« ずいぶん苦しい妥協 | トップページ | エンタメも鵜飼いの鵜 »

2012年5月11日 (金)

烏合の衆になりはしないか

大阪維新の会、やはり素人だけでは無理と悟ったか、現役政治家の引き抜きに走るようです。維新政治塾出身者だけよりは現実的ですが、統制の取れた政治集団になるかは難しいと思います。

橋下徹・大阪市長が代表を務める大阪維新の会が、次期衆院選に向けた政権公約として6月にもまとめる「維新八策」への賛同や理解を基準に、他党の現職国会議員の擁立を検討していることが分かった。「維新政治塾」による候補者発掘に加えて現職議員の擁立を図り、目標とする「過半数の議席獲得」を実現する狙いだ。国政経験がない維新に、国会議員が加わるメリットもある。

自分は、政治はプロの集団にしか出来ない、と考えているので、「維新政治塾」出身者すなわち素人達では、政治主導は実現出来ないと確信しています。

大阪維新の会が現役国会議員を取り込むのは、その意味では評価するのですが、結果としてどんなメンバーが集まるのかは、強い懐疑を持っています。

「維新八策」

というのが事実上の綱領となるわけですが、これにしっかり賛同出来る人達がどれほどいるのか、疑問です。

「維新八策」は、まだ未完成のようですが、大方、

・大阪都・道州制

・国民総背番号制

・公務員の政治活動規制

・教育は首長が責任

・ベーシックインカム

・脱原発

・資産課税強化

・日米同盟堅持

・憲法改正

このような内容です。

これらにしっかり賛同出来る人達が集まるのか疑問です。よしんば賛同者が多かったとして、面従腹背では無意味です。

思うに、大阪維新の会に合流したい国会議員は、このまま総選挙に突入したら敗北必至の民主党議員が多くを占めるはずです。

単に勢力拡大のために野放図に議員を取り込んだら、それはすなわち第二民主党です。

今の民主党のように、内ゲバに終始し、結局何も決まらなくなることは目に見えています。

進境著しい大阪維新の会を尻目に、現政権が焦って解散しないのは、夏になれば関西が大停電に陥って大阪維新の会が国民の支持を失うことを見込んでいるからではないか、と思っています。

関西電力管区では、大飯原発再稼働がなければ電力供給が不足すると予想されています。頑張って節電すれば乗り切れるのかもしれませんが、それでもギリギリであり、古い火力発電所が故障すれば大停電の危機に陥ります。

これを「工作」として現政権が起こすことだってあると自分は思いますが、最初から十分想定されることには、対策を立てなくてはなりません。

大阪府・市を預かる大阪維新の会としては、脱原発を主張し続けるなら、計画停電などの現実的な対案を示す必要があります。

電力供給の責任は関西電力だ、と反論するかもしれませんが、責任者の足を引っ張った者として糾弾されるのは目に見えています。

大阪維新の会が責任ある政治を行える政党になるかどうか、この夏にかかっています。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« ずいぶん苦しい妥協 | トップページ | エンタメも鵜飼いの鵜 »

政治」カテゴリの記事

コメント

政府も維新の会も両方必死ですね。橋下の対立組織(政府、日教組、東電 等)も胡散臭く、どちらも胡散臭いんでどうしようもないですね。大阪都の事なんですが、うるおぼえでなんですが、都というものは、天皇陛下がお住まいになるところだとおもうんですが、それでも大阪は都になるんですかね?

投稿: バズ | 2012年5月12日 (土) 11時15分

コメントありがとうございます。

現実には、2つの胡散臭い組織のどちらかは支持しないといけないのでしょう。

「都」の意味も微妙ですね。狭義には東京のみ、広義には都市全て。個人的には「首都」以外に無いと思っています。

投稿: プー | 2012年5月12日 (土) 23時24分

なるほど!有難うございます!

投稿: バズ | 2012年5月13日 (日) 00時00分

まだ暑さが本格的でないこの時期に計画停電を試験的に行い、どの位経済に支障を及ぼすか、どの時間をどうまわすして見た方が良さそうなきがします。

投稿: ティガ | 2012年5月17日 (木) 18時04分

コメントありがとうございます。

賛成ですが、ある人から聞いた話では、計画停電程度でも暴動が起こるくらいの地域なんだそうで・・・

投稿: プー | 2012年5月17日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45219841

この記事へのトラックバック一覧です: 烏合の衆になりはしないか:

« ずいぶん苦しい妥協 | トップページ | エンタメも鵜飼いの鵜 »