« 自由がそんなに良いか | トップページ | 切り札はとっておこう »

2012年5月21日 (月)

せっかく橋下市長が折れたのに

橋本市長が現実的な提案を出してきたのは、個人的にも社会としても嬉しい話だ思いますが、政権としてはチャンスと見ているようです。橋下氏を陥れるために無理難題を吹っ掛けたのではないかと勘繰ってしまいます。

藤村修官房長官は21日午前の記者会見で、大阪市の橋下徹市長が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を夏の電力需要のピーク時に限る「期間限定稼働」に言及したことに対し、「需給の厳しさだけを踏まえた、臨時的な稼働を念頭に置いているわけではない」と語り、否定的な見解を示した。企業活動や国民生活への影響を理由として挙げた。

 橋下氏の提案に対し、藤村氏は「これまで電力供給の30%を担ってきた原子力をただちに止めてしまえば、液化天然ガス(LNG)の大量の買い増しによる国民所得の流出、燃料コストの増加による電力料金の引き上げが避けられない」と懸念を表明した。

 再稼働に慎重な橋下氏は19日の関西広域連合の会合で、次善の策として「臨時か1~3カ月の期間限定の動かし方もある」と政府側に提案していた。

自分は元々、当面原発依存・徐々に脱原発の考えです。

しかし、世界の不景気によって原油(≒LNG)価格は下落しています。今後は暴落という事態を予想します。

こと短期的な燃料コストの問題に限れば、この夏だけ原発を使って乗り切れば解決しそうです。

完全な脱原発を果たすには、原発を廃炉に持っていくのに数十年掛かります。無稼働が続けばノウハウやマンパワーが失われて始末も付けられません。しばらくは危険の少ない範囲で稼働して欲しいと思っています。

橋本市長は、苦しい状況だったと推測します。

この夏に大停電が起きれば関西人の怒りを買い、政治生命が終わってしまいます。

それでも脱原発は果たしたい。そこで

「臨時か1~3カ月の期間限定の動かし方もある」

と言い出したわけです。

反原発派としては精一杯の妥協でしょう。経済・生命に大損害を出さないための方策として、自分は評価したいです。

ところが現政権は、それでは満足しません。

短期間の稼働では受け入れられないと、突っぱねました。

橋下氏の弱みに付け込んで、一気に原発恒久稼働を目論んでいるのです。

しかしこれで橋下氏が自棄になってしまうと逆効果です。

落としどころは用意してあるのでしょうか??

色々な人々の思惑により、予想外の結論に至ることがある・・・

政治は本当に難しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 自由がそんなに良いか | トップページ | 切り札はとっておこう »

政治」カテゴリの記事

コメント

落とし所は限定稼働が10年単位になってしまうことかもしれませんね。廃炉に10年かかるとすると、原発がなくなるには、この場合20年以上ってことになるんですね。ドイツの決断の早さはなんなんですかね?


アメリカは天然ガスを売りたがっているようですが、それに乗ってあげたらどうですかね?

投稿: バズ | 2012年5月23日 (水) 01時06分

コメントありがとうございます。

ドイツの2022年というのは、無茶だと言われていますね。

アメリカは燃料を売らない主義と聞いていました。苦しい台所事情でもあるのでしょうか?
燃料値下がりは反原発の追い風ですから、日本政府が止めるかも知れませんね。

投稿: プー | 2012年5月23日 (水) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45349951

この記事へのトラックバック一覧です: せっかく橋下市長が折れたのに:

« 自由がそんなに良いか | トップページ | 切り札はとっておこう »