« 5周年記念 | トップページ | 残留でも離党でもなかった »

2012年6月27日 (水)

支持基盤と浮動票どちらを取るか

小沢氏欠席の予想は外れてしまいました。彼の勇気または票読みに敬意を表します。そして離党を匂わせていますがどうでしょう? 残留と離党のどちらにメリットが大きいかで判断することになるのでしょうが。

消費税率引き上げ法案は、26日、衆議院本会議で可決され参議院に送られましたが、民主党からは小沢元代表ら57人が反対し、事実上の分裂状態に入りました。
小沢氏は消費税率の引き上げを目指す、野田政権とは相容れないとして、みずからに近い議員とともに離党する方向で、近く最終的に判断するものとみられます。

重ねて言いますが、本気で消費税増税に反対するのだったら、参議院で成立するまでに不信任決議です。

自民・公明は、野田との解散の密約がありそうですが空手形になる恐れもあるので、不信任案が出れば乗るでしょう。

それをせずに新党立ち上げして選挙、ならば、消費税を政局にした、と言わざるを得ません。

小沢氏が新党を立ち上げるか残留するかは、ひとえに選挙で有利か不利かという点に尽きます。

新党を立ち上げたら、消費税に反対する浮動票を得られるでしょう。逆に、組織票は民主党から持って来れません。

小沢氏について行く子分達にとっては死活問題です。ですが、元々選挙基盤の無い人達にとっては、民主党に残留しても落選は確実で、小沢氏が上手に浮動票を攫ってくれることに期待するしかありません。

この際、現執行部がマスコミを使って小沢氏のネガティブキャンペーンを張るのではないかと予想してみます。

週刊誌の記事も出たことですから。

それで引っ込んでしまうようなら、またしても壮大な茶番か、と落胆してしまいそうです。

 

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 5周年記念 | トップページ | 残留でも離党でもなかった »

経済」カテゴリの記事

コメント

良いか悪いかは置いておいて、これだけの影響を与える人なので、利権だけでなく、日本国民のために動いて欲しいです。

今は法人税の引き下げで、消費税の増税幅を削るような案が欲しいと思います。

投稿: ティガ | 2012年6月27日 (水) 15時10分

コメントありがとうございます。

考えとしては良いですが、それをする「動機」が彼等にはありません。
我々庶民有権者は、政治家の実績をしっかり精査して、「再選」で報いる形しか無いと考えています。

投稿: プー | 2012年6月27日 (水) 21時02分

所得税は上がり 市民税が上がり 東電は値上げで何もかもですね。財務省の既得権が増えて、なんだか前より(民主党政権前)悪くなってくる感じがします。

おっしゃる通り総選挙での精査ですね。


投稿: バズ | 2012年6月27日 (水) 21時55分

コメントありがとうございます。

悪くなるべきところは確実に悪くなり、良くなるはずのところが手つかず、というのが政権交代後の変化でしょう。

投稿: プー | 2012年6月28日 (木) 08時58分

小沢 離党 参議院 で プログ検索中です。
小沢グループが 民主党を 離党すると 民主党は どうなるのかなぁ?解散総選挙かなぁ?票割れして 自公になるのかなぁ?
参議院は いつあるのかなぁ?小沢さんと輿石さんの会談後かなぁ?
消費税増税したら 私の生活は どうなるかなぁ?政治研究会(名前検討中
時どき わずかばかりだけど、震災 盲導犬の募金を コンビニなどで しています。(1回5円以下だけど・・・)
牛歩より 離党騒動~分裂騒動~民主政権の~

投稿: 村石太&沖田総司 | 2012年6月29日 (金) 14時22分

コメントありがとうございます。

解散総選挙となれば、少なくとも現民主党は大敗ですね。だからこそ解散はしない、という気がしてきました。
消費税増税は、その前提となるべき部分(成長戦略、直間比率)を飛ばして決定されるのは実に不本意です。

投稿: プー | 2012年6月29日 (金) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45926161

この記事へのトラックバック一覧です: 支持基盤と浮動票どちらを取るか:

« 5周年記念 | トップページ | 残留でも離党でもなかった »