« 先物はもう下がっている | トップページ | 医療費滞納は、大問題 »

2012年4月 6日 (金)

本気で止めてくれよ

鳩山由紀夫はイランでどんな話や約束をするのでしょうか。今までの実績を考えると、アメリカとイランと日本を怒らせる結果になると思います。首相も体を張って彼を止めるべきです。

民主党の鳩山元首相が6日から計画しているイラン訪問に、政府内で困惑が広がっている。

 鳩山氏はイランでアフマディネジャド大統領らと会い、核開発問題について意見交換する予定だ。

 鳩山氏は「個人の立場」を強調しているが、核開発を進めるイランに対し、日本は欧米諸国と協調して制裁圧力を強めている。このため、鳩山氏の訪問がイラン側に利用されたり、諸外国から「裏取引をしているのではないか」などの疑いをかけられたりする恐れがあると日本政府は懸念を深めている。

(中略)

 鳩山氏は「議員が外交努力をすることによって国益に資する」と反論するが、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で「最低でも(移設先は)県外」と発言して物議を醸しただけに、外務省には「首相経験者が軽率な言動をすれば日本外交に悪影響を及ぼす」と心配する声が多い。

鳩山は元総理です。誰が何と言おうと、只の一個人ではあり得ません。彼の話には否応なく注目が集まります。

彼には彼なりの正義があるのでしょうが、外交と正義が一致しないのは世界の常識です。

四面楚歌のイランは気の毒かもしれませんが、現代日本はアメリカに逆らっては生きられません。

非常に賢い政治家なら、日米イランの三者に利益の出る結論を引き出すでしょうが、鳩山の普天間問題の実績から考えれば、そのようなハッピーな予想は出来ません。

イランの利益になるような約束をして、国際協調を乱したとアメリカを怒らせ、無駄遣いするなと日本を怒らせ、約束を破ったとイランも怒らせることは目に見えています。

外交は高度な国際社会の戦いです。巧拙は置いておいても、一国が一つの方針で纏まって事に当たらなければ、即刻負けてしまいます。

「元総理」が、私は国の方針に反対だから独自にやる、というのでは、100m走をしていて左足が勝手に動くくらい無様に負けます。添え木で固定した方がまだしも良いタイムが出るでしょう。

政府としても、口だけでなく本気で彼を止めないと日本外交が台無しになってしまう、という危機感を持って欲しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 先物はもう下がっている | トップページ | 医療費滞納は、大問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/44774633

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で止めてくれよ:

« 先物はもう下がっている | トップページ | 医療費滞納は、大問題 »