« これが! 私たちが体を張って貢献した韓国民の正体か! | トップページ | 自分も危うく騙されそうになった »

2012年8月27日 (月)

下手に出てはいけない相手

韓国が国際司法裁判所への共同提訴を拒否することは、容易に予想できました。これに対して日本は、冷静に通貨スワップ協定破棄と韓国再売却を行えば良いのです。これらに進展が無いから、韓国はつけあがるのです。

【ソウル澤田克己】聯合ニュースは26日、日本政府が竹島の領有権問題について国際司法裁判所(ICJ)に共同提訴するよう韓国に提案したことに対し、韓国政府が、早ければ今週初めにも提案を拒否する「口上書」を日本側に渡すと報じた。

 口上書は「韓国領である独島(竹島の韓国名)は紛争地域ではない」との理由で拒否する内容という。

 日本政府が21日に共同提訴を求める口上書を韓国側に送ったことへの返信となる。聯合ニュースは、野田佳彦首相が24日の記者会見で新たな追加措置に言及しなかったことなどを根拠に、韓国側には、口上書交換を通じて関係悪化の悪循環に落ち着きが戻ることを期待する雰囲気もあると伝えた。

韓国側の拒否は、完全に想定内です。しかし、

野田佳彦首相が24日の記者会見で新たな追加措置に言及しなかったことなどを根拠に、韓国側には、口上書交換を通じて関係悪化の悪循環に落ち着きが戻ることを期待する雰囲気もある

これがマズイです。

今回の大統領竹島上陸の件で日本が怒っていることに、韓国は驚いたそうです。

しかし、日本が冷静になった様子を見せた途端に再び今回の挑発行為です。

すなわち韓国には、朝日新聞などの主張する「冷静な対話」は通用しないのです。

いや、冷静でも良いのだけれど、相手の首根っこを掴むような対応をしないとつけあがるのです。

野田政権にそれが出来るのかは、かなり疑問ですが、我々日本国民がプレッシャーを掛け続ける必要があります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« これが! 私たちが体を張って貢献した韓国民の正体か! | トップページ | 自分も危うく騙されそうになった »

政治」カテゴリの記事

コメント

韓国のここまでの強気さには、日本を舐めてる事が見えますね。

謝罪を早々にすればもっと穏やかに収まりそうなのに、

弱気になると領土を取られるという意識か、

国民に顔向けできないからなのか、

国同士では素直にごめんと言えないんですね。

投稿: ティガ | 2012年8月30日 (木) 18時14分

コメントありがとうございます。

韓国の経済的な追い詰められようは半端ないです。
唯一対日外交だけが得点を稼げる場面なのでしょう。

だからといって向こうの都合を聞いてあげる義理などない筈ですが。

投稿: プー | 2012年8月30日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46840106

この記事へのトラックバック一覧です: 下手に出てはいけない相手:

« これが! 私たちが体を張って貢献した韓国民の正体か! | トップページ | 自分も危うく騙されそうになった »