« 小沢先生の高笑いが聞こえる | トップページ | 李大統領竹島上陸に、日本の思惑も? »

2012年8月10日 (金)

厳しいときこそ纏まらないと

不信任に賛成したい気持ちはよく分かるのですが、民主主義の世の中では、数の力を失ったら正論も通りません。ここはぐっと堪えて党の方針に従うべきだったと思います。

9日の衆院本会議での新党「国民の生活が第一」など野党6党提出の内閣不信任決議案の採決で、自民党の中川秀直元幹事長や小泉進次郎青年局長ら7人が、党の方針に反して賛成票を投じ、造反した。自民党は採決前に退席する方針を決めて本会議に臨んでいた。
 造反者の扱いについて、谷垣禎一総裁は同日のBS番組で「なかなか処分はしにくい。(党方針に)納得できないのは全く分からないわけではない」と述べ、処分はしない考えを示した。
 ほかに造反したのは、菅義偉組織運動本部長、塩崎恭久元官房長官、河井克行元法務副大臣、柴山昌彦元外務政務官、松浪健太元内閣府政務官。
 中川氏は本会議後、造反の理由について記者団に「多くの国民の皆さんも野田内閣を信用していない。国民の声なき声を考えて行動した」と語った。小泉氏は「民主党政権には任せられないという思いが乗った賛成票だ。これ以外の選択肢はあり得ない」と強調した。
 一方、民主党は、消費増税関連法案の衆院採決で反対した造反組のうち、鳩山由紀夫元首相と川内博史、辻恵、中川治各氏が「体調不良」を理由に本会議を欠席した。鳩山氏らについて、民主党幹部は「体調が理由なので処分は検討しない」としている。 

自分は基本的に民主党を不支持なので、今回の小泉進次郞議員達の不信任案賛成にはエールを送りたい気持ちはあります。

しかし、彼等数人が賛成しても、大勢に影響はありません。

却って、造反を許してしまった自民党に対する国民の不信感だけが残ってしまいます。

「そんなことでは民主党と同じだ」と言われることは避けなくてはいけません。

彼等の行動は残念です。

一方で、鳩山先生の行動には笑えます。

消費税・不信任案絡みの政局では、衆議院で消費税増税に反対してみたり、「消費税研究会」で不信任案に対する民主党内締め付けを図ったりしましたが、最終的に内閣不信任案には「体調不良」を理由に欠席です。

相変わらずブレまくっています。

自民党の中川・小泉議員のように、賛成票を投じるか、何か声明を発表してくれれば、意義のある造反なのですが。

彼の心の中では、自分の作った民主党に対する思いと政局に対するビジョンピジョンで揺れ動き、最後には「足して2で割った」ような行動になったのでしょう。

日本の喜劇にして悲劇は、何時まで続くのでしょう?

そんな日本に付け込む勢力があります。

隣の大統領が竹島訪問だそうです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 小沢先生の高笑いが聞こえる | トップページ | 李大統領竹島上陸に、日本の思惑も? »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46642415

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいときこそ纏まらないと:

« 小沢先生の高笑いが聞こえる | トップページ | 李大統領竹島上陸に、日本の思惑も? »