« 2013年2月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 小沢先生の高笑いが聞こえる »

2012年8月 6日 (月)

民主党が約束を守るなんて思っては

3党合意が重いなら、マニフェストは重くなかったのか。マニフェストを破って平気でいる集団との約束など無意味です。自民党は内閣不信任案に賛成すべきです。

自民党の谷垣禎一総裁は6日午前、消費増税を柱とする税と社会保障の一体改革関連法案の参院採決前に衆院解散・総選挙を確約するよう野田佳彦首相に求める考えを示した。広島市で記者団に「一体改革を成し遂げるためにも、きちんと国民に信を問うて体制を立て直すことが必要だ。そろそろ決断するかしないかというところにきている」と語った。

 自民党は解散の確約がなければ7日にも衆院に内閣不信任決議案、参院に首相問責決議案を提出する構えを見せており、谷垣氏は「そういう議論が極めて強くなってきている」と検討していることを認めた。首相との党首会談に応じる前提として、首相が解散への「覚悟」を示す必要があるとの認識も示した。

 一方、野田首相は6日午前、広島市で記者会見し「(民主、自民、公明の)3党合意は重たい。今国会で成立させることができないなら、大変なことになる。そうならないように順守していくのが基本線だ」と自民党をけん制。解散時期については「しかるべき時に対応したい」と述べるにとどめた。【福岡静哉、阿部亮介】

「しかるべき時に対応したい」

なんて言うのは、解散の確約とは到底言えません。

菅の時もそうでしたが、のらりくらり躱すつもりに違いありません。

不信任案を可決して、解散に追い込まなくてはいけません。

そうは言っても難しいのは、不信任案を可決に持って行くには数の上で民主党内の造反が必要で、先日のニュースでは鳩山元首相が引き締めに動いていること、小沢会派が何だかんだ言って不信任に反対するかも知れないこととか、先行きは不透明です。

そう考えると、不信任案可決の道筋は容易ではない、と言えます。

自民党としては、折角不信任案に賛成しても不成立となれば、「消費税増税に加担」と「政局のために裏切った」という二重の汚名を着せられることになります。

そうすると結局、口だけ不信任で終わるような気もします。

世の中、今はオリンピックで沸き返っていますが、これが終わってみんなが冷静になったとき、大事な政治がどうなっているか、結構心配です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2013年2月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 小沢先生の高笑いが聞こえる »

政治」カテゴリの記事

コメント

このまま政権が続いて総選挙に突入すれば民主が消滅してしまう可能性が出てきたんじゃないでしょうかね。正直全滅すると思うんですが・・・。

二大政党が国家安定につながるといっていた時期がウソのようですね。

民主は消滅して責任の所在が分からない状態になり、党の名前を変えた小政党が多数あらわれ、何食わぬ顔で野党に成りすまし、できもしない反対を唱えるんでしょうね。

自公・保守が消費税増税の責任を取り、景気を良くする(デフレ脱却)ことが現実的なのかと思いつつあります。

投稿: パズ | 2012年8月 7日 (火) 23時26分

コメントありがとうございます。

仰る通りと思います。

民主党の立場で考えたら、消滅しないためには今解散、と思うのですが、彼等は違うのでしょうか。

投稿: プー | 2012年8月 8日 (水) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46598855

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党が約束を守るなんて思っては:

« 2013年2月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 小沢先生の高笑いが聞こえる »