« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

反対の反対なのだ

消費税を巡って、与党で大荒れです。小沢派と国民新党が造反、と思ったらその中でまた造反、と大混乱です。一体どんな形で落ち着くのか、目が離せません。

民主党の小沢一郎元代表のグループに属する政務三役ら7人が30日午前、国会内で協議し、消費増税法案の閣議決定に抗議して牧義夫副厚生労働相ら数人が辞任することを確認した。

(中略)

 グループ内には慎重論もある。奥村展三副文科相は30日午前、国会内で小沢元代表に会い、辞任しない考えを伝えた。元代表は30日午前、自らの事務所に民主党の樋高剛総括副幹事長ら側近議員を集めて対応を協議した。

長期的に考えて、消費税増税は必要、と思っています。

しかし、歳入増を目論んでのことなら失敗します。

あくまで、税制の大枠の中で、直間比率の是正の一環として行われるべきものです。

日本の財政についてどんなシナリオがあるのか、財務官僚の腹の内が読めない以上、この先の展開も読めません。

好意的に解釈すれば、

「増税は難しいけど減税は簡単だ」

という考え方があります。

後で直接税は減らすけど、それはどんな内閣でも出来る。

消費税増税は、現政権の(多少の)延命をバーターに何としても決定させる。

自民党に政権交代した後だとまた更に政権交代となりかねない。今しかない。

なんて考えているのだろうか。甘すぎるかな。

政治は本当に難しいです。

消費税増税は、解散して国民の信を問え、と言う人が結構いるけど、そんな単純ではありません。

だって、世の中の対立軸はいくつもあるのですから。

原発継続か終了かは当面の最重要課題です。TPP参加はついこの間までは激論が繰り広げられていました。外交の軸足をアメリカ以外に移すのかも大きいし、公務員改革への取り組みにも大きな違いがあります。財政では財政規律か上げ潮かという違い。

経済なら自由主義か社会主義。このあたりになってくると1か0でなく、0.5だ、いや、0.3がちょうど良いとか、十人十色になってしまいます。

これらの決定のために一々解散総選挙は出来ないでしょう。

選挙で当選した議員達の決めたことには、とりあえず従うしかありません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

政府には責任がないとでも思っているのか

こんな形だったら、誰だってごねたくなります。そんなモラルハザードを防ぐのが東電・政府の仕事ではなかったか。担当大臣が「開いた口が塞がらない」と言う前にすべきことがあったのでは? という疑問が強く湧いてきます。

東京電力は27日、4月1日から適用を始める平均17%の企業向け電気料金の値上げについて、対象となる約23万7000件の契約のうち、今月22日時点で値上げへの同意が得られたのは全体の約13%に当たる3万150件にとどまり、残りの約87%の契約先約20万6850件からは同意を得られていないことを明らかにした。

そりゃ誰だって、

値上げを拒否して良いと言われたら誰だって拒否するでしょう。

原発停止・原油高の今日では、電気料金の上昇は絶対に避けられません。

東電の言い値である17%は無茶だけど、ある程度の値上げは不可避だと自分は述べました。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/17-7ce2.html

1月末の東電の「17%」発表は観測気球だとしても、その時から何の議論も無かったのか、という失望が自分の感想です。

最初は17%と言ったけど、持続可能なレベルでのリストラや広告費削減を精査した上で、それでも10%は値上げしないと持たないので勘弁して下さい。

というのが本線だと思っていました。

ところが「17%」は「17%」のままでした。

政府と東電は全く議論せず、いざ「17%」を実行、が差し迫った時に、担当大臣から「開いた口が塞がらない」では、東電も立場がありません。

自分にとっては、

政府に対して「開いた口が塞がらない」

です。

公共料金は、政府が認可するものです。

東電が「17%」と発表した時に、それを許すかどうかは政府の責任です。

「開いた口が塞がらない」などと言っているのは、政府の責任放棄です。

予定した値上げが出来ず、この先、東電の衰弱は避けられません。

原発爆発に深く関わる怨み深い存在だとしても、電力の安定供給を失うことを真剣に考えるべきではないでしょうか。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

父と娘のコミュニケーションのあり方

プロ野球選手の娘にゴルファーが多い、というのは偶然ではないでしょう。娘を持つ父として、思春期以降の難しい時期にどう接するかという点で参考になるのでは、と思いました。

アジアン女子ゴルフツアーの夢屋ドリームカップが23日から3日間、愛知・平尾CCで行われる。22日、第1ラウンドの組み合わせが決まり、プロ野球の元西武投手・工藤公康氏(48)の長女・遥加(19)=フリー=と元中日投手・小松辰雄氏(52、ともに野球評論家)の次女・亜有(23)=加賀電子=が同組に。球界に名を残したエースの娘同士の初対決が注目される。

(中略)

◆プロ野球選手の娘とゴルファー 最も有名なのは、東尾修氏(元西武投手)と理子。福嶋晃子の父・久晃氏が大洋(現横浜DeNA)、広島で捕手だった。久保康生・前阪神投手コーチの娘で双子の姉・啓子は08年、妹・宣子は10年にプロになった。ソフトバンク・秋山幸二監督の娘・真凛は08年に九州小学生ゴルフで優勝。同年、日本ジュニアにも出場した。

プロ野球選手の娘がゴルファー、という流れは、おそらく必然なのでしょう。

いくつか理由が挙げられます。

そしてそれ(の一部)は、普通の父娘関係にも参考になるのではないかと思います。

・プロ野球選手はオフにゴルフをプレーする。

今時はどうか知りませんが、少なくともかつて、シーズンオフにプロ野球選手会で行われたゴルフコンペがスポーツニュースに登場していました。引退後を見据えてかは分かりませんが、彼等は、結構ゴルフをします。

・経済力

これは大前提です。ゴルフの上達には金が掛かります。しかしプロ野球の一流選手には、それを支える経済力があります。

・父と娘を結ぶコミュニケーションツール

前述のようにして取り組んだゴルフは、現役・シーズン当時には殆ど皆無だった父・娘のコミュニケーションの橋渡しに大きく役立ったはずです。

・女の子はゴルフ

プロ野球選手に男の子が生まれたら、当然に野球をやらせるでしょう。女の子でプロスポーツ、というと、ゴルフが有力な選択肢です。

・一流アスリートの遺伝子

一流プロ野球選手の遺伝子があれば、その娘も優れた運動神経(筋力とか?)を持っているはずです。よって娘も一流になりやすいでしょう。

これらの大部分は一般人には不可能なことですが、

・父と娘を結ぶコミュニケーションツール

という点は、我々にも参考になるはずです。

思春期以降難しい父娘関係において、共通の趣味を持つのは大事と言われます。

この趣味の話を足掛かりに会話が弾んで関係良好なら、さらに将来の話、彼氏の話、など、大事な話も出来るでしょう。

我が家では、この冬は毎週のようにスキーに行きました。

とりあえずうまく行っていると思います。

春以降は、別のツールを考えなくてはいけませんが。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

「有事の金」、自分の考えはちょっと違う

金が値下がりしているとのことです。安全資産が欲しい人達にとってはチャンスかもしれません。だが、ちょっと待って欲しい。まだまだ高値圏にあることは確かです。こんな相場で大きく買うことの無いように気をつけてください。

金相場が3月に入って下落傾向を強めている。欧州債務不安の後退や米国の景気回復期待を背景に、投資マネーが安全資産とされる金から株式などリスク資産に回帰しているため。指標となる米ニューヨークの金先物相場は足元で約2カ月ぶりの安値圏に落ち込んでいる。【浜中慎哉】

(中略)

 金は深刻な不況や戦争、大天災など世界を揺るがす出来事が起きた際、投資マネーの逃避先となることが多く、「有事の金」と言われる。08年のリーマン・ショック後の世界的な不況をきっかけに金が買われ、欧米の経済や金融システム不安が高まるたびに相場水準を切り上げてきた。昨夏にギリシャの財政危機が深刻化し、ポルトガルやスペイン、イタリアなどへの波及が懸念されると、金相場は上昇ピッチを加速。ニューヨーク金先物相場は9月6日には、一時、1オンス=1923ドルを付け、取引時間中の史上最高値を更新した。

(中略)

 元ワールドゴールドカウンシル日本代表の豊島逸夫氏は「従来は金相場が下落すれば、中国やインドなど新興国の買いが入り、下値を支えたが、成長減速で新興国の金需要も停滞している」と指摘。「当面は米金相場は1オンス=1500ドル台まで下がる可能性がある」と予想する。

ここ、ダウトです。

08年のリーマン・ショック後の世界的な不況をきっかけに金が買われ

田中貴金属工業の金価格の推移を見て下さい。

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/m-gold.php

リーマンショックの直後(2008年9月頃)には大きく下げています。

その後の値上がりは、世界的な金融緩和でマネーが余って金などの商品に買いが集まったためです。

そして今、

「従来は金相場が下落すれば、中国やインドなど新興国の買いが入り、下値を支えたが、成長減速で新興国の金需要も停滞している」と指摘。

だそうです。これが本当なら、いつか一気に下げることも考えられます。

先日は中国人の旺盛な金買いが報道されましたが、もうお腹一杯なのでしょうか?

「有事の金」。確かに有事には株よりは余程マシです。しかし、多くの大口投資家は、株の損失を埋めるために金も売るのです。

つまり、有事には金も下がるのです。

言い方を換えれば、安全資産にはなり得ない、ということなのです。

では何が安全資産か。今のところは日本円と米ドルです。

そして、いざ有事が起こった時には、株のように会社倒産で紙くずになる資産とは違う、有事に買う金だと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

反原発だから何を言っても良いのか

自分は基本的に反民主で自民支持ですが、自民党でもこんな議員は支持しません。自民党の自浄作用には期待したいですがどうでしょうか。

リンク: 「東電の値上げは断れます」 河野太郎のブログ発言が波紋 - 速報:@niftyニュース.

自民党の河野太郎衆院議員が自らのブログで、東電の電気料金値上げについては断ることができると発言して、驚きの声が広がっている。あくまで企業など大口顧客についての話だが、東電では、発言についてコメントするのを控えている。

東電に対する不満は全国民の感じるところですが、国会議員という立場として今回の発言は非常に不適切です。

まず、河野議員は反原発派です。

その思想信条にまで突っ込むつもりはありませんが、反原発なら需要と供給の関係により、燃料高となり電気料金が上がるのは自明です。いくら広告料を削っても追いつきません。東電以外の電力会社も赤字になっている事実が証明しています。

それなのに電気料金値を上げずに済む、というのは大いなる矛盾です。

そして、彼には立場を弁えてもらいたいです。

国会議員という影響力の強い立場の人間が、自分の発言がどんな波紋を呼ぶか考えずに発言したわけです。

次々に便乗者が出て、「ごねた者勝ち」の社会を作ることになります。

ただでさえ原発対応等で大変な東電の首を更に絞めることにもなります。

正直、この件の責任を取って議員辞職してもらいたいくらいの非常識発言です。

彼と、自民党の後始末に注目したいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

温家宝の置き土産

引退する温家宝のこの発言は、周到に練られた爆弾発言かも知れません。中国の行く末を暗示するかもしれず、注目に値します。

首相は、所得分配の不公平や汚職の問題の広がりについて「文化大革命のような歴史的悲劇が再び起こるかもしれない」と語って危機感を示し、政治改革の必要性を改めて強調した。

温家宝は、他の中国高官と違って名前も見た目も人当たりも発言内容も良く、中国の海千山千の政治家の中では比較的好感を持って見ていたものです。

その共産党の首相が体制批判とは、思い切ったものです。

体制批判は弾圧、決まったことに反対は許さない、数値目標は必ず守る(ことにする)、といった一党独裁体制にこそ強みのあった中国で、このような発言は体制を揺るがすおそれもあります。

特に、「文化大革命」を引き合いに出したことは意味深です。

文化大革命は、1966年に始まった、毛沢東を中心とした権力闘争で、死者は1,000万人とも言われ、文化の破壊と経済の停滞をもたらしました。

客観的にはそういう話ですが、中国国内での評価はそれほど酷いものではありません。共産党自身の起こしたことなので、彼等が被害を矮小化するのは当然のことですが。

すなわち、温家宝の発言は、国内向けと国外向けで相当な温度差があると考えることが出来ます。

国内的には、「民主化を進めないと、ちょっと困ったことになるよ」というニュアンスであり、彼の発言を、そう目くじらを立てて批判することは出来ません。

しかし国外的には、「このままでは内乱が起こって没落する」くらいの意味を込めて発した言葉のように思います。

彼の発言を受けて、昨日の上海総合指数は2.6%下げました。

政権交代後に中国がどうなるか、心配です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

外国では診断が遅いのも仕方なし

澤選手、「体調不良」という何とも歯切れの悪い発表なので色々心配しましたが、分かってみると大したことが無くて良かったです。医療というものは、えてしてそういう面があるので、難しいです。

原因不明の体調不良でアルガルベ杯決勝などを欠場したなでしこジャパンのMF沢穂希(33)が12日、病院で検査を受け「良性発作性頭位めまい症」と診断された。所属のINAC神戸が発表した。「良性-」は耳の奥にある三半規管内のリンパ流が乱れたことで起こるめまいで、個人差によるが自然治癒で1週間から1カ月で完治するという。沢はアルガルベ杯が行われたポルトガルでめまいなど風邪に似た症状を訴えていたが原因がはっきりしていなかった。

「良性発作性頭位めまい」は、内科医にとっては除外診断です。

すなわち、他の病気で無いことを確認して診断される病気です。

血圧異常や貧血が無く、麻痺も出ていない。頭部MRIでも異常なし。最初はめまい嘔吐が酷くても次第に良くなっていく・・・・・・やっぱり「良性発作性頭位めまい」だ。

という流れです。

日本に居れば頭部MRIが容易に行えるために診断も容易ですが、外国ではMRIは貴重品なので、簡単には撮れません。かと言って、命に関わることでもなさそうだと、診断は帰国後に持ち越されたのでしょう。

ともかくも軽症で良かったです。なでしこメンバーには、澤選手なしでも結構やれたという自信がついたでしょう。

今回のことをポジティブに捉えて、ロンドン五輪で頑張って欲しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

我々は、前へ進もう

東日本大震災から1年が経ちました。我々は一見かつての生活を取り戻したように思えますが、被災地・原発の復旧はまだまだです。我々は、各々に出来る形で復興に貢献していきたいです。

東日本大震災から1年。国立劇場で11日午後、政府主催の追悼式が行われ、地震のあった午後2時46分にあわせて黙とうがささげられた。式には、天皇皇后両陛下が参列され、天皇陛下がお言葉を述べられた。

大変な大震災でした。

2万人に上る死者・不明者には、謹んで哀悼の意を表します。

原発の沈静化や復興は道半ばですが、皆頑張っています。

自衛隊に親近感90%超という記事は、その一つの表れです。

両陛下は、国事行為等お忙しい中で被災地を訪問され、被災者を勇気づけて下さいました。

自分は、震災の被害は少なかったですが、「貯金しない」意気込みで被災地の産物(特に酒)を買い、国内旅行(特にTDR)にも出掛けました。買った車は日産です。

引き続き、被災地・日本国の復興・発展のために微力を尽くしたいと思います。

Banner_13_3よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

2週間くらいは我慢

ガソリンが急に値上がりして確かに驚いたけど、先物を見ていれば当然と納得です。大体、この手のニュースが出ると下がるものなので、慌てずに対処したいです。

石油情報センターが7日発表したレギュラーガソリンの店頭価格(5日現在、全国平均)は1リットル当たり149・2円となり、前週に比べ一気に3・7円上昇した。昨年8月15日の150・2円以来、7カ月ぶりの高値水準。JX日鉱日石エネルギーなどの石油元売り大手は、イラン情勢の緊迫による原油価格の高止まりを受けて卸価格を引き上げており、店頭価格への転嫁が進んだ。同センターでは今後も値上がり基調が続くとみている。

原油の値上がりは、イランに対する禁輸措置による供給量の低下がありますが、投機資金の流入も見逃せません。

物の値段を決めるのは、実需と投機です。

まずは、ここ数年、新興工業国での原油の需要は増えていました。

最近は日本を含めた全世界で金融緩和政策が採られ、カネ余り状態です。その余ったカネが原油に多く流れ込んで、原油価格をつり上げています。

日独伊の脱原発政策も、投機筋には足元を見られています。

これらのいずれかの条件が崩れた時、原油(その他諸々)は暴落するでしょう。

高すぎる原油は、新興工業国の生産力に大きなマイナスとなることも確かです。

とにかく、永遠に高いわけではないことは確かです。

とりえあず、原油先物(WTI)は、2月23日の110ドルをピークに今は105ドルに下げています。

WTIのチャートと石油情報センターの価格を見比べると、WTIとガソリン店頭価格の動きに2週間くらいのズレがあります。

2週間くらいしたら、WTIの下落が店頭価格にも反映される、と予想します。

日本だから原油高騰の影響がこれくらいで済んでいる、とも言えます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

こんな東電でも必要

東電に対する不満は自分も大きいですが、だからといってそれに代わる者が存在しないのが現実です。日本国と東電は、give and takeの関係です。追い詰めすぎないように気を付けたいです。

経済産業省が2012年度に本庁舎(東京都千代田区)で使う電力を供給する事業者を募集する一般競争入札で、応札した事業者がいなかったことがわかった。

 経産省は4月から料金を平均17%値上げする東京電力から電力の供給を受ける見通しだ。電力自由化を進めたい経産省も「東電依存」から脱却できなかった形だ。

11年度分の入札では、年間使用電力量1250万キロ・ワット時を約1億8000万円で応札した電力の小売り事業者(特定規模電気事業者=PPS)と契約した。これまではPPSと東電より割安な料金で契約していたが、今回は応札がなかった。12年度分の電力を供給できるPPSを探す方針だが、最終的には東電との契約を迫られるとみられ、「値上げの影響を受ける」(担当者)ことになる。

 経産省は00年9月から電力の調達先を入札で決めており、入札にはPPSや東電など2~5社が参加していた。12年度分はPPSが企業などへの電力供給で手いっぱいで応札できなかったとみられる。経産省は値上げしない中部電力との随意契約も検討したが、「民間企業に先んじて調達するのは問題」(関係者)として断念したという。

原油が高いです。

世界中の金融緩和で余ったお金が原油に流れ込んでいるのが実情です。

昨日辺り、企業が悲鳴を上げているというニュースがあったと思います。

当然、発電にも大きく影響しています。

発電コストが高すぎて、東電より安く供給出来る事業者がいなかったのでしょう。

原発を再稼働すれば原油は確実に下がります。

再稼働しないなら、足元を見られることを覚悟しなくてはなりません。

さて、今回の記事では、東電がいかに日本国に必要であるかを示した内容だと思います。

どの世界でも業界でもそうですが、専門家に任せるというのはそういうことです。

東電のおかげで、利用者にとっては、彼等の専門的知識とスケールメリットによって、電力の安価で安定した供給という大きな恩恵を受けています。

東電が儲けるのは、ある程度は許容しなくてはなりません。

東電がPPSより高いのではその役目を果たしたとは言えませんが・・・

原発事故によって、東電の問題点が次々と明るみに出たわけで、責任追及は当然としても、破綻に追い込んだ時に、安定した電力が得られる代替の発電機関があるのか、慎重に考える必要があります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

2012年9月東京ディズニーランドの混雑予想

今の卒業シーズンのTDRの混雑は、平日休日の差はあまりなく、大まかに言って、シーは「F」の180分、ランドは「D」の120分程度と、かなりシーに偏っています。

先日も書いた、「タワーオブテラーLEVEL13」の影響が大きいのでしょうが、アトラクションの待ち時間が長いのは辛いと思います。

少なくともLEVEL13の開催期間である3月16日までの間は、同じ傾向が続くと思われます。

そこで、今年の卒業旅行には、シーではなく、ランドをお勧めしたいと思います。

201209tdlfore

Banner_13_3よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

そこで3.5島返還ですよ

次期大統領・親日家のプーチン氏がこんなことを言うのだから、日本にはチャンスです。4島に拘っていると永遠に解決しないので、妥協が必要と思います。

【モスクワ=緒方賢一】4日のロシア大統領選で大統領への返り咲きが有力視されるプーチン首相は1日、モスクワ郊外の公邸で一部外国メディアと会見し、日本との領土問題について「互いに受け入れ可能な妥協点を探りたい」と述べ、大統領に復帰すれば北方領土問題の最終解決を目指したいとの考えを示した。

 ただし、首相は平和条約の締結後に歯舞、色丹の2島を引き渡すと明記した1956年の「日ソ共同宣言」に言及しており、日本が求める4島引き渡しと立場の違いが大きいことを示唆した。

 タス通信によると、首相は「我々は、大胆に前進しなければならない」と述べ、領土問題の解決に向けて日露両国が歩み寄る必要があるとの認識を強調した。

思い出せば2009年、麻生政権で谷内事務次官が3.5島論を展開しましたが、マスコミの強力なバッシングに遭って頓挫しました。

政権交代後は、鳩山由紀夫が「2島返還案をベースに」と発言しましたが、実現していません。

この手の交渉事は、まず大きく出てみて相手と妥協する、のが基本です。

4島返還をまず主張しておいて、最終的に3.5島返還で妥結すれば御の字と思います。

その意味で、3.5島と「言ってしまった」谷内氏が責められるのは、仕方なかったかも知れません。

プーチン氏が親日家と言え、北方領土に言及するとなると、おそらく経済的に弱みがあり、日本の援助と北方領土問題解決をバーターにしたいのだと思います。

日本の外務省としては腕の見せ所ですが、そのトップが麻生太郎なら、望みうるベストの結果が得られると信じています。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

2012年9月東京ディズニーシーの混雑予想

最近のシーはやけに混んでいます。卒業シーズンであると共に、今年はタワーオブテラーLEVEL13イベントが行われ、大人気です。

行くならば、相当な覚悟と、話の種が必要です。

去年の9月もかなり混みましたが、今年はシー10周年ではないため、多少空くのでは? と思います。

201209tdsfore

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »