« 動かないときはそんなもの | トップページ | 原油による搾取の構図が一変する »

2012年6月14日 (木)

今からやると言っても茨の道

欧州問題解決には確かに正論ですが、今やれと言われても厳しいでしょう。もっと経済状況の良いときにやっておけば、と思うのですが、消費税と同じで、良いときには必要性を感じないのが世の常です。

草案は「EMU(経済通貨同盟)を一歩進める必要があることが、最近の状況によって示されている」と指摘。「新たな段階は、より深い政策統合と協調の上に築かれる。ユーロ圏のガバナンス向上を伴う、より強力な銀行・財政統合に向け、より具体的な措置が必要」としている。

元々、欧州の通貨・金融統合・財政独立というのは無理がありました。

景気が悪くなった国は、金融緩和で金回りを良くし、通貨切り下げで輸出の活発化と他国からの投資で景気を回復する、というのが経済の原則です。

それが統一の通貨・金融政策により出来ないのが、ギリシャ問題の本質の一つです。

やはり、中途半端ではいけません。

通貨を統合したら財政も一国の如く統合しなくてはいけません。

日本が好例です。

日本国内では当然、財政は一体です。

産業の乏しい地域には原発や米軍基地があり、その負担の見返りとして国から予算が下り、それで地域経済が成り立つのです。

その予算が地域の自立を阻んでいるとも言われますが、そんな悪条件から独自の産業を興して都会に負けない収益構造を作るのは至難の業です。

ギリシャにも(核廃棄物処理場とかNATO基地とか)なにがしかの負担をして貰って、その見返りにお金を落としてあげれば、そこそこ納得いく形で救済出来ると思います。

しかし今となっては無理筋です。

ギリシャは既に破綻して借金も返せない状況です。

そんな国を援助しようという国がありません。

もっと景気の良かった頃なら、経済統合しても良い、とみんな思ったでしょう。

尤もそんな時期は、自分の権限を維持したいので話が進まない、というのが、世の中の難しいところです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 動かないときはそんなもの | トップページ | 原油による搾取の構図が一変する »

経済」カテゴリの記事

コメント

ドイツ封じのEU、マルク封じのユーロ。封じたつもりがドイツが大儲け。ギリシャはユーロの高・安の調整弁に過ぎないと思っています。財政統合はこれだけ同じ経済圏で貧富の差が出てしまうとできないでしょうね。おっしゃる通り今となっては無理ですね。景気が少しでも良くて、ギリシャの借金が隠れている時にやればよかったんですよ。
ギリシャの討論番組で極右政党の男性が他党の女性をひっぱたくシーンがありましたが、こりゃこんな政党がキャスティングボードを握ったらと考えると寒気がしますね。

話が変わりますがサッカー プー先生の予想外れていませんでしたね。下手したらタコ殴りで終わったかもしれませんね。やっぱり本田様様ですね。

投稿: バズ | 2012年6月14日 (木) 19時23分

コメントありがとうございます。

欧州におけるドイツは、極東における日本と立場が似ていますね。
現在苦しい日本も、大逆転の切り札はあります。タイミングを間違うと役に立ちませんが。

サッカーは、危なかったと思います。本田を中心に
、良く持ちこたえたと賞賛します。

投稿: プー | 2012年6月14日 (木) 20時30分

確かに、通貨を統一したことのよる通貨の関与が出来ないのは、大きな問題ですね。

ギリシャが借金にまみれる前に、ユーロ内での交渉をしっかりするべきだったのでしょうね。

投稿: ティガ | 2012年6月21日 (木) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45652000

この記事へのトラックバック一覧です: 今からやると言っても茨の道:

« 動かないときはそんなもの | トップページ | 原油による搾取の構図が一変する »