« 自分も危うく騙されそうになった | トップページ | プレミアリーグで一層の飛躍を »

2012年8月29日 (水)

民主党に道理を求める方が無理なので

彼等民主党にとって、約束とは破るためにあるものなのでしょう。ただ、問責決議案は、絶好の口実を与えることになってしまいました。いずれにしても解散は、彼等に最も有利と思えるタイミングで行う、というのは間違いありません。

民主党の前原誠司政調会長は28日の記者会見で、自民、公明両党が野田佳彦首相の問責決議案を提出したことについて「(8日の)3党党首会談(の内容)を破棄することになる。自公が首相から引き出した『近いうち』の解散も白紙に戻る」と述べ、3党首による衆院解散に関する3党合意は無効になったとの認識を示した。
 前原氏は「3党首会談の後、大きな変化がない状況で問責を出すことは極めて理解に苦しむ。これ以上の党利党略はない」と自公を批判した。 

まあ確かに、前川の

「3党首会談の後、大きな変化がない状況で問責を出すことは極めて理解に苦しむ。これ以上の党利党略はない」

これ自体は正論だと思うのですが。

しかし、

党利党略

と言ってしまえば、首相が消費税増税後に国民の信を問うとか言っていたのも反故にするので、民主党も十二分に党利党略です。

前山よ、お前が言うな、という話です。

それにしても、そうなると民主党は何時解散するのでしょう。

来年夏まで引っ張るのは、ダブル選挙で衆参両院壊滅が見えているので避けると思うのですが。

彼等の好きな韓国の事情で考えると、

間近に迫る危機は民主党政権で乗り切ろう。

かもしれません。

日韓通貨スワップ協定は、今年の10月末で期限切れです。その時点までは民主党に政権に居て貰って、協定延長を図りたいです。

それよりも前に、韓国は9月に大量の国債の償還期限が迫っています。安住が韓国債購入凍結とか言っていますが、おそらくいざとなったら購入するでしょう。

そんな目先を乗り切る代償に、韓国も前園さんも来年には破滅を迎えるのですが。

今を乗り切らなければ来年も無いと言われればその通りですが・・・

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 自分も危うく騙されそうになった | トップページ | プレミアリーグで一層の飛躍を »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46862404

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党に道理を求める方が無理なので:

« 自分も危うく騙されそうになった | トップページ | プレミアリーグで一層の飛躍を »