« 将来を見据えて強気な交渉を | トップページ | 支持基盤と浮動票どちらを取るか »

2012年6月25日 (月)

5周年記念

2007年6月24日に最初のエントリーをアップしてから5年が経ちました。

以来、リーマンショック、政権交代、口蹄疫、東日本大震災と、数々の災厄が起こりました。

自分のエントリーも、当初は東京ディズニーリゾートと為替が主体でしたが、政治・経済にも進出していきました。

ブログを書くには勉強や情報収集が必要で、必然的に多くの知識を得ました。しかしまだまだ足りません。

自分が何かについて予想したことは沢山ありますが、当たったこともあれば外れたことも多かったです。

さらに精進して、予想の精度を高めたいと思います。

差し当たって、明日の衆議院では、小沢氏の欠席を予想します。

小沢氏にとっては、「消費税増税に反対したことが今後の選挙に向けての要諦です。

選挙を戦うのに、消費税増税を潰した実績をアピールするより、消費税増税を取り消すために頑張る姿勢の方が支持を集めやすいです。

小沢氏にとっては、今国会で消費税増税が決まってくれた方が良いのです。

本気で潰すのだったら、会期延長に反対すべきでした。審議に入ってしまえば民自公合意で決定は揺るがないのですから。

今後は参議院可決前に内閣不信任を可決させる手は残っていますが、民主党の造反者が少なければ押し切られてしまいます。

造反者の人数はちょっと予想が付きませんが、小沢氏の今までの行動を見ると、基本的には保険を掛ける性格です。

すなわち、負けても致命傷を受けないように本会議を欠席する、と予想します。

現執行部は知ってか知らずか、欠席者は処分しない方針です。

小沢氏が欠席すれば、心の揺れている議員は造反を取りやめるでしょう。

そんなこんなで、明日の衆議院では、民主党内に少数の反対票が出た以外は賛成多数で消費税増税は成立する、と予想します。

もし仮に多数の造反者を出して小沢氏が勢いづいたとしても、自身の選挙のために不信任案は提出しない、ということも予想しておきます。

結局、予想が3つの乱れ撃ちになってしまいました。

自分も心に保険を掛けているのかも知れません。

明日の衆議院はどうなるか。

小沢民はこの先生きのこれるか??

Banner_13_4よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 将来を見据えて強気な交渉を | トップページ | 支持基盤と浮動票どちらを取るか »

政治」カテゴリの記事

コメント

ここまで来てしまうと法案施行までの期間いくらかでも日本経済が持ち直すことを期待するしかありませんね。正直8~10%の消費税は庶民も企業も大打撃でしょね。
総選挙何でしょうけどいつするんですかね?

選挙ですが経済活性を明確にしている党になりますかね?

これから本会議なんですね。

投稿: バズ | 2012年6月26日 (火) 12時04分

コメントありがとうございます。

日本経済持ち直しの鍵は、他力本願ながら欧州危機のクライマックスだと思います。
選挙では、口先よりも実績を重視すべきでしょうね。

投稿: プー | 2012年6月26日 (火) 14時01分

5周年おめでとうございます。

多岐に渡る内容で楽しませていただいております。

私は政治が弱いので、先生のブログにまだまだついて行けませんが。。。

消費税増税に反対はしたけどだめでした。

でも、反対する姿勢は買ってよ。

という事でしょうか?

増税自体に反対するなら、増税幅を減らす案をぶつける方がまだ現実味がある気がします。


投稿: ティガ | 2012年6月27日 (水) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45858975

この記事へのトラックバック一覧です: 5周年記念:

« 将来を見据えて強気な交渉を | トップページ | 支持基盤と浮動票どちらを取るか »