« 日銀の中の人も大変だな | トップページ | 2012年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2012年5月 1日 (火)

安全にはお金を掛けないと

痛ましい事故でした。亡くなった方々には哀悼の意を表します。一方で、再発を防ぐにはどうしたら良いのか、ということも、ちょっと広い視野で考えてみたいです。

 

今回のツアーを企画した旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)の橋本卓也専務が30日夜、記者会見した。

 今後、長距離夜行バスを運行委託する際には運転手2人を交代で運転させるようバス会社側に求める考えを明らかにした。

 橋本専務は「運転手が1人か2人かは運行会社に任せていた」と説明。運転手の労働環境については「特に(バス会社側からは)聞かされていなかった。委託料の値上げ要求などは把握していない」と述べた。その上で、「バス会社任せだった安全対策を、今後は契約時にきちんと求めたい。料金が上がることもやむを得ない」と話した。

マクロ経済で考えれば、このようなヒューマンエラーは亡国の徴候と言われます。

経済が不況に陥り、安全に対して掛けられる金がなくなって、本来あるべき二重三重の安全対策が一つ一つ減ってしまうために起こります。

その結果、このような大事故が起こって大きな損害が発生、さらにこの国では、過剰な安全対策を要求されて業界が縮小する、ということまで起こります。

この国はデフレが続いて久しいですが、その間、少しでも安く、ということにばかり意識が向いてしまっています。

仕事をする方の人達も、この国には外国に比べて根性のある人が多いので、何とか仕事をこなしてきていました。

日本人の改善・工夫は世界に冠たるものがありますが、そろそろ限界でしょう。戦時中の標語に、「足りぬたりぬは工夫が足りぬ」があったそうですが、結局敗れています。工夫あるいは精神論ではどうにもならないことがあると言うことです。

現代が戦時中と決定的に違う点は、インフラ・設備・労働力といった、生産に必要なものはあまり傷ついていないと言うことです。

これがどう大事なのかというと、戦後はハイパーインフレが起こりましたが、なぜかと言えば、供給が圧倒的に細ったからです。

現代において、デフレ脱却政策によってハイパーインフレを心配する人達がいますが、供給がしっかりしているうちは大丈夫です。

むしろ、デフレが続いていよいよ供給能力が落ちてからデフレ脱却を図ると、それこそ酷いインフレに繋がってしまいます。

先日のエントリーでも述べましたが、政府には、遠くない将来に、万全のデフレ脱却政策を採ってくれることを望みます。

一方で、我々国民の出来ること・やるべきこととしては、「安かろう悪かろう」の原則を思い出してみることです。

高い物が良いとは限りませんが、安い物には必ず問題があるはずです。

その問題が自分にとって許容出来ることなら悪い買い物ではありませんが、その問題が安全対策に関わることだったら、止めておきましょう。

みんながそういう意識を持てば、安全を犠牲にして安く上げる企業は淘汰され、さらにこの国のデフレ克服にも一役買うことになります。

「安全」を、一つの成長産業と考える。

どうでしょうか。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日銀の中の人も大変だな | トップページ | 2012年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

事故はデフレの弊害ですね。
仙台の友人に聞くと東京まで3000円で行けると言ってました。信じられません。日銀がこの間重い腰をあげて金融緩和に踏み切りましたが、どうも今一つのようですね。東北復興、原発からの脱却、新エネルギーへのシフト、高度成長期のインフラの点検整備・再建築といったジャパニーズニューディール政策のチャンスがいくらでもあると思うんですがね?これだけ日銀が本腰を入れないのは何かに警戒している感があると思うんですが?

投稿: バズ | 2012年5月 1日 (火) 23時11分

コメントありがとうございます。

3000円では、安全コストは皆無ですかね・・・?
日銀が恐れているのは、デフレという前例に無い事態への対応でコンセンサスが得られないことでしょうか。

政府を当てにしないで民間レベルで出来ることをやっていきたいと思いますが、如何せん無力ですね。

投稿: プー | 2012年5月 2日 (水) 11時26分

友人には新幹線にしろと言います。

投稿: バズ | 2012年5月 3日 (木) 13時07分

コメントありがとうございます。

新幹線こそ、日本の文明の結晶です。
特にJR東海は、トップが優秀です。

投稿: プー | 2012年5月 3日 (木) 14時53分

私は夜行バスよく利用します。夜出て朝着くので、時間を無駄にせず移動できてしかも安いという理由で利用しています。

以前は、仕事でも利用していました。(東北地方は新幹線からの在来線移動が大変なため)

安いから、安全対策費用はあまりかけれないのかな?と思ってしまいますが、現在夜行バスの料金も実はピンキリです。

同じ日でも東京→大阪 3500円〜9000円程度の開きがあったはずです。

違いは主にシートの広さですが、やはり安いバスから埋まっていました。

これからは、安全対策を売りにするとは思いますが。

安全対策。。。ちなみに営業職のリスクマネージメントでも問題になっておりました。

人を多く雇えない分、1人に負担がかかり、事故を起こしてしまう。

会社はスケジュール管理が出来てないと賞罰委員会にかけ処罰する。

やはり、このような問題の根底は余裕のない経済状況にも起因している気がします。

投稿: ティガ | 2012年5月 7日 (月) 15時03分

コメントありがとうございます。

この国にはまだ(欧米に比べて)、余裕がある方だと思います。
この国の消費マインドが温まれば、たちどころに回復して世界を牛耳ることだって出来るはずです。

そうさせたくない勢力が、日本はもうダメだとか節約しろとか叫んでいるのです。

投稿: プー | 2012年5月 7日 (月) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/45090444

この記事へのトラックバック一覧です: 安全にはお金を掛けないと:

« 日銀の中の人も大変だな | トップページ | 2012年11月東京ディズニーシーの混雑予想 »