« 人材を生かすも殺すもトップ次第 | トップページ | 豪州戦は惨敗の悪寒 »

2012年6月 7日 (木)

原油安時代の到来

日本は原発事故以来、高い燃料価格に悩まされてきましたが、ようやく改善の兆しが見えてきました。放っておいても燃料は下がるでしょうが、将来のために調達先を確保して行くのは良いことでしょう。

相次ぐ原子力発電所の停止で、火力発電所の稼働が増えた昨年、日本のLNG(液化天然ガス)の輸入量は前年比18%増の8318万トンと過去最高となり、31年ぶりの貿易赤字に陥る一因となった。

 大幅な輸入増となったLNGだが、併せて浮き彫りになったのが、価格の問題だ。実は、日本は世界のLNG輸入の3分の1を占める最大の輸入国。にもかかわらず、米国など、他の地域よりも高い価格で調達している。日本が輸入するLNGの価格は100万BTU(英国熱量単位)当たり約16ドル(5月時点)で米国のガス価格(同約2ドル)の実に約8倍である。

(中略)

 LNGは、古くからの商習慣で、原油価格と連動した長期契約が主流となっている。

(中略)

 そんな中、割高な日本の価格に一石を投じる動きが出てきた。東京ガスと住友商事は今年4月、米国でLNGを生産するドミニオン社と液化加工契約を締結し、年間230万トンのLNGを輸出する方向で動き始めた。

 注目すべきは、安価な米国国内のガス価格での輸出を“宣言”している点だ。

(中略)

 もっとも、東ガス・住商の動きは、すぐに価格破壊を引き起こすものではない。

 米国は2010年秋に天然ガスの輸出を実質“解禁”しているが、原則FTA(自由貿易協定)締結国向けに限られており、現在、非締結国への輸出が認められているLNGプロジェクトは、1件のみ。今後、非締結国への輸出が実現するのは、現在申請されている7カ所のうちの、数カ所にとどまるとの見方が強く、輸出時期は全く不透明だ。

何よりも、産油国や石油もっとも、東ガス・住メジャーといった既存の売り手が、価格決定方法の変更を容易には許さないだろう。だが今年1月、韓国ガス公社が、年間350万トンの米国産LNGを、米ガス価格連動で購入する契約を締結するなど、状況は徐々に変わりつつある。

(以下略)

日本は原発が動かないので、火力発電で電力を賄わなくてはいけませんが、そんな弱みを握られて、原油も天然ガスも高値で買わされていました。

日本人が苦しんでいる間、アラブのオイルマネーは欧州サッカーをオモチャにするくらい羽振りが良かったわけです。

それが最近は、欧州経済危機で投機マネーが収縮し、原油が下がってきました。既にガソリンスタンドでそれを確認出来る状況になっていますが、この先さらに暴落すると予想します。

欧州経済危機はギリシャに続いてスペインも銀行破綻が見えてきました。世界中の物作りが停滞するでしょう。日本は原発を一部ながら再開します。

さらに、安い液化天然ガス(LNG)が世界中に出回れば、燃料として競合する原油は暴落を免れません。

我々にとっては有り難いことですが、原油で儲けてきた人達には面白くありません。

アメリカがLNGの輸出を渋っているのも、そういう勢力の意向が働いているのでしょう。

そうは言っても将来の需給を考えると下がることは避けられない・・・

アメリカはそう思って、LNG輸出解禁を(政治的価値があるうちに)、日本の普天間基地問題とバーターで決着させようとしているのではないか? と深読みしてみます。

日本はここで粘れば、LNG輸入解禁をタダで得られると思いますが、多分そんな交渉上手は現政権にはいないでしょう。

ついでに原油価格の底値も深読みして・・・

リーマンショック前後が147(ドル)→30で1/5だから、今回は115→23ドルと予想しますがどうでしょう!?

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 人材を生かすも殺すもトップ次第 | トップページ | 豪州戦は惨敗の悪寒 »

経済」カテゴリの記事

コメント

勉強になりました。液化ガスですねこれからは!私もそう思います。効率が良い発電システムがあると聞きます。
原油価格が下がっていますが、産油国の生産調整はあり得るんですかね?

オイルマネーの逃げ場が日本なのかも気になりますね。

世界のマネーの逃げ場が日本になってしまうから、わざと政府はデフレを装っているのでしょうかね?

妄想ですが。

投稿: バズ | 2012年6月 7日 (木) 22時40分

コメントありがとうございます。

産油国の生産調整は起こるでしょうが、あまり効果は無いと思っています。

世界中何処も爆弾を抱えているけど、日本はその中で随分マシな方ですので、逃避先になります。
日本のデフレは色々な勢力の思惑があるので難しいですが、現状では逆らっても厳しいです。

世界の危機の時に初めて、円を大量に刷る許可を得られるでしょう。

投稿: プー | 2012年6月 7日 (木) 22時57分

燃料問題が解決する事で、経済活動が活性化するサイクルが生まれるといいですね。

ハイブリッド車も増えて、燃料も安くなって、遠出をする材料が増えたんで地方が活性化すると(特に東北)日本全体が良くなりますね。

投稿: ティガ | 2012年6月14日 (木) 14時15分

コメントありがとうございます。

今までは燃料の分だけ産油国などにお金を吸い取られていましたが、これからは我々の間でお金を回すことが出来ます。

投稿: プー | 2012年6月14日 (木) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45564462

この記事へのトラックバック一覧です: 原油安時代の到来:

« 人材を生かすも殺すもトップ次第 | トップページ | 豪州戦は惨敗の悪寒 »