« 鳩山は何しに行ったのだ | トップページ | 口だけではダメだ »

2012年4月11日 (水)

消費税よりも遥かに重いもの

亀井外しは確かに「閣議決定」の邪魔だったから。しかし、マスコミは報じませんが、「閣議決定」は、消費税よりも重い決定にこそ使われるのではないかと危惧しています。

国民新党代表の自見庄三郎郵政改革担当相は11日の記者会見で、消費税増税関連法案の賛否について「国民新党の6人が賛成し、私が消費税法案の閣議決定に署名したことは極めて重い。民主党と信頼し合わないと連立政権を組む意味がない」と述べ、採決で賛成に回るよう党内の意見集約を図る考えを示した。

政権交代以降、人権擁護法案や外国人参政権について自分は強い危機感を持って見守ってきていました。

どうやら亀井静香前党首はこれを防ぐ重要な役割を負っていたようです。

政府の法案は、閣議決定、すなわち閣僚全員の賛同があって始めて提出されます。

亀井氏は当初は閣僚そのものとして、退いて後も、自党出身閣僚に対して党首として影響力を行使してきました。

しかし今回、国民新党を追われてしまいました。

その前から、

人権擁護法案の4月20日閣議決定を目指す

というニュースがあったように記憶しています。

最初は通るわけないと高を括っていましたが、どうも不味そうです。

これが通れば、次は外国人参政権です。

政権末期の様相を呈する民主党も、最後に一仕事するのでしょうか?

大変な事態になってきました。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 鳩山は何しに行ったのだ | トップページ | 口だけではダメだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨年からおっしゃっていた法案ですね。言論の自由が崩壊してしまうと国に意見が言えなくなって、独裁政権になってしまいそうです。

投稿: ティガ | 2012年4月11日 (水) 18時01分

コメントありがとうございます。

そんな日には、当ブログも閉鎖になるでしょう。

投稿: プー | 2012年4月12日 (木) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/44842062

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税よりも遥かに重いもの:

« 鳩山は何しに行ったのだ | トップページ | 口だけではダメだ »