« どんな名所も混雑しては・・・ | トップページ | 安易だが現実的な落としどころ »

2012年7月18日 (水)

橋下市長の変化にも違和感だが

脱原発から急転換した橋下市長に違和感を覚えますが、今回の話は間違ってはいないと思います。プロを外したエネルギー戦略など、日本がポルポトかジンバブエを目指すのかと言う話です。

エネルギー戦略の策定に向け実施している意見聴取会で、政府が電力会社関係者の発言を認めない方針を決定したことについて、大阪市の橋下徹市長は18日、報道陣に対し「電力会社の意見も一つの意見。公正な手続きで選ばれたなら、どういう意見だったとしても聞かないといけない」と述べ、多様な意見を封じる政府の対応を批判した。

 橋下市長は、聴取会は政府の意思決定の場ではないと強調し、「幅広く意見を聞く場で(電力会社関係者の)意見を聞かないというのは違和感を覚える。特定の意見だけ排除すると、偏った意見しか聴取できなくなる」と指摘。発言者が選ばれた経緯について公表すべきと主張した。

 意見聴取会をめぐっては、15、16両日に仙台市と名古屋市で開かれた会合に電力会社の社員らが発言者として出席。参加者から「やらせではないか」といった批判が起きたことを受け、野田佳彦首相が電力会社関係者からの意見表明を断るよう指示した。

脱原発デモの中で原発推進を叫んだら追い出されるでしょうが。

この意見聴取会の趣旨が、「エネルギー戦略の策定」なのだから、プロを外して成立するはずがありません。

これに迎合する野田もダメです。

こんな人々がいるかと思うと、日本の将来が心配です。

自民党に政権交代すれば、政策遂行能力は今よりマシになるのでしょうが、プロ市民の活動は今よりも遥かに強烈になるでしょうから。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« どんな名所も混雑しては・・・ | トップページ | 安易だが現実的な落としどころ »

政治」カテゴリの記事

コメント

原発を反対するのが、善の風潮がまだ有りますね。

エネルギー問題は日本の開発がおくれているから居た仕方ないので法人から韓国のソーラーパネルでも付けるべきかなと思っています。

投稿: ティガ | 2012年7月23日 (月) 15時48分

コメントありがとうございます。

韓国産ソーラーパネルでは、彼等の狙い通りです。

投稿: プー | 2012年7月23日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/46372994

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長の変化にも違和感だが:

« どんな名所も混雑しては・・・ | トップページ | 安易だが現実的な落としどころ »