« 反原発だから何を言っても良いのか | トップページ | 父と娘のコミュニケーションのあり方 »

2012年3月21日 (水)

「有事の金」、自分の考えはちょっと違う

金が値下がりしているとのことです。安全資産が欲しい人達にとってはチャンスかもしれません。だが、ちょっと待って欲しい。まだまだ高値圏にあることは確かです。こんな相場で大きく買うことの無いように気をつけてください。

金相場が3月に入って下落傾向を強めている。欧州債務不安の後退や米国の景気回復期待を背景に、投資マネーが安全資産とされる金から株式などリスク資産に回帰しているため。指標となる米ニューヨークの金先物相場は足元で約2カ月ぶりの安値圏に落ち込んでいる。【浜中慎哉】

(中略)

 金は深刻な不況や戦争、大天災など世界を揺るがす出来事が起きた際、投資マネーの逃避先となることが多く、「有事の金」と言われる。08年のリーマン・ショック後の世界的な不況をきっかけに金が買われ、欧米の経済や金融システム不安が高まるたびに相場水準を切り上げてきた。昨夏にギリシャの財政危機が深刻化し、ポルトガルやスペイン、イタリアなどへの波及が懸念されると、金相場は上昇ピッチを加速。ニューヨーク金先物相場は9月6日には、一時、1オンス=1923ドルを付け、取引時間中の史上最高値を更新した。

(中略)

 元ワールドゴールドカウンシル日本代表の豊島逸夫氏は「従来は金相場が下落すれば、中国やインドなど新興国の買いが入り、下値を支えたが、成長減速で新興国の金需要も停滞している」と指摘。「当面は米金相場は1オンス=1500ドル台まで下がる可能性がある」と予想する。

ここ、ダウトです。

08年のリーマン・ショック後の世界的な不況をきっかけに金が買われ

田中貴金属工業の金価格の推移を見て下さい。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/m-gold.php

リーマンショックの直後(2008年9月頃)には大きく下げています。

その後の値上がりは、世界的な金融緩和でマネーが余って金などの商品に買いが集まったためです。

そして今、

「従来は金相場が下落すれば、中国やインドなど新興国の買いが入り、下値を支えたが、成長減速で新興国の金需要も停滞している」と指摘。

だそうです。これが本当なら、いつか一気に下げることも考えられます。

先日は中国人の旺盛な金買いが報道されましたが、もうお腹一杯なのでしょうか?

「有事の金」。確かに有事には株よりは余程マシです。しかし、多くの大口投資家は、株の損失を埋めるために金も売るのです。

つまり、有事には金も下がるのです。

言い方を換えれば、安全資産にはなり得ない、ということなのです。

では何が安全資産か。今のところは日本円と米ドルです。

そして、いざ有事が起こった時には、株のように会社倒産で紙くずになる資産とは違う、有事に買う金だと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 反原発だから何を言っても良いのか | トップページ | 父と娘のコミュニケーションのあり方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最近は、金を巡っての詐欺が増えている。という話も聞きます。訪問買取、偽金などで…。

現金を持ってても目減りする。株は、どの株を買えばいいか分からない。なら、金にしようという人も多いのかもしれませんね。

投稿: ティガ | 2012年3月21日 (水) 14時39分

コメントありがとうございます。

そう思わせて買い支えさせて、賢い奴等は売り抜ける。
そういう局面だと思っています。

投稿: プー | 2012年3月21日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/44574023

この記事へのトラックバック一覧です: 「有事の金」、自分の考えはちょっと違う:

« 反原発だから何を言っても良いのか | トップページ | 父と娘のコミュニケーションのあり方 »