任案も提出できた。

しかし数の力に押し切られてしまった。

次の選挙では、日本のみんな、オラに数の力を!

なんか良い感じです。小鳩政権の実績を思い出さなければ、つい支持したくなります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 民主党が約束を守るなんて思っては | トップページ | 厳しいときこそ纏まらないと »

政治」カテゴリの記事

コメント

“消費税増税反対は主張できた。内閣不信任案も提出できた。”
確かに小沢さんは国民の意見を代弁でき、足りなかったのは数だけでした、という状況に持ち込めたと思います。それにしては国民の感情は冷ややかと感じます。

マスコミうけの悪さが露呈したのか?どうもマスコミは小沢さんに協力的ではなさそうですね。良い悪いは別にして国民の大多数の意見を言っているのに・・・・。

投稿: パズ | 2012年8月 8日 (水) 21時35分

コメントありがとうございます。

自分のような自称国士様とは違って、政治家には、実行力と実績が求められます。

その問題と思います。

投稿: プー | 2012年8月 8日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46623213

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢先生の高笑いが聞こえる:

« 民主党が約束を守るなんて思っては | トップページ | 厳しいときこそ纏まらないと »