« 2012年12月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 原油安時代の到来 »

2012年6月 5日 (火)

人材を生かすも殺すもトップ次第

驚きの人事でした。自分はこの人事自体は良い話と思います。大事なのは、彼の提言を首相が聞いてくれるかどうか。或いは、この人事が何を目的としているか、ということを深読みする必要があるでしょう。

野田首相は4日の内閣改造で、防衛相に民間人の森本敏拓大教授を起用した。

 過去2代の防衛相が知識不足などで混乱を招いたことから、安全保障の専門家に託した形だ。ただ、国防の責任を民間人に負わせることを懸念する声もあるほか、国会対応をめぐる課題も指摘されている。

(中略)

野党からは、自衛隊の文民統制に関連し「政治家でない以上、軍事的な出来事に政治的責任はとれない」(自民党の石破茂元防衛相)などと批判が出ている。これに対し、野田首相は4日、森本氏を防衛相に任命した際、「自衛隊の最高指揮官は首相(なので)、指揮監督権はきちっとしている」と森本氏に伝え、問題はないとの考えを示した。

野党も言いたいことはあるでしょうが、首相が折角、

「自衛隊の最高指揮官は首相(なので)、指揮監督権はきちっとしている」

と言っているのだから、この際追及はしないのが良いでしょう。

謎なのはこの人選です。

民主党内でも、長島昭久や渡辺周のように、安全保障に通じた議員もいます。それを無視して民間(?)からの抜擢というのは、どんな意図があるのでしょう。

 

森本氏は過去に麻生内閣を手伝ったことがあるので、自民党と良好な関係を作ろうという意図は、あるでしょう。

これはもちろん、消費税増税の成立を見越した動きです。

もう一つ、民主党内から大臣を出すことの問題点は、と考えると、普天間基地問題ではないでしょうか。

民主党議員は、オーナーである鳩山由紀夫に逆らえません。折角、鳩山が辺野古移設を潰してくれたのに、手下が成し遂げてしまっては、オーナーの面子が丸つぶれですから。

アメリカから、どうしても普天間問題を解決しろという指令が来て、やむなくこの人選、というのが本当のところな気がします。

いずれにしても、民主党内閣は、劇薬を内に取り込んだことになります。

上手く使えれば現実的な安全保障政策が実行出来ます。不和を起こすようだと党内からの批判で内閣が倒れます。

しばらく今後の推移を見届けたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2012年12月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 原油安時代の到来 »

政治」カテゴリの記事

コメント

“月とスッポン”ってこのことだと痛感します。前防衛相のバカ丸出しっぷりを思うと、こんな素晴らしい人材をこの時期に?と思うんですが、解散までの数ヶ月間 、天災・領土、領空、領海問題に自衛隊が当たり前に動いてくれるというは、私個人としては安心感を持てます。
消費税導入を睨んでのことなんでしょうが、どうして今導入するのにこだわるのだか分かりません。何か大局的に意味があるんでしょうか。経済の教科書通りにやってほしいもんです。


投稿: バズ | 2012年6月 5日 (火) 20時57分

コメントありがとうございます。

ちょっと、民主党の意図を測りかねているところです。

消費税増税が現状に合わないことは大いに同意ですが、自民党に政権交代してから紛糾するよりは良いと思って、見守っています。

投稿: プー | 2012年6月 5日 (火) 21時21分

なるほど。自民党に政権をがいくという確証もありませんしね。

投稿: バズ | 2012年6月 6日 (水) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45538494

この記事へのトラックバック一覧です: 人材を生かすも殺すもトップ次第:

« 2012年12月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 原油安時代の到来 »