« 中国の実情を知るための日本の貿易統計 | トップページ | 元気なうちに方針決定を »

2012年8月23日 (木)

野田さんも大変だな(棒)

話を聞く気が無いなら、会わなければ良いのに。茶番劇を用意したために却って相手を怒らせてしまいました。きっと野田首相の本意ではなかったのでしょう。ちょっと気の毒だけど、同情はしません。

毎週金曜日の夕方から夜、東京・永田町の首相官邸前で脱原発の声を上げている市民の代表11人が22日、官邸に入り、野田佳彦首相に全原発の廃炉などを直談判した。話は平行線をたどり、脱原発行動をまとめる市民団体「首都圏反原発連合」には「主張を十分に伝えられず、不完全燃焼」との不満も。だが、面会後に衆議院第1議員会館であった記者会見では「ここは到達点でなく、通過点」と言葉に力を込めた。

野田は元々大飯原発停止の意思などカケラも無いので(自分はそれで正しいと思いますが)、反原発団体との話し合いなど平行線しか有り得ないことは分かり切っていました。

却って、彼等を怒らせ、また「通過点」などと将来に期待させてしまった分だけ有害です。

それなのに何でそんな話し合いが行われたのだろうと不思議でした。枝野だって前原だって否定していたのに。

しかし、テレビのニュースを見たら、野田の隣に菅直人が映っていました。これで納得です。

こんな茶番劇は、菅がねじ込んだに違いありません。

何と言っても彼は、民主党の新エネルギー政策担当の最高顧問ですから、野田も彼を無碍に出来なかったのです。

何で菅内閣退陣の時に、そんな名誉職に据えたのか不思議ですが、「俺を外したら原発事故の件を洗いざらい喋っちゃうぞ」と脅されたのかも知れません。

こんな「直談判」に付き合わなくてはならない野田はちょっと気の毒ですが、民主党という同じ穴の狢として、同情しません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 中国の実情を知るための日本の貿易統計 | トップページ | 元気なうちに方針決定を »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46797322

この記事へのトラックバック一覧です: 野田さんも大変だな(棒):

» 中長期で脱原発と言いながら再稼働やる気満々っておかしいだろ [オッス!オラ悟空!]
首相 反原発グループと会談 NHK 8月22日  野田総理大臣は、原発に反対する抗議活動を続けている市民グループのメンバーらと総理大臣官邸で会談し、原発の運転再開について、来月、発足させたいとしてい...... [続きを読む]

受信: 2012年8月23日 (木) 19時28分

« 中国の実情を知るための日本の貿易統計 | トップページ | 元気なうちに方針決定を »