« 現実的な原発再稼働を | トップページ | 欧州問題はこれから、という予告 »

2012年7月 5日 (木)

鳩山先生も最後のご奉公

小沢先生以上にオワコン感の強い鳩山先生ですが、最後に一花咲かせて民主党の掉尾を飾って欲しいです。彼によって命を得た民主党は、彼によって終焉を迎えるのです。一大喜劇と言っても良いですが、付き合わされた日本国民には大迷惑でした。

消費増税関連法案の衆院採決で造反したものの、民主党に残った鳩山由紀夫元首相らは5日、衆院議員会館で勉強会「消費税研究会」を開き、増税法案の成立阻止を目指すことで一致した。残留組の間では執行部の処分方針への反発から、野党が野田内閣不信任決議案を提出した場合、賛成も辞さないとする意見が浮上。まとまって同調すれば可決できるだけの勢力を保持しており、終盤国会に向けて政権の火種となりそうだ。
 勉強会には、党員資格停止6カ月の処分を受ける鳩山氏と、資格停止2カ月となる14人を含む民主党所属の衆院議員23人と参院議員1人が出席。今後、週3回の定例会を開くことを決めた。鳩山氏に近い川内博史氏は勉強会で「私たちの志まで処分することはできない」と述べ、野田佳彦首相の増税方針を厳しく批判。自民、公明両党との3党合意により衆院で修正された関連法案を、参院で再修正すべきだとの意見も出た。 

鳩山先生には、次回当選の目は無いでしょう。

民主党からは党員資格停止を喰らい、次の総選挙では公認が得られない可能性大です。自民党は堀井学(現:北海道議)を刺客として立てる予定です。

境遇は小沢先生と似たり寄ったりですが、小沢先生のような手腕を持ち合わせない分、終わりがより近い存在です。

鳩山先生は、そのような評価を受けるに相応しい仕事をしてきました。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-14bd.html

・普天間基地問題は期待だけさせて元の案に。

・口蹄疫問題では副大臣の個人的利益のために宮崎県民を苦しめている。

・国民のための政治と言いながら外国人参政権に執心。

・民主党独裁のために国家公務員法を改悪。

・子ども手当は外国人に垂れ流し。

・公共事業の削減は9兆円のはずが1兆にも届かず。

・赤字国債を削減するはずが過去最大額に。

・クリーンな政治をするはずが、脱税と違法献金が噴出。

・公務員の人件費削減は出来なかった。

首相在任中にこれだけの仕事をしてきましたが、首相辞任後も頑張って下さいました。

・総理大臣辞任後は引退を表明していたが取り消し。

・韓国民団の新年会で外国人参政権の推進を明言。

・菅内閣不信任案で、菅に丸め込まれて反対票。

・イランに訪問し、国際原子力機関の二重基準を指摘したと言われて否定。

数々の実績により味方が次々と去り、もはや「火種」というより「種火」でしかない存在ですが、最後に一仕事してほしいです。

すなわち、消費税増税法案を廃案に追い込むこと。

小沢先生と違って打算や権謀の無い鳩山先生にこそ、期待出来るかも知れません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 現実的な原発再稼働を | トップページ | 欧州問題はこれから、という予告 »

政治」カテゴリの記事

コメント

“もはや「火種」というより「種火」”うまいですね。

株価が急激に9千円台回復と市場が健全化してますが、原発再稼働が関係しているのか?それとも総選挙が確実視されたのか?どちらなんですかね?

鳩山さんのイラン訪問はビックリしました。暗殺されるんじゃないかと思いました。
最後に鳩山家の財力をもって民主党を切り崩して欲しいもんです。

投稿: バズ | 2012年7月 6日 (金) 11時00分

コメントありがとうございます。

日経は、欧州問題に明るい兆しが出たという外部要因でしょう。木金の2日間でその流れが切れたように思えます。

鳩山氏は、暗殺されないことが保証されている何らかの特権階級なんだと思います。

投稿: プー | 2012年7月 7日 (土) 11時33分

なるほど。特権階級というとあれですかね?

投稿: バズ | 2012年7月 7日 (土) 14時30分

そう、あれです。

おっと、誰か来たようだ

投稿: プー | 2012年7月 7日 (土) 22時42分

宇宙人として婦人と共にもてはやされましたが、期待外れ。

種火となってしまい批判の中心にいながらも、

独自の道をつらぬかれていますね。

ストレス耐性は、群を抜いている気がしますので非常に残念です。

投稿: ティガ | 2012年7月 9日 (月) 16時41分

コメントありがとうございます。

あの面の皮の厚さだけは尊敬します。
「あれ」にも関連するのでしょうが。

投稿: プー | 2012年7月 9日 (月) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46209119

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山先生も最後のご奉公:

« 現実的な原発再稼働を | トップページ | 欧州問題はこれから、という予告 »